So-net無料ブログ作成
2009年11月より、実家の兵庫県西宮市を自転車で出発。九州から沖縄に渡り、徳之島、奄美大島、屋久島へ。鹿児島に舞い戻って約1年を九州で過ごし、2011年7月にやっと北海道に上陸。ほぼ全道を走った後ニセコのスキー場で働きながら春を待ち、2012年8月に函館から青森へ。秋田、新潟、福島、岩手、宮城、茨城、そして千葉、東京へ。まだまだ旅は続くのだ。足跡&コメントはこちらから。フェイスブックはヨッシー松田で検索。ジャストギビングを通して、チャレンジボランティアも実施中 http://justgiving.jp/c/1386

ソネットブログはデータ量が1Gしか使えない。なので過去のブログを読みたい人は、いくつかのサイトを行き来して読んでもらわなアカンのですわ。スマンことです。

旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2009年11月~2010年7月) http://tabibito1.blog88.fc2.com/

その1~ 旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2010年7月~2011年8月) http://tabibito843.blog.so-net.ne.jp/

                  

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
クリックねえ!

十勝ダム~屈足  寒うてイカンワ [北海道アフターニセコ編]

2012年6月13日 水曜日 947日目

くもり。寒い。寒すぎる。雪が降るかと思った。トムラウシ温泉はクリアしたので、とっとと撤退である。10時過ぎにキャンプ場をでる。

DSCF1043.JPG

途中見つけた工場。反ったコンクリはあれちゃうか?トンネルの壁とちゃうやろか。テレビで見たし。

屈足(くったり)の町まで戻り、スーパーで買い物したらさっさと公園の無料ライダーハウスに避難する。だって寒すぎるし~。

DSCF1044.JPG

室内には常設?の物干しロープが張りめぐっている。テントとか干して。

夜ゴハンは鍋にしようかと思ったが、野菜をあれこれ種類買うと使いきれん分は結局だめになったりして不経済。

DSCF1045.JPG

そこでまず、ラーメンスープでもやし&キャベツ&鶏肉の鍋料理をして。

DSCF1047.JPG

締めにはそこにラーメンを投入。3玉で100円なので十分締められる。

今日はほかに客無し。独り占めだけど寒いわ。

走行 22キロ 出費 1215円 (えび、おにぎり、カップめん、とうふ、マグロ、野菜、鶏肉、ラーメン、スープ、もやし、発泡酒)
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

壊れたあ~~ [現在地情報など]

スマホ携帯の調子がおかしくなり、このところ更新が滞っております。オンネトー湖キャンプ場に台風で閉じ込められたりしながら5連泊し、今日現在は阿寒湖までたどり着きました。

この記事も、阿寒湖の観光センターのパソコンで打っとります。明日は弟子屈まで走り、ドコモショップに飛び込む予定。

サブに持ち歩いてたiフォン携帯にシムカードを差し替えて通話はできるがメールとwebはできんって感じだす。不便だす(泣)

たぶん少なくとも10日間は更新が滞るのでそのつもりで。ではまた。サラバ。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

十勝ダム~トムラウシ温泉~十勝ダム  約束の地は? [北海道アフターニセコ編]

2012年6月12日 火曜日 946日目

6時起き。朝3時ごろに鹿が鳴いてうるさかった。ギャッギャッ、と繰り返すのでこっちも、

「アーーーメーーーマーーーー」

とお返しする。

DSCF0979.JPG

トムラウシ温泉、国民宿舎東大雪荘の入浴時間は、12時からなので早く着いてもしかたない。逆算して8時半に出発。もちろんテントも荷物もここにデポして、身軽な赤い流星号で往復するのだ。

DSCF0981.JPGDSCF0982.JPGDSCF0983.JPG

まずは十勝ダムの上まで走る。

DSCF0984.JPGDSCF0985.JPG

ダムの上からキャンプが見える。待っとれよ~。

DSCF0986.JPG

よし、まずは湖畔の道路をまっしぐら。思った通り高低差のない快走コースや。

DSCF0987.JPG

よし、後30キロ@9時。

DSCF0988.JPGDSCF0989.JPG

開拓の碑。菅野光民氏は北海道議であり、開拓のためにこの地に入ったが、巨グマにおそわれ絶命。明日は我が身か。

DSCF0991.JPG

9時半にトムラウシ村に到着。ここには海坊主の藤原さんがこの春から住み着いているのだ。札幌のアベさんも、どんころのニーノくんも、この海坊主の親方も、みんな水難救助訓練のレスキュー3つながりなわけで。

