So-net無料ブログ作成
検索選択
2009年11月より、実家の兵庫県西宮市を自転車で出発。九州から沖縄に渡り、徳之島、奄美大島、屋久島へ。鹿児島に舞い戻って約1年を九州で過ごし、2011年7月にやっと北海道に上陸。ほぼ全道を走った後ニセコのスキー場で働きながら春を待ち、2012年8月に函館から青森へ。秋田、新潟、福島、岩手、宮城、茨城、そして千葉、東京へ。まだまだ旅は続くのだ。足跡&コメントはこちらから。フェイスブックはヨッシー松田で検索。ジャストギビングを通して、チャレンジボランティアも実施中 http://justgiving.jp/c/1386

ソネットブログはデータ量が1Gしか使えない。なので過去のブログを読みたい人は、いくつかのサイトを行き来して読んでもらわなアカンのですわ。スマンことです。

旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2009年11月~2010年7月) http://tabibito1.blog88.fc2.com/

その1~ 旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2010年7月~2011年8月) http://tabibito843.blog.so-net.ne.jp/

                  

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
クリックねえ!

岩木山登山  晴れた空そよぐ風 [東北編]

2012年9月8日 土曜日 1034日目

DSCF3827.JPG

5時半起床。よし、晴れてるぞ~。

DSCF3828.JPG

昨日の残り飯で朝ご飯をすませ、キュウリとソーセージのサンドイッチはお弁当だ。

DSCF3829.JPG

6時40分、登山口でもある桜林公園キャンプ場を出発。さあ4時間でたどり着けるかな?

3年前に登ったときは、津軽岩木スカイラインという有料道路で8合目までバイクで上がっちゃったので、なんちゃって登山だった。今回はガッツリ登らんといかんのだ。

DSCF3830.JPGDSCF3831.JPG

公園上のスキー場建物の間を通って、

DSCF3832.JPG

百沢登山道。

DSCF3833.JPG

焼止には避難小屋がある。まずはそこまでバンガロー。

DSCF3834.JPGDSCF3835.JPGDSCF3836.JPG

しっかりした踏み跡のあるルート。

DSCF3837.JPGDSCF3838.JPG

7時50分、姥石通過。女性は昔、ここまでしか登ることを赦されていなかったそうである。

DSCF3839.JPGDSCF3841.JPGDSCF3842.JPGDSCF3843.JPG

登り始めて2時間。弘前の街が見下ろせる場所に出る。

DSCF3844.JPG

そこから20分で焼止ヒュッテ到着。

DSCF3845.JPGDSCF3846.JPG

中を覗いてみると、ちゃんと3段ベッドもあるしトイレもある。

DSCF3847.JPGDSCF3848.JPG

百沢コースと言われるとおり、ここからは沢に沿って山頂にあがるルートとなる。岩の間を縫うように登山道が続く。

DSCF3849.JPGDSCF3850.JPG

最初は枯れ沢だったが、徐々に水量が増してくる。

DSCF3851.JPG

10時。やや疲れてきたが、樹林帯を抜けたことで視界が広がり気分も変わる。

DSCF3852.JPGDSCF3853.JPGDSCF3854.JPG

そしてここにはわき水があるのだ!これがまた冷たくておいしい。何回もお代わりして、ボトルにも詰め替えておく。

DSCF3855.JPGDSCF3856.JPGDSCF3857.JPGDSCF3858.JPGDSCF3859.JPG

10時20分。種蒔苗代と呼ばれている湿地に着いた。

DSCF3860.JPGDSCF3861.JPG

そのすぐ上にあるのが鳳鳴ヒュッテ。これも避難小屋である。書かれているように、昭和39年の遭難事故後に設置された。

DSCF3862.JPG

さあ、もう少しだ。浮き石の多い登山道を上がれば頂上である。3年前はほぼあそこの部分だけ上がったので、なんちゃって登山だった。

DSCF3863.JPG

はい、到着。避難小屋から15分やった。前に来たとき建設中だったトイレができている。当時は資材をヘリコプターで山頂まで上げていて、それが面白くてずーっと見ていたのだ。

DSCF3864.JPG

汚物をどうやって下界におろすのかと思ってたら、バイオトイレやった。おがくずの中に細菌がいて、分解してくれるんだ。

DSCF3865.JPG

これが山頂奥の院。

DSCF3866.JPG

岩木山神社の方をまっすぐ向いている。

DSCF3867.JPG

この方向ね。

DSCF3869.JPG

頂上の印のところで。



さあ、山頂の景色を380度お楽しみあれ。

DSCF3872.JPG

サンドイッチと冷たい水で昼食。

DSCF3873.JPG

バイオトイレを試してみた。どうやってかき混ぜるのかと思ったら、人力やった。電気の来ているところなんかは、スイッチを押すと一定時間モーターがウインウインかき回してくれるがここは電気が来てない。用を足した後、ペダルを漕ぐのだ。

DSCF3874.JPG

指定どおりの回数を漕ぐ。

DSCF3875.JPG

岩影に腰掛けて空を見ていると、自分が宙に浮いてるみたいに感じる。

DSCF3876.JPG

竜飛崎の方をバックに。

岩場の下山はなかなかに大変やった。帰りしなにも清水を汲んでおく。

DSCF3877.JPG

ヒュッテ1時45分。

DSCF3878.JPG

スキー場3時10分。

DSCF3879.JPG

テントサイト3時20分。お疲れサマンサ。昨日と同じく炊事棟横で水浴び。

DSCF3880.JPG

夜ご飯はまた缶詰。買い出しに不便なのが玉にきずなキャンプサイトだ。明日は雨の予報なので、テントの上にタープを張って万全の体勢で寝る。

走行 0キロ 出費 0円
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 3

あずま

はじめまして。バイオトイレ良いですね。リンクお願いします。
by あずま (2012-11-30 08:07) 

旅人ヨッシー松田843

あずまさん  初めまして。どんなリンクですかね?
by 旅人ヨッシー松田843 (2012-11-30 08:22) 

あずま

バイオトイレのことを集めたページです。使ったことのある人はまだ少ないので。http://www.facebook.com/biolux8
by あずま (2012-12-02 15:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。