So-net無料ブログ作成
検索選択
2009年11月より、実家の兵庫県西宮市を自転車で出発。九州から沖縄に渡り、徳之島、奄美大島、屋久島へ。鹿児島に舞い戻って約1年を九州で過ごし、2011年7月にやっと北海道に上陸。ほぼ全道を走った後ニセコのスキー場で働きながら春を待ち、2012年8月に函館から青森へ。秋田、新潟、福島、岩手、宮城、茨城、そして千葉、東京へ。まだまだ旅は続くのだ。足跡&コメントはこちらから。フェイスブックはヨッシー松田で検索。ジャストギビングを通して、チャレンジボランティアも実施中 http://justgiving.jp/c/1386

ソネットブログはデータ量が1Gしか使えない。なので過去のブログを読みたい人は、いくつかのサイトを行き来して読んでもらわなアカンのですわ。スマンことです。

旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2009年11月~2010年7月) http://tabibito1.blog88.fc2.com/

その1~ 旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2010年7月~2011年8月) http://tabibito843.blog.so-net.ne.jp/

                  

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
クリックねえ!

三本木~一関  芋煮グ~~~~! [東北編]

2012年10月13日 土曜日 1069日目

7時頃起床。昨夜の若者ライダー2人は少ない休みで東北を回るため、早朝に出て行った模様。ヨロイオヤジと朝のご挨拶。

DSCF5004.JPGDSCF5006.JPG

勧められて兜だけかぶってみる。まあまあ精巧にできているけど、重さは全く感じない。見た目的には重量感もあるのだが。

DSCF5007.JPG

ちなみにこれは佐々木さんがヨッシーにくれた、自分がヨロイ武者になった時の写真。これをなんでくれたのかは不明。

ところでこの道の駅の不思議ポイントを見つけた。それはトイレ内にある。

DSCF5001.JPG

一つめの個室は洋式。問題ない。

DSCF5002.JPG

二つめも洋式。これも良し。

DSCF5003.JPG

三つ目は洋風。え?ようふう?なんで風なんやろう。中を見たけど、他の二つと造りは全く同じなのである。しかし三つ目は洋風。もしシャレでこんな表示にしているとしたら、なかなかオモシロい道の駅である。

DSCF5008.JPG

無料休憩所内にもひとつヨッシーに無縁でない物件を発見。三角形のロッカーで、建物のコーナーに設置する型の緊急用品入れ。中にはヘルメットとかバールとかライトとか、災害発生直後に必要になる物が入ってる。

DSCF5009.JPG

これを作っているのがあのコクヨなのだ。文房具だけじゃなく事務用机やロッカーなどを商っているが、こういう物も商品のひとつにある。実はヨッシーが学生時代のクラブ後輩がコクヨに勤めていて、当時ヨッシーが勤めていたジブラルタ生命にも売り込みたいという相談があったりしたので知っておるのだ。従業員を大切にする気風のある会社なら、こういうのも備品に入れるに違いない。しかし結果は、「検討させていただきます」、ということで、若干ガッカリした覚えがある。それはすでに4年前くらいのことなので、今は導入されているのかな?あるいは別の何かが配備されてるのかもしれんが。

DSCF5010.JPGDSCF5012.JPG

7時に出発。4号線を北へ。すぐに虹が現れた。

DSCF5013.JPG

その直後にパンク。虹とは関係ないけれどパンク。前輪タイヤが限界に達し、とうとう穴が開いた。後輪は青森の小川原湖で新品交換したが、前輪はまだイケそうなのでそのまま走っていた。

DSCF5014.JPG

風が強くて作業しづらかったが、30分ほどで交換完了。

DSCF5015.JPG

その間もずっと虹が出ていた。しかもきれいに円弧になっとる。

DSCF5016.JPG

10時前に東京より400キロ地点。まだこれからドンドン東京から離れていくのだが、八戸からは南下するのでどんどん東京に近づいていくことになる。

DSCF5017.JPGDSCF5018.JPG

気合い入れて行きましょうぜ~!

DSCF5019.JPG

2時過ぎに一関まであと11キロ。どうやら今夜は一関泊まりかな?

DSCF5020.JPG

それから30分ほどで県境に来た。宮城から岩手に入る。

DSCF5022.JPG

県道260で、とりあえず一ノ関駅に向かう。

DSCF5023.JPG

田舎道は車が少なく走りやすい。

DSCF5024.JPG

3時過ぎに一ノ関駅到着。だからって別に見る物もないんだけど。

DSCF7424.JPG

駅横の公衆トイレで地元の人に話しかけられる。右のおっちゃんが最初に話しかけてきた。リタイヤしていまはパートの仕事をしてるんだけど、自分も車中泊であちこち旅をしているそうである。そんなところにいきなり割り込んできたのが、左のおっちゃん。芸術家風?、と思った通り絵を描いたりして、あとはブラブラしているそうである。ヨッシーが言うのもあんだけど、アヤシイ。

DSCF5026.JPGDSCF5027.JPG

さて、4時前なので泊まれるところを探す。駅近の河川敷が良さそう。

DSCF5028.JPGDSCF5029.JPGDSCF5030.JPGDSCF5031.JPG

河原に降り立つと、いものこ会?の案内看板。芋煮会のシーズンだけ、こうやって会場をオープンしているみたい。日が暮れるまで待っていたら、近くで芋煮会をやってたグループのオバサンが、お一つどうぞとヨッシーにもお裾分けを持ってきてくれた。ヤタ~~~~~~!これぞ地元の味やんかいさ!豚肉と芋の相性が抜群。おにぎりまでいただいて小腹は落ち着いた。感謝。

DSCF5032.JPG

しかし夜は長いのだ。晩ご飯はまた別に食べる。今夜は牛肉と白菜、もやしのすき焼き風鍋。玉子を落として美味でござる。

橋の下でテント泊。

走行 61キロ 出費 1350円 (缶コーヒー、カップ麺、おにぎり、コーラ、とうふ、食パン、枝豆、もやし、牛肉、たまご、ネックウオーマー、カーボン紙)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 2

澤合です。

橋の下評論家に成れそうやね!
芦屋にも、いい橋の下が有ります。
今頃は、もうニセコですか?
by 澤合です。 (2013-01-20 14:23) 

旅人ヨッシー松田843

澤合さん   橋の下評論家!誰の役に立つのか分からないところがイイ!道の駅評論家は車中泊のジジババに譲るとして、橋の下はヨッシーが金メダルをいただきたい。芦屋の橋の下は家から近すぎて実用価値はないが、全国橋の下マップに書き加えるためには下見が必要かも~?
いまはニセコでこのコメントを書いてます。
by 旅人ヨッシー松田843 (2013-01-20 15:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。