札幌を出るとき、根室方面に向かうルートをアベさんが考えてくれたわけで。そしてそれが、ニーノくん、海坊主の親方経由になっていたわけで。

フェースブックつながりな海坊主の親方は、徐々に近づくヨッシーに向かって、

「遠回りして迂回しろ」、とか、

「そのままスルーして根室へ向かえ」、とか

冷たくコメントを送ってくる。しかしそんなの関係ないヨッシーなのである。とにかく今回の目的地は、トムラウシ温泉なわけで。思い出の地を訪れたいわけで。勝手に途中に住んどるのは海坊主なわけで。

しかも本人は埼玉にレスキューの講習で昨日から留守なみたいやから襲撃するなら今や。

DSCF0992.JPGDSCF0993.JPGDSCF0994.JPG

郵便局に入って受付の女性に、

「あにょ~、フジワラさんの家はどこですかね」

と聞くと、

「あ!自転車の人ですよね!」

と、思いがけない返事が。??と思ったら、つまりはフェースブックで海坊主の親方とのやりとりを読んでいらしたわけで。

すぐに海坊主の嫁を呼んでくれた。

DSCF0996.JPG

そしてみなさんで記念撮影。また温泉の帰りに寄ると言うことにして、先に走る。

DSCF1000.JPG

まだこの先も舗装道路なのだな。開拓の碑はあっちこっちで見るが、「苦闘」、とあるのは珍しいかも。それだけたいへんやったのやろ~。

DSCF1001.JPG

閉校になった学校が、ぺっしゃんこになっとる。まさに苦闘やわ。

DSCF1003.JPG

10時半。あと12キロ。

DSCF1006.JPG

川の流れがウツクシ。

DSCF1007.JPG
DSCF1008.JPG

ずーっと霧とか曇り空やったのが、やっと晴れ間が見えてきた。

DSCF1009.JPG

さあ11時。あと残すは9キロで、未舗装路に突入。

DSCF1010.JPG

ネットの他人ブログなどで確認してたとおり、締まった土の道で砂利も薄いから走って進める。よしよし。

DSCF1011.JPG

しかし、予想外はかなりの急坂なこと。だいたいこういう昔ながらの道は、勾配がゆるいのだが。知床のカムイワッカまでの未舗装路は、楽に走れる状態やったしな。

DSCF1012.JPG

もうすぐ?もうすぐ何キロや?

DSCF1013.JPG

4.5キロは自転車ではそんなに近くないぞ!しかも登りは続く。

2キロほど押して歩いたところで、急に下り坂が始まる。え!下るの?どんどん下る。

26年前に来たけど、そのときはバイクやったしなあ。こんなやったかなあ。

DSCF1014.JPG

12時10分、眼下に国民宿舎が見えてきた~。

DSCF1016.JPG

川をわたって~。

DSCF1017.JPG

よし!12時15分到着。立派な建物になったなあ。昔は掘っ建て小屋みたいやったが。

DSCF1019.JPG

記念撮影していたら、静岡から湯治にきているおっちゃんと話す。毎年来ているそうで、ここは湯治プランと言って7日以上なら3食ついて一泊4000円代なんだそうな。

さっそく雑誌HOを使って無料入浴じゃ。フロントの男性に携帯の画面で、

鉄馬7.jpg

これを見せて、昔はこんなでしたかね~?と聞いてみたが、「さあ~~~?」、と首をひねるばかり。ここじゃなかったのかな?

DSCF1022.JPG

風呂場はびっくりするくらい広くてキレイや。面影ナッシング。

DSCF1023.JPG

でも露天風呂の石積みに面影が~?

DSCF1024.JPG

ほら!ここの上の方だけ小さい石で積んである。これはたぶん、以前の石を取っておいてビフォーアフターみたいにしたんやろう。きっとそうや。

DSCF1026.JPG

ということでVサイン。

DSCF1029.JPGDSCF1031.JPGDSCF1032.JPG

じっくり入りたいが、帰りもあるから2時に出発。噴泉塔なるものを見るが、塔からはなんも出てない。なんじゃらほい。

DSCF1033.JPG

坂道を押して上り返す。ところでこの一帯は最近クマの目撃情報が多発しているそうなので、鈴を鳴らしながらなのはもちろん、たまにハウッ、とかホーイ、とかア~メ~マ~とか大きい声を出して歩く。

前に若い日本一周チャリダーが、クマ対策どうしてますかって聞いてきたから、山道になったら大きい声を出してるよと言ったら、「え~~、カッコワル~」、という反応があってびっくりした。

襲われて被害に遭う方が、カッコワル~ちゃうんか!

