So-net無料ブログ作成
検索選択
2009年11月より、実家の兵庫県西宮市を自転車で出発。九州から沖縄に渡り、徳之島、奄美大島、屋久島へ。鹿児島に舞い戻って約1年を九州で過ごし、2011年7月にやっと北海道に上陸。ほぼ全道を走った後ニセコのスキー場で働きながら春を待ち、2012年8月に函館から青森へ。秋田、新潟、福島、岩手、宮城、茨城、そして千葉、東京へ。まだまだ旅は続くのだ。足跡&コメントはこちらから。フェイスブックはヨッシー松田で検索。ジャストギビングを通して、チャレンジボランティアも実施中 http://justgiving.jp/c/1386

ソネットブログはデータ量が1Gしか使えない。なので過去のブログを読みたい人は、いくつかのサイトを行き来して読んでもらわなアカンのですわ。スマンことです。

旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2009年11月~2010年7月) http://tabibito1.blog88.fc2.com/

その1~ 旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2010年7月~2011年8月) http://tabibito843.blog.so-net.ne.jp/

                  

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
クリックねえ!

そしてその後 [現在地情報など]

PH_376.jpgPH_377.jpg

昨日は草が見えてたゲレンデも、朝まで降った雪で真っ白に。テントもパリパリに凍り、枕元のペットボトルの水も凍ってた!

8時には社員さんが出勤してきて、事情を話すと特別に早めに寮に入れることになった。

もし入れなかったら、このままこのリフト乗り場で2晩すごそうかとも思ってたから助かった。

いまはぬくぬくのストーブのそばで、テレビを見ているのであります。少しゆっくり出来るようになったら、旅の日記も更新して行くぞ~。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

着いた~~~ [現在地情報など]

PH_375.jpg

JR昆布駅を午前9時に出発し、山道を雨に濡れながら赤い流星を押して進むこと2時間半。

無事にニセコアンヌプリスキー場についたああああぁ。

しかし会社には誰もおらず。スキー場なのに雪もなく。

濡れて寒いので、徒歩ですぐ近くの温泉ホテルに移動。食事&入浴セット1100円で、そば定食をいただきました。そのあと温泉であったまり、いまは休憩室でダラーとしてます。

隣の隣のヒラフスキー場のそばに、一泊2500円の宿は確認してあるけれど、そこまでのバスがない。

しゃあないからゴンドラ乗り場の軒下でテント泊やなあ。明日になれば月曜日やからだれか出勤してくるやろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

経過&現在地など [現在地情報など]

PH_367.jpgPH_368.jpgPH_369.jpg

こにゃにゃちわんこ。苫小牧室蘭を経たあと、噴火湾沿いに函館まで至ったあと、そのまま海沿いに北上して日本海側を走っていたヨッシーではあるが、江差でとうとう冬が来た。キター!ってわけで、車道はまだ乾いているものの、歩道や路側帯は雪が塊になって凍ってる状態。そこで一考し、瀬棚から山越えをして太平洋側(噴火湾側)に出た。

出たとたん景色が違う。雪が残ってない。あー、助かったー。なのでいまはサバイバル完了のビクトリーランチでかにめしバイキング中。薪ストーブも燃えてあったかいー。

何日か長万部で休憩し、22か23日にニセコに入ると思うよ。たぶん汽車で行くと思うよ。やれやれ。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

現在地じょうほおおおお [現在地情報など]

PH_338.jpgいまは函館でっさ。やっときましたはこだてえええ。

このところは暖かい日が続き、楽に走ってきたのじゃが、来週からいよいよ、イヨイヨ、いっっよぅいよおぅ寒くなるらしい。

平地でも積雪するらしいけど、それにもメゲず進むのだ。

予定では、函館から松前へ、日本海側を北にあがり、江差、そして寿都(すっつ)から内陸に入ってニセコに向かうルートを考えている。はたして23日までにニセコに着けるのだろうか?未来は誰にもわからない。

あと、ブログの更新どころではないので、たぶん12月頃から続きを書くことになるでしょう、そうでしょう。

日々の簡単なことは、フェースブックに書き込んでまっす。よければそっちでも見てチョンマゲ。

http://m.facebook.com/yossy843

ほな!
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大正~豊似  幸福駅から防災ステーションまで [北陸~北海道]

2011年9月19日 月曜日 680日目

ぐぐぐふぅー。またしても二日酔い。そして反省。

昨日はハウス写真を取り損ねたので、あらためて紹介。

DSCF6821.JPG

まずは外観。立派でしょ。無料なのが信じられん。

DSCF6822.JPG

キッチン

DSCF6823.JPG

リビング。

DSCF6824.JPG

階段の所には、昔の写真が飾られてる。カニの家の始まりは、駅前にカニ族のために用意されたテントの宿泊所やったのだ。

カニ族?なにそれ?って、若いもんはなんも知らんの~。今ならバックパッカーとか言うのかもしれんが、昭和の時代に貧乏旅行する者共の総称として言われ始めた言葉じゃ。当時背負っていたキスリング型リュックは横幅が広く、後ろから見た姿がカニに似ていたことと、狭い通路を歩くとき横になってカニ歩きしたことから来ている。

