So-net無料ブログ作成
検索選択
2009年11月より、実家の兵庫県西宮市を自転車で出発。九州から沖縄に渡り、徳之島、奄美大島、屋久島へ。鹿児島に舞い戻って約1年を九州で過ごし、2011年7月にやっと北海道に上陸。ほぼ全道を走った後ニセコのスキー場で働きながら春を待ち、2012年8月に函館から青森へ。秋田、新潟、福島、岩手、宮城、茨城、そして千葉、東京へ。まだまだ旅は続くのだ。足跡&コメントはこちらから。フェイスブックはヨッシー松田で検索。ジャストギビングを通して、チャレンジボランティアも実施中 http://justgiving.jp/c/1386

ソネットブログはデータ量が1Gしか使えない。なので過去のブログを読みたい人は、いくつかのサイトを行き来して読んでもらわなアカンのですわ。スマンことです。

旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2009年11月~2010年7月) http://tabibito1.blog88.fc2.com/

その1~ 旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2010年7月~2011年8月) http://tabibito843.blog.so-net.ne.jp/

                  

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
クリックねえ!

道の駅~南相馬市小高区~道の駅   放射能を浴びに [東北編]

2012年11月10日 土曜日 1097日目

DSCF6091.JPG

いよいよ今日は南相馬の先、警戒区域の通行止めのところまで走ってみる。2009年のバイク東北旅の時は国道6号を東京から青森に向けて走り抜けたことになるが、今は事故を起こした原発があるために通り抜けられない。それは知っていて、行けるところまで行ってみようというわけで。道の駅の建物裏にリヤカーをデポしておいて、身軽な状態で出発。

DSCF6092.JPG

直行するのではなく、昨日道の駅でお話しした車中泊のオッチャンからの情報で、松川浦にシャケが遡上してきてるというので見に行くことにする。

DSCF6093.JPGDSCF6094.JPG

やはりこの辺りも被害を受けているわけで。ウロウロするがオッチャンの言う釣りポイントにたどり着けず、あきらめて国道6号に戻って南下する。ここからは一応マスクをして走ろう。気休めかもしれんけど。

DSCF6095.JPG

石材店とロバ。なんの関わりがあるのか?そして放射能の影響は大丈夫なのか?

DSCF6096.JPG

浪江までは入れない。国交省の通行止め情報をネットで検索したらば、南相馬の小高区(おだかく)までは行ける模様。

DSCF6098.JPG

11時50分、道の駅南相馬に到着。土曜日と言うこともあるだろうが、たくさんの人が訪れている。案内所に貼ってあった警戒区域の地図。こういう地図を見たくて、道の駅などでこれまで探し回っていたのだが、なかなか出会えなかったのだ。なんか隠してる?みたいな詮索をしてしまう。

DSCF6099.JPG

レストランでカツカレー。680円也。駐車場で話しかけてくれたご夫婦はまさにこの先の小高区から避難中で、最近警戒区域が縮小されたために自宅のところまで入れるようになったそうである。避難してから初めて、家の状態を確認に行くそうなのだ。

ご自身でも線量計を持っていて、ことあるごとにチェックしてるが、政府発表は嘘ばっかしだと怒っておられた。ヨッシーも、政府や東電が正確な情報を開示するとは思っていない。それは資本主義においては、経済は右肩上がりでないとイケない、という論理からそうなると予測できる。脱原発になると電気が足りなくなって工場の生産ができなくなり、それで日本の経済が立ちゆかなくなる。だから少々の嘘やごまかしがあって、困る人がいてもそれはその他大勢のために犠牲になるのはしかたないということなのだ。

そういう国なんですわ日本は。

阪神大震災で被災した経験からもそう思う。家が壊れ住む場所もなく、大黒柱を失ったような人に対し、国の言うことは、「基本は自力復興なんで各自頑張ってください」、というスタンスなのだ。ローンが残っているのに、新たな家を建てるために2重ローンを組まなくてはならない。義援金はありがたかったが、一世帯に100万円程度やったと思う。それでは家は建てられないし、ローン完済もできないだろう。もしローンがチャラになったとしても、そこでやっと「元」なのである。

国や自治体が前の震災から学んだことも多かったと思うが、それをよりよく生かせてないように感じる。国の仕組みが変わるのを待っていたら1000年くらいかかりそうなので、被災者支援は世界中からのさらなる義援金で、一世帯に2000万とか3000万とか渡せるくらいお金が集まることの方が現実的で早いというのがヨッシーの意見。

義援金というと日赤にお金が集まるが、各県に直接義援金を渡すのが一番効率よく末端に行き渡ると思う。

DSCF6100.JPGDSCF6101.JPG

道の駅を出て6号線を行くと、思い出のトンカツ屋がある。営業できてるのか?と心配していたが、大丈夫そうやな。2009年のバイク旅の時に大判トンカツを食った。今回は食べない。なぜなら、1600円するから。

大盛りとかデカ盛りとかヨッシーは大好きなんだな。しかし、アタリマエの値段で量が多いなら納得するが、それが普通の倍、3倍の料金がするとガッカリする。そんなん普通やん。たとえば1600円でデカ盛りやったら、800円の普通盛りを2つ食べるのと同じやん。そこにロマンは感じないのである。

DSCF6102.JPG

さあ、そろそろ通行止め地点が近づいた。

DSCF6103.JPG

ある場所を過ぎたら、廃墟が連なる区間が続くようになった。ホームセンターも、資材など放りっぱなしで逃げたように見える。

DSCF6104.JPG

津波で流されたと見える車も、未だに放置されたまま。最近まで警戒区域内だったから、手が付けられなかったのだろう。

DSCF6105.JPG

小高区下浦。

DSCF6106.JPG

そこで通行止めがされていた。警察官がヨッシーを見て近づいてくる。「ここから先は通れません」、と分かり切ってる事実も伝えないとイケないのだな。写真だけ撮ってUターンかます。

DSCF6107.JPGDSCF6108.JPG

小高区の家々も少し見て回った。当時のまま放置されている。

道の駅の帰り道で、機動隊の派遣警察官から職質を受ける。走ってるヨッシーの後ろから車で追い越し、先の道路脇で止まってるから、「はは~ん」と思ってたら案の定それやった。警戒区域に、道路以外のところから入り、泥棒を働く輩がいるそうなので注意しているとか。さらに自転車は、車移動と違い野天に体をさらしているので放射能に気をつけてくれとも言う。そんな場所に出張させられてるアンタらのほうが心配やで。

DSCF6109.JPG

4時半に道の駅そうまに帰着。

DSCF6110.JPG

鳥もやし炒めを自炊。今夜もベンチを並べて寝る。

走行 79キロ 出費 1572円 (カップ麺、缶コーヒー、もやし、鶏肉、とうふ、カツカレー、発泡酒、アルミホイル)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

南相馬市民

その辺りは別に放射線高くないよ・・・放射線マップのとおり原発から北西方向は高いけどね・・・

by 南相馬市民 (2013-08-17 22:28) 

旅人ヨッシー松田843

南相馬市民さん  そうかあー!それで福島市内で会ったおじさんはここらで一番高いのは山の麓と言ってたわけかー。
by 旅人ヨッシー松田843 (2013-08-18 11:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。