登り返しはたいしたことなく、すぐに下り坂になって温泉から30分くらいであと4.5キロの看板まで戻ってきた。

DSCF1033.JPG

そこから15分で舗装路との境目まで到達。



ここからは快調にとばす!動画で快調さが伝わるかな~?

DSCF1038.JPG

トムラウシ村までもどると、海坊主婦人が鹿肉饅頭を、郵便局のいとうさんがコーヒーをご馳走してくださった。鹿肉まんは、すげえワイルドな味で、おいしかったゼイ。

DSCF1040.JPG

今日は寒いわ。薪ストーブは名残惜しい惜しいが、キャンプまで戻らねば。4時に村を出る。湖の上にかかる橋の上から上流と下流を見てみる。

DSCF1041.JPG

5時、帰着。お米を炊いて、鯖の味噌煮缶詰で晩ご飯。あー、疲れた。なんための温泉かわからんくらい疲れた。しかもまた寒くなってきてない?

とっととテントに入って寝る。

走行 75キロ 出費 250円 (缶ビール)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

新得~十勝ダム  十勝花子の懐へ [北海道アフターニセコ編]

2012年6月11日 月曜日 945日目

DSCF0950.JPG

天気悪いなあ。出発するかどうか迷う。もし走るとしても、今日は十勝ダムまでなので午後から走っても間に合うやろう。

(写真予定)

出発前に、冷庫蔵3に銘を入れる。これで命が通ったのだ?

(写真予定)

ブログ更新などに時間を使い、駅でそばを食う。新得は日本そばで有名なのだが、食わずに行くのは失礼になるやろう。でも名店は避けて駅そばへ。

(写真予定)

天ぷらそば370円也。お店の女の子のエプロンに、駅前のそば店、せきぐちの銘があったので支店?っぽい。

(写真予定)

なるほど、手作りに違いない。そばは手切りやわ。

(写真予定)

2時にライダーハウスを出発し、道道75で鹿追方面に。すぐにおかしな動きをするやつらに遭遇。

(動画予定)

水力やわ。エコやわあ~。

(写真予定)

軽く峠越えをして屈足(くったり)の町で左折して道道718でトムラウシ方面に走る。

(写真予定)

屈足にもライダーハウスがある。ちょこっと下見に寄ろうね。屈足公園内の一棟がそれである。

(写真予定)

せんたっきも備えてあるし。

(写真予定)

畳敷きの大広間。寺子屋みたいな感じ。

(写真予定)

炊事などは隣の焼き肉ハウスでできる。

(写真予定)

連泊禁止なんやて。しかも、「くったり隊は出て行け」、と追記されている。くったり隊ってなんやろう?こんな書かれたら逆に会ってみたいなあ。

(写真予定)

4時、TAC前通過。このあたりにもダム湖があり、十勝ダムも含めていくつもの湖があるみたい。

(写真予定)

この位置で、あと41キロ。

(動画予定)

若松ダムは豪快にゲート放水やな。

(写真予定)

水がぐるぐる回っとる。おっそろし。

(写真予定)

坂道をゆるゆる登ると、キャンプ場の入り口発見~。案外楽勝やった。

(写真予定)

この橋はキャンプ場までの通常ルートなんやけど、洪水とかでゲート放水になったときもここから迫力ある風景を眺められるのかなあ?

(写真予定)

キャンプ場到着は5時ちょうど。水と芝生とトイレ(ぼっとん)がある。シンプルでよろし。しかも無料。

このキャンプ場も、屈足と新得駅前ライダーハウスも、新得町の管理なようで。すべて無料というのが太っ腹である。ビバ新得町。

(写真予定)

テニスコートもあるが、テニスするのかなあ?