北海道に上陸してから、当時のことを知る人に聞かされるのは「旅する人が少なくなった」、という感想である。それだけ、カニ族の頃は活気があったんだろうと想像する。

DSCF6825.JPG

男子の宿泊は2階のロフト部分。詰め込めば20人くらいは泊まれそう。

すでに出発したライダーもいるし、準備している人もいる。気合いの入らんヨッシーは、なんとなくダラダラ。それでも23日までに登別に行かんとイカンから連泊は出来ない。それが残念。

DSCF6826.JPG

別れの前に、記念撮影。

DSCF6828.JPG

順次旅立っていく人を、見送る役になってしまう。

DSCF6830.JPGDSCF6831.JPGDSCF6832.JPG

それでもヨタヨタと11時にしゅっぱあつ。すぐ近くの幸福駅に立ち寄る。ここも愛国駅と同様、観光名所になっている。

DSCF6833.JPG

そうそう。今朝思いついて、人生相談の幟旗を新しいものに付け替えた。同級生のヒロオカにお願いしてスペアを作ってもらっていたのだ。最近相談が少ないな~、と思ってたので、これでバンバン来るぞ~~。

DSCF6834.JPG

3時、日本一の清流、歴舟川を渡る。でも四万十川とか長良川も同じようなこと言ってるが?

DSCF6835.JPG

それに濁ってるし!

DSCF6836.JPG

国道236で更別村、幕別町を経て豊似に至る。ここで午後4時。国道236と336が交わるところに、豊似防災ステーションがある。今日はここで泊まろう。

自動ドアの向こうの通路で寝れば暖かいやろう。

DSCF6837.JPG

寝てるのを注意されたら、「避難訓練やねん」、と言えばいいし。

DSCF6838.JPGDSCF6839.JPG

夜ご飯は外の階段の所で自炊。昨夜の焼き肉パーチーの残り物をもらったので、今夜も焼き肉だ!

食後はラジオを聴いてから地べたで寝る。トイレを利用する人が思いの外多く、自動ドアが開く度に目覚めてしまう。避難体験も大変である。

走行 59キロ 出費 1334円 (おにぎり、カップめん、たまご、えだまめ、ピーマン、発泡酒、飲み会負担金600円、ビニールバッグ)

追伸
現在地情報   2011年11月5日 道南の長万部で雨宿りキャンプ中。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

直別~大正  ライダーハウスで宴会! [北陸~北海道]

2011年9月18日 日曜日 679日目

いやあ、快眠であった。特に雨が一晩中降ったり止んだりやったので、雨宿りできたのはうれしかった。ありがとう、直別駅。

8時前に出発。国道38号は軽い峠越えのあと幌別の町に入る。道の駅で休憩。

雨は降るような降らないような、微妙な感じ。今夜は帯広の無料ライダーハウスで泊まるつもりなので、それまでは持って欲しい。

DSCF6806.JPGDSCF6807.JPG

豊頃(とよころ)の町を過ぎ、国道38は十勝川を渡る。川岸が真っ直ぐやけどこれは人工的なのか?

もう帯広の町エリアに入っているので平地になり、スピードが上がる。

DSCF6808.JPG

帯広市内には入らず、札内(さつない)から左折して山の上の温浴施設を目指す。雑誌のHO(ほ)を見せると無料で入れるところがあるのだ。坂道はたいへんだが、温泉を楽しみにぐいぐい登った。

DSCF6809.JPG

よし!キターー!早速受付に出向く。カウンターのおばさんがちょっと困った顔になり、

「あのー、今日は日曜日なのでこれは使えないんですが~」

と言われる。え?今日は水曜日でしょ?と確認するが、やっぱり日曜日やった。

DSCF6811.JPG

やってもうた~。浮き世離れしすぎ。曜日感覚ナッシング。しばらくソファーで呆然としていたが、救いの手がさしのべられるわけもなく、あきらめて出発する。

今夜の宿、大正カニの家は帯広市内から南に10数キロのところにある。なので市内は通らずこのまま道道238を走る。

畑の真ん中をゆく、なーんにもない道。車が少ないので走りやすいが、チョト寂しい。
道々にたまにジャガイモが落ちている。収穫されトラックで出荷される際、カーブの外側とかにこぼれ落ちたやつが結構な頻度で落ちてるのだ。今日は全部で5個拾った。