(写真予定)

キャンプ場について最初にするのはお米を洗うこと。洗って水につけておくと、ふっくら炊ける率がアップするのだ。

(写真予定)

それからテントをたてる。新しいテント設営も、徐々に慣れてきた。

(写真予定)

今回新しく追加したフライシートアイテム。雨除けはもちろん、紫外線劣化からテント本体を守る。

(写真予定)

晩のおかずは半額めざし。

(写真予定)

油を敷いて焼く。

ゴハンが進むわあ。ラジオ聴いて8時に寝る。

走行 30キロ 出費 640円 (めざし、枝豆、もやし、パン、大福、発泡酒)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

新得連泊  天候待ち [北海道アフターニセコ編]

2012年6月10日 日曜日 944日目

夜中に強く雨降ったし。朝起きても細かい雨が降ったり止んだり。

DSCF0944.JPG

とりあえずコーヒーなど飲んで、ブログを書いたり。

DSCF0945.JPG

この状態のまま夕方になり、4時に駅前の町営温泉に行く。

DSCF0946.JPG

駅から徒歩1分、走ったら20秒の近さ。

DSCF0947.JPG

なんとトムラウシ温泉から毎日お湯を直送しているんだと。明日以降にトムラウシ温泉まで行こうと思ってたわけで、もうここでええかな?と心が揺れる。

DSCF0948.JPG

お湯は確かに温泉で、かすかにヌルヌルした感触だった。ちょっと熱めになっていたので、あまり長湯もできなかった。

DSCF0949.JPG

スーパーで半額ゲットしたエビとビールで晩ご飯終了?

明日こそはトムラウシ温泉まで行きたい。しかし国民宿舎東大雪荘に問い合わせたら、最寄りのキャンプ場は7月からオープンだそうで、これは泊まらずに日帰りかあ?しかし新得からは片道60キロくらいあるから往復120キロでしかも山道。これはヨッシーの許容量を越えている。

そこでヨッシー考えた。途中の十勝ダムまで行き、そこの無料キャンプ場に泊まる。翌日はテントなど荷物をそこに残したまま、トムラウシまで往復する作戦である。十勝ダムからなら片道38キロくらいなので、なんとか1日で往復できるやろう。

まるでヒマラヤ登山のアタックキャンプみたいであることよ。

走行 0キロ 出費 1242円 (串カツ、枝豆、お好み焼き、天ぷら、エビ、でっかいしょ、発泡酒、銭湯)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

どんころ野外学校~新得  狩勝峠、クリアです! [北海道アフターニセコ編]

2012年6月9日 土曜日 943日目

DSCF0908.JPG

お世話に鳴なったニーノくんと記念撮影。彼は忙しい。今日もアウトドア体験のお客さんがワンサカ来るのだ。このあと仕事に出て行った。ありがとう。ニーノくん。

DSCF0910.JPG

さてヨッシーは急ぐ旅でも無し、まずは朝ご飯だな。2割引で買った屋台十八番坦々味。

DSCF0912.JPG

9時半にキャンプ場を出る。

DSCF0913.JPGDSCF0914.JPGDSCF0915.JPG

犬がいっぱいいるのは、犬ぞり体験ができるから。冬の大事なアクティビティなわけで。みんな寒さに強そうである。

DSCF0916.JPG

道まで戻ったら国道の方に戻る。

DSCF0917.JPGDSCF0919.JPG

国道38のところに戻ってきた。幾寅からここ、落合まではニーノくんの車で自転車ごと運んでもらったわけで。つまりはその区間を自転車では走っていないわけで。

以前九州でも、下関のひよこさんの車でびゅーんと移動したとき、「ちゃんと車に乗ったところまで戻って走りなおしてください」、とか言われたことがある。

あにょ~、そんなストイックに全部自転車で走るような旅ではないんで。旅の最優先課題は、「人との出会い」、なんである。車でも船でもヒコーキでも、乗せてくれるんなら喜んで乗る。だってその分自転車のタイヤも減らんし腹も減らんし、乗せてくれた人ととの出会いが一番の目的やからね。

それからも一つ言われるのは、

「日本一周しとる割に太っとるな」

というのが多いな。

痩せるために旅してるんではないわけで、アンタの勝手な先入観で物言わんといて!っとなってしまう。さらにとどめを刺すなら、

脂肪みたいに見えるのは、全部筋肉やっ!!!

っと言いたい。

DSCF0920.JPG

狩勝峠を越えるのだ。

DSCF0922.JPG

しかし天気はイマイチ良くない。雨さえ降ってないが、霧にかすんで泣いている。

DSCF0923.JPG

おうおう、そりゃあこのあたりまでくればクマも出ましょう!

DSCF0926.JPG

登坂車線があるってことは、頂上が近いってサインなのだ。北海道ルール的なサインなのだ。



12時前に峠到着!霧でなんにも見えん。しかも寒い!

DSCF0928.JPG

売店でおやきを購入。150円也。これって回転焼きちゃうの?おやきでいいの?

腹の虫は治まったので、ここから新得の町に向かって下り坂を走る。霧で視界が悪いから、鹿や車、はたまたクマ?にも注意しながら ブレーキ握りしめながら下ってく~。

DSCF0929.JPG

12時40分、新得に入った。狩勝峠は644mだし、登り勾配もゆるくて楽勝やったな。

DSCF0930.JPG

ニセコバイトの同僚、スダッチーからの情報によると、このドライブインが大盛りなんだそうである。

DSCF0931.JPG

一切そういう風に見えんが?大丈夫か?

DSCF0932.JPG

メニューもふつうやし。スダッチーオススメの豚丼を頼んでみた。なんかほかの客の食べてる丼から肉がはみ出てるように見える。やっぱりそうか。しかも、奥のカップルの男の子は大盛りを頼んだみたいで、ラーメン丼にてんこ盛りにゴハンをセッティングしている女将さん。それを受け取った親父さんは、まだまだ、というような表情をしてさらにゴハンをしゃもじで追加してた。ありえへん。

DSCF0933.JPG

キター、やっぱメガ盛りやん。

DSCF0934.JPG

横から見たらこんな感じ。どっから食い始めるのか。肉の下には目玉焼きが隠されていた。一緒に食べたらおいすぃ~!

でもさすがに肉を盛るために、ゴハンの量は少な目になってた。しかし大盛りは無理。5年前なら食えたけどなあ。

DSCF0935.JPG

食い終わってぼーっとしてたら、親父さんがコーヒーを持ってきてくれた。サービス?それから、どっから来たの?と話が始まる。ヨッシーがトムラウシ温泉に行くんだというと、バスが出てるはずとか色々心配してくれる。女将さんも、ヨッシーが膝にサポーターしてるのを見て、湿布あげましょうか?と心配してくれる。なんて親切なんじゃろう。ありがたいなあ。ビバ、ドライブイン大雪園。

DSCF0936.JPG

新得駅前に無料のライダーハウスがあるらしい。どこかなあ。

DSCF0937.JPG

駐車場の一角にあったプレハブハウスがそれやった。

DSCF0938.JPGDSCF0939.JPG

ええやん。貸し切りみたいやし。

DSCF0941.JPG

まだ3時なので、歩いて町を探検。鳥せいという若鶏料理の店は、ここが本店なのだそうだ。

DSCF0940.JPG

すぐそばの家の壁にこんな看板が。街角サロンってなに?お店なん?この奥がそうなのかな?かなり入るの勇気居るなあ。入らんとこ。

DSCF0942.JPG

駅前にはスーパーもあって便利。半額ゲットしたサラダとお刺身で晩酌やあ。狩勝峠攻略祝い。

DSCF0943.JPG

ニーノくん差し入れのウイスキーも大活躍。コンセントもあるので充電は問題なし。天国である。

走行 35キロ 出費 1885円 (チキンライス、スパゲティ、刺身、サラダ、お好み焼き、つくね、魚ハンバーグ、発泡酒、豚丼)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

富良野~どんころ野外学校   再会! [北海道アフターニセコ編]

2012年6月8日 金曜日 942日目

DSCF0868.JPG

5時半に目覚める。耳栓してたらぐっすり寝られた。昨日もそうやけどにわか雨が多くて、今日もそんな感じの一日になりそうで、出発するか富良野に連泊するかで迷う。

DSCF0872.JPG

橋の下はたぶん関係は無いと思うが、堤防法面の除草作業中っぽいので一旦テントをたたんで立ち退く。そして6時過ぎから朝マック。

郵便局に寄ってから出発したいので、9時までここでブログ作業などしながら過ごす。

しかああああし!ショッキングな出来事があったのである。

それはあああ、

マクドナルドの~、

ホットコーヒーがあああ、

お代わりできなくなっていたんであるううう。

ううううぅ(涙)。

店員のおばちゃんによれば、日本中のマクドで一斉にお代わり不可になったんやて。ありえへん。アメリカのマクドもかなあ?