こんな調子で、カニのシーズンにはカニが、ホタテの時はホタテが、たまにはジンギスカンの肉なんかが落ちてないかな。

DSCF6812.JPGDSCF6813.JPG

国道236に合流したところに、愛国駅がある。すでに廃線になっているが、駅はいまも観光名所として残っている。当時の遺物が展示されてたり、外のホームには機関車が置いてある。

DSCF6815.JPGDSCF6816.JPGDSCF6817.JPGDSCF6818.JPGDSCF6819.JPG

出発シンコー!とか。

いかん、すでに5時前になってる。まだ大正までは3キロくらいあるから急がんとイカン。

雨がちょろちょろ降り始め、暗いのがよけいに暗くなる。大正の町にはいるがカニの家が見つからずうろうろ。ガソリンスタンドで聞いたらすぐにわかった。

しっかし案内看板一枚無いとは。しかも国道から奥まった公園内にあるので道からは見えないし、みんな迷うと思うのに。

ここは友人の藤原かんいち君のブログで見て、泊まってみたいと思っていたのだ。かんいち君はその昔、26年前にヨッシーが北海道をバイクで1ヶ月放浪したとき、富良野で出会った。それから彼は、原付バイクでオーストラリアを横断&縦断したり、世界一周をしたりして、いまや有名人なのだ。現在は日本の国道を全部走破する旅を続けている。

www.cubboy.blog114.fc2.com/

写真にあったとおり立派なログハウスで、居心地良さそうである。中は暖かい。リビングでライダー2人がお話中やった。若い方の男の子に見覚えがあるが、どこで会ったかすぐに出てこない。最近性能が落ちてるぞ~、我が脳味噌は。

しばらくしたら思い出した。稚内ノシャップ岬のライダーハウス、漁師の家で住み込みバイトしてた鹿児島ライダー君やんか。

オツムがすっきりしたのでシャワーに入って体もすっきりする。無料で温水シャワーも使えるなんて素敵!

無料で泊まれて無料でシャワー出来て、炊事場の電気コンロも使える。でも禁止事項もあって、連泊は3泊まで、室内でガスコンロ使用不可、飲酒も不可なのだ。

でもハウスの外に、バーベキューハウスがあって、そこなら自炊も出来るし飲酒もできる。ちゃんと抜け道があるのが良い。

ジャガイモを拾ったので、今夜は迷わずカレーだ。室内の電気コンロで調理してみる。むかしむかし、バックパックで世界一周したとき、よく電気コンロでお米を炊いたものだ。最初は失敗したが、のちに編み出した方法でうまい米を楽しんだものである。

だいたいキッチンの電気コンロは2~3口になっていて、見てくれはガスのキッチンコンロと同じである。電気式の一番の弱点は、火力の調整がすぐに利かないこと。沸騰してから弱めようとしても、真っ赤に焼けた蚊取り線香みたいなやつは、なかなか温度が下がってくれない。

そこでヨッシー方式は、隣の空いてる蚊取り線香を弱火にしておき、沸騰したら鍋をスライドさせて火力調節する秘伝の技なのだ。

とっころが!とっころがなのである。カニの家のコンロは2口ついているが一つが壊れていたんである。秘技は使えないが、外で蚊に刺されながら自炊するのもいやなので一口で米を炊く。

結果は惨敗。芯のある米になってしまった。

早々と飯を終わらせ、鹿児島ライダー君と登別ライダーさんと談話する。登別ライダーさんはヨッシーと同年輩。

そこに、連泊組のライダーが帰ってきた。そして、焼き肉パーティするので、あとで参加してね!とお誘いを受ける。断る理由がないヨッシー。参加決定。

あとで呼ばれて行ってみると、すでに完璧な準備が整い、炭は起こり肉はジュウジュウではないか!しかもビールとか焼酎、梅酒とかも用意されている!

DSCF6820.JPG

ではカンパーイ!写真左の親方(なんとなくそう呼んだ)が仕切役であった。

相当に酔ってから夜中に就寝。

走行 96キロ 出費 845円 (おにぎり、カップめん、にんじん、とうふ、豚肉、発泡酒)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

現在地&お知らせ [北陸~北海道]

PH_324.jpgPH_325.jpg
まいどまいど。寒いかな~、と思ったらまた暖かくなった北海道でござるよ。

11月になり申したが、これで自転車旅も丸2年になる予定である。2009年11月8日に出発したのであーる。

そこで次の11月8日には、出発記念パーティをしようかと思う。場所はたぶん函館。一緒に祝ってやってもええで、という輩は、その意志をコメントで表明すべし。残念、行けないわ~、という輩もコメントで表明すべし。

以上である。

写真苫小牧の海 太平洋なのだ

そして夕暮れにゃんにゃん
nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。