9時に郵便局でお金を下ろし、セブンイレブンのATMで新生銀行口座に入金する。京都の山奥で片づけたリサイクル料の振り込み準備なのだ。ネット振り込みならどこに居てもできるし、新生銀行は月1回手数料無しで送金できるのだ。

DSCF0874.JPG

10時に南富良野に向けて走り出す。ちょっと暑くなってきたなあ。国道38。

DSCF0875.JPG

山辺の町で買い物してから、11時半に国道分岐にたどりつく。右折して国道237へ。38号はトラックやダンプが多かったが、こっちは交通量が少ないので快適や。

DSCF0876.JPGDSCF0877.JPG

空知川かな?いい感じの水量で、川下りしてみたくなる。

DSCF0879.JPG

ここもええなあ。

DSCF0880.JPG

金山の町に入って最初に目に留まったのは、雪でつぶれた?物置風建物。せっかく有り難いお言葉が書かれていたのに、残念なことになっている。

DSCF0881.JPG

ここから国道とお別れ。左折してかなやま湖方面に行く。

DSCF0882.JPG

踏切をわたったトタンにカンカン鳴り出した。

DSCF0883.JPGDSCF0884.JPG

おー、珍しく?汽車が来た~。

DSCF0885.JPG

道道465は、すぐに登り坂になる。ダム湖の高さまで上がるんである。

DSCF0886.JPG

雪除け?のトンネル内を自転車押して歩く。

DSCF0888.JPG

約30分で湖面まで到着。あとはもう坂道はないやろう。ぐいぐい走っているとにわか雨が降り出した。避難する場所などいっさい無い。



かろうじて木の枝の下に逃げ込むが、ここも乾いてるのはそう長くは無いな。通り雨ならナントカ持ちこたえるか~?その願いもむなしくどんどん体が濡れていく。カッパを着て走り出したら、5分後にパーキングのあずまや発見。滑り込みセーフ!

朝の予想通りに天候不安定。

雨が止んだ後、かなやま湖畔キャンプ場までたどりついた。きれいな芝生で、環境抜群や。でも一人600円かかるし。時間は3時、進むか泊まるか悩む~。

悩んでるうちにもまた雨が降り出すし。

キャンプ場に泊まるのは簡単や。なぜなら、テント張ってゴハン作って、朝までゆっくり寝てっていう自分の姿が想像できるから。もう、予定された未来を生きる?って感じ。それはアカン。

この先の幾寅って町に道の駅があるし、無人駅もあるからなんとかなるやろう。26年前にバイクで旅したときに確か通った町やけど、そのときはな~んにも無くて、一瞬で町を通過した覚えがある。それでも行ってみよう。

かなやま湖は細長い湖で、湖畔道路を走っても走っても景色が変わらない感じ。

DSCF0890.JPG

国道38と合流。ここが幾寅や。

DSCF0892.JPG

道の駅、立派や。しかも近くにコンビニもあるやん。思ったより都会になってる。

DSCF0893.JPG

おお、なんと2階にはコンセントも使えるフリースポットがあるやん。

DSCF0894.JPGDSCF0895.JPG

すげえな。もう今日はここで閉館まで過ごして、外の軒下が広いからテント張って寝よう。そうしよう。

DSCF0897.JPGDSCF0896.JPG

館内のレストランで食事もできる。豚カツ定食800円也。

DSCF0898.JPG

カツはカリッと揚がってるけど、一緒に付いてるソースが味薄いなあ。味噌汁も味薄いし。テーブルにはコショウと爪楊枝しか置いてないのは、シェフが味に自信があるからか?

DSCF0900.JPG

クマの剥製は、200キロ体重があったそうで、ヨッシーの3倍やな。

7時に閉館となり、職員の方々が帰られるまでの間、外のベンチで時間調整していたら、

「松田さん、ですよね」

と声をかけたその人は、昔レスキュー講習でお世話になったニーノくんやないか!フェースブックのコメントを見て道の駅なら近いと、車で様子を見に来てくれたのだあ。

ニーノくんが働いているどんころ野外学校で泊まってくださいとお誘いされ、車に自転車と荷物を乗っけてビューンと高速移動。自転車なら1時間半かかるところを15分で到着。

DSCF0901.JPG

野外学校敷地内のキャンプ場の、炊事棟が今夜の宿だあ。

DSCF0904.JPG

中は広く、自転車も入れられる。

DSCF0905.JPG

ニーノくん差し入れのウイスキーを飲みながら、薪ストーブで暖まる。北海道の山間部はまだ寒いのだ。

11時くらいまでヨッシーの無駄話におつきあいいただきアザーッス!どんころ名物の五右衛門風呂も入らせてもらって、

DSCF0906.JPG

畳の部屋で寝かせてもらった。

走行 51キロ 出費 2706円 (インスタントラーメン、てんぷら、パン、バナナ、発泡酒、豚カツ定食、朝マック)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

桂沢湖~富良野  峠2つ越えて [北海道アフターニセコ編]

2012年6月7日 木曜日 941日目

DSCF0840.JPG

閉鎖キャンプ場なのに、もう一人埼玉から来たライダーも2泊していた。朝もちょこっと話す。

今日は富良野まで走るつもりやが、水がない。ヒゲおやじ殿に分けてもらおうとお願いしたら、自分もないので汲みにいこうと車で一緒にキャンプ場を出る。

ダム下のナントカ遊園に行ってみたら、きれいなトイレも水道もあるやん!こっちで泊まったらよかったかも。でも有料かも。

ライダーくんは先に出発していった。今日は道北の留萌まで行くんだって。そんなに遠くまで行けるんや。

DSCF0841.JPG

ヒゲ男爵も8時過ぎに出勤していった。ありがとう!

濡れたテントを乾かしたりしてたら出発が9時になる。

DSCF0843.JPG

ダム湖沿いに道道917を走ると、すぐに国道の分岐に出る。芦別方面に国道452を走る。さあまずは一つ目の峠越え。

標高450mくらいの峠なのでたいしたことはない。ゆるゆる走ったり歩いたり。

DSCF0845.JPG

約1時間で三笠トンネルに到着。やっぱりたいしたことなかった。

DSCF0846.JPG

下りは速いよ。ぐんぐん走って、11時に三段滝のパーキングに到着。

DSCF0847.JPG

着いたとたんに雨が降り出す。ナイスタイミング。

DSCF0848.JPG

トイレの中に自転車ごと避難する。たまたま居合わせた、神奈川から旅行で来ている男性とお話しする。札幌が実家だそうで、今回は遅めのゴールデンウィークを利用して帰省し、今日は日帰りでドライブに来たそうである。

その前にはバイクで北海道を走ったそうで、そのときの話などを聞かせていただいた。次は道東を旅したいそうなので、是非実現してほしい。

DSCF0849.JPGDSCF0850.JPG

雨が止むまで小一時間かかった。歩いて三段滝を見学。



なかなか迫力はあるが、これはカヌーで下るのは難しそう。

DSCF0852.JPGDSCF0853.JPG

さあ、2つ目の峠越えにかかるでえ。滝をみた後もすぐに大粒の雨が降り始め、なかなか前に進めない。

DSCF0854.JPGDSCF0856.JPG

芦別には向かわず、右折して富良野へ直行や。アベさんによるとこの道がキレイで走りやすくなり、近道になっているという。

もっと坂道かと思っていたが、ゆるやかなので走って登れる。このぶんだとさっきの峠より楽勝やん。

DSCF0857.JPG

人家もない山中なので、そりゃクマも出るわな。しかしこのクマデザインの標識は始めてみたかも。

DSCF0858.JPG

50分くらいで頂上っぽいトンネルまでこれた。楽勝!

DSCF0859.JPG

びゃ~んと下って島ノ下まで行くと、昨年富良野に来たときにも入った温泉がある。露天風呂からの旭岳など展望がすばらしかったのでもちろん入るべ。

DSCF0860.JPG

でもこのさきちょっと坂道なんだな~。

DSCF0862.JPG

よし!着いた。500円也。雲が懸かって景色はイマイチ。たっぷりゆっくり入浴して5時に外に出たら、

DSCF0863.JPG

また雨!あと富良野まで5キロくらいやのに。小やみになった隙にカッパを着て走る。

DSCF0864.JPG

羊がこっちを見ているので見返してやった。

DSCF0865.JPGDSCF0866.JPG

6時に富良野到着。携帯の電池が切れそうやし、マックで晩ご飯や。今日は昼ご飯もチキンラーメンだけやし腹減った。

DSCF0867.JPG

フィレオフィッシュが好きなんだな。それに単品でカリカリチキン?ナントカバーガーをつけて600円也。

コンセントで充電しながらブログも更新する。

8時半まで粘ってから隣のスーパーで半額奉仕品をゲット。以前にも泊まった国道橋の下にテント泊。前回は気にならなかったのに、上の道路を走るトラックの音が大きく聞こえる。橋もギシギシ鳴ってるし、ちょっとユルんでるんちゃう?耳栓して寝る。

走行 50キロ 出費 1770円 (おでん、イカから揚げ、おにぎり、発泡酒、マック、温泉)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

桂沢湖連泊 [北海道アフターニセコ編]

2012年6月6日 水曜日 940日目

DSCF0837.JPG

昨夜降り出した雨はけっこうまとまってござった。でも朝には上がり、晴れ間も見える。

DSCF0839.JPG

足が筋肉痛。腰も痛い。腕も肩も痛いし。今日もこのあと雨の予報なので連泊することに。水をくれたお隣のヒゲおじさんは、ダム湖周りの植生調査に来ているそうで、金曜日までここにいるとのこと。8時頃出勤?されていった後、テーブルといすをお借りしてコーヒーなど飲む。

DSCF0838.JPG

ソーラー充電するが、快晴ではないので効率はイマイチ。

インスタントラーメンの昼ご飯の後、テントでウトウトしてたらまた雨がザザー。

夜ゴハン食ったらラジオ聴いて寝る。

走行 0キロ 出費 0円
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

札幌~桂沢湖  ヘロヘロ86 [北海道アフターニセコ編]

2012年6月5日 火曜日 939日目

6時半起き。出発準備をしていたら、

DSCF0814.JPG

買ったばかりのヨッシー専用無電源エコ冷庫蔵3が壊れてる!

幸い割れた部分のパーツは全部そろってるから、補修することに。

DSCF0815.JPG

よし!ガムテで完璧。

DSCF0817.JPG

準備もできて、アベさんの見送りを受けて出発。根室に向かうコースは、アベさんがルートを選んでくれたのでそれに従って走る。

DSCF0818.JPG

国道まではどこをどう走ったのか?勘でなんとか予定のルートに合流。国道337で当別方面に。

DSCF0820.JPG

ムシムシして暑い。向かい風でキツい。体がなまってて重い。3重苦や。

DSCF0821.JPG

国道337から道道112へ。そして道道81に乗り換え、12時半に新篠津村に入る。新十津川は、奈良の十津川村から移住した地域なので付いた名前。じゃあ篠津村はどこ?それは知らない~。

DSCF0822.JPG

花が絨毯みたいになっててキレイ。

DSCF0823.JPG

国道12で岩見沢に北上し、スーパーで買い物してから道道917で三笠方面に。これまではほぼ平地やったけど、ここから登りが始まる。

DSCF0824.JPG

桂沢湖に向かうのだ。すでにここまでで60キロ以上走っている。3重苦でヘロヘロになってきた上の登りはキツい。それにケツも痛いし。歩いたり走ったりを繰り返す。

三笠を通過、そして幾春別に5時ごろ着いた。

DSCF0825.JPGDSCF0827.JPG

最後の登りが始まる。桂沢湖はダム湖なので、思った通り急坂や。半トンネルを歩いて上がる。トホホな顔にもなるで。

DSCF0828.JPG

試験中なのは、倒れる前のことか?倒れても尚、試験中なのか?不明。

DSCF0829.JPGDSCF0830.JPGDSCF0831.JPG

ダムサイトに5時50分着。

DSCF0832.JPGDSCF0833.JPG

キャンプ場にたどり着いたのは午後6時20分。ギリギリセーフ。86キロも走ってもう限界。

しかもこのキャンプ場はトイレも閉まってるし水道も止まってる。やられた!たまたま隣でテントを張ってた人に話したら、水を分けてもらえてまたまたセーフ!綱渡り的人生也。

DSCF0835.JPGDSCF0836.JPG

豚ロースを焼いて晩ご飯。もう暗くなってるし。食ったらガックリ来て即寝る。

走行 86キロ 出費 2072円 (カップめん、おにぎり、油、コーラ、キャベツ、豚ロース、もやし、とうふ、バッグ、発泡酒、焼酎)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。