So-net無料ブログ作成
検索選択
2009年11月より、実家の兵庫県西宮市を自転車で出発。九州から沖縄に渡り、徳之島、奄美大島、屋久島へ。鹿児島に舞い戻って約1年を九州で過ごし、2011年7月にやっと北海道に上陸。ほぼ全道を走った後ニセコのスキー場で働きながら春を待ち、2012年8月に函館から青森へ。秋田、新潟、福島、岩手、宮城、茨城、そして千葉、東京へ。まだまだ旅は続くのだ。足跡&コメントはこちらから。フェイスブックはヨッシー松田で検索。ジャストギビングを通して、チャレンジボランティアも実施中 http://justgiving.jp/c/1386

ソネットブログはデータ量が1Gしか使えない。なので過去のブログを読みたい人は、いくつかのサイトを行き来して読んでもらわなアカンのですわ。スマンことです。

旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2009年11月~2010年7月) http://tabibito1.blog88.fc2.com/

その1~ 旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2010年7月~2011年8月) http://tabibito843.blog.so-net.ne.jp/

                  

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
クリックねえ!

青森滞在  釣り&ねぶたアゲイン [東北編]

2012年8月5日 日曜日 1000日目

とうとう旅人になって1000日目になった。出発した直後などは、1000日も旅できるなどと思ったり思わなかったりだった。でもその日を迎えてしまうとナンテことはない。淡々と、粛々とした心持ちである。

DSCF2751.JPG

一日休んだので少し足は楽。今日はねぶたを見に行こう。ライダーなかざわくんは、一日目に見に行ったら踊りたくなり、正装衣装を貸してくれる人もあったりでハネト化しているらしい。せっかくなのでその勇姿も見てみたい。

まずは10時半にキャンプをでて、自転車で近くのスーパー内マクドナルドでブログ更新など。なんぼ青森でも昼間は暑いので、冷房がありがたい。

DSCF2752.JPG

お昼ご飯は有名なのっけ丼にチャレンジしにいく。青森駅の反対側はとても県庁所在地のメインの駅とは思えんくらいの奥ゆかしさやった。

DSCF2753.JPG

歩行者自転車用の陸橋を見つけたので近道。

DSCF2754.JPG

市場ののっけ丼は、ご飯を買ってお店で好きなトッピングを手に入れて自分で完成させる方式なのだ。

DSCF2756.JPG

え?40分待ち?確かに並んでいる人はいるが。そこにいたスタッフの女の子に、何に40分かかるの?って聞いてみたら、

「ごはんが無くなったので、炊けるまで40分かかる」

と言う。うーん、なんだか待つのがばからしい。今日はパスする。

海辺に行ってみると、屋台が出てにぎやかである。

DSCF2757.JPGDSCF2758.JPG

いかコロッケってめずらしい。即買い食いする。予想ではイカがごろごろ入ってるイメージやったが、そうでもなくて、フーンやった。

DSCF2759.JPGDSCF2760.JPGDSCF2761.JPG

次に見つけたのがホタテ釣り。500円で参加して、5分間釣り放題なのだ。見てると一人で10個以上捕る人もいる。よーし、ヨッシーも10個以上釣って昼飯はホタテ三昧にしよう。

DSCF2762.JPGDSCF2763.JPG

見てるとうまい女の子がいて、17個捕ってた。すごい簡単そう。いけるでこれは!

DSCF2764.JPG

えーと、見てるのとやるのは大違い。結果は2個。

DSCF2765.JPG

あわれと思ったのか、係りのバイトの男の子が3枚追加してくれた。それらを隣のテントのとこに持って行くと炭火で焼いてくれる。

DSCF2766.JPG

ちなみにこれは17枚ゲットした女の子のやつ。

DSCF2767.JPG

ヨッシーはこっち。とほほ。でもビールとともに食べたら美味しかった!

DSCF2768.JPG

豚のゆるきゃらも来てる。となりの女の子は知らん人。写真撮ってたら、「なに撮ってんの」みたいに軽くニラまれるが知らんフリする。

DSCF2769.JPG

昼がだめなら夕方じゃ、とのっけ丼に再チャレンジする。

DSCF2770.JPG

しかしネタが少ないかもシレンと言われ、一回り市場を見たらそうかも。今日は日曜日やったから並んでたけど、明日なら平日やから大丈夫ちゃう?と、のっけ丼は先送りになった。

DSCF2771.JPG

やれやれ、ってことで一度キャンプ場まで戻ると、ライダーチャリダーたちのハネト軍団がミーティング中やった。このあと出陣してゆくのだ。

ヨッシーはスーパーで買い物してから、あらためてマチナカに出かける。今日は国道7号線側で見ることに決定。

DSCF2772.JPGDSCF2776.JPGDSCF2785.JPG

こっちのほうが熱気あふれるって感じ。



ハネトの元気もあるみたいに思う。



やっぱり元気ある。

そうか、国道側で力使うから反対側の商店街では元気ないんや。

DSCF2785.JPG

山車も道が広い分、動きがきびきびしているような。



しかしあれやな。厳しいかもしれんが、ハネトってのはどうもイマイチやなあ。参加することに意義ありってのが先行して、ピョンピョンしてたら踊ってるように見えるやろってのが多すぎる。

比べてしまうのは阿波踊りやけど、「このオレの踊りを見ろ~~~」、てくらいにトンガってはる。だらだら歩いたり、ただ跳ねたりするのと一緒にするなと怒られそうなくらい頑張ってはる。

ねぶたでも、希に一人か二人気合いの入った跳ね方をしてる踊り手をみるから、本来はこうちゃうんかと思うのだ。

よって、ヨッシーはハネトはしないことに決定。帰って寝た。

走行 9キロ 出費 2648円 (刺身、イカ焼き、ホタテ釣り、ビール、発泡酒、マック
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

青森滞在  完全休養 [東北編]

2012年8月4日 土曜日 999日目

DSCF2740.JPG

半額ゲットの冷麺が朝ご飯。

DSCF2741.JPG

えーーーー!テントの網戸の部分が壊れかけてる~~~。いやーーん。こんなのどうやって修理したらええんや?とりあえず蚊のいなくなるシーズンまではもってほしい。

隣の福島ナンバーのおっちゃんカブライダーとお話しする。この旅のためにスーパーカブを新車で買ったそうで、なんやかんやで30万くらいしたそうで。

DSCF2744.JPG

足の調子がいまいちなので、今日も祭り見学は自主的に休み。お昼ご飯はゴーヤと豚肉の炒め物。

DSCF2745.JPG

夕方、少し遠いがもーさんがよく行くという温泉まで行ってみた。

DSCF2746.JPG

湯ったら温泉400円。

DSCF2747.JPG

夜ご飯はカレーだ。ゴーヤとナスをたっぷり炒める。

DSCF2749.JPG

お昼に炊いたご飯とともにいただく。

足を労るための完全休日の一日でした。

走行 9キロ 出費 1228円 (アイス、とうふ、カツオたたき、豚肉、もやし、なす、発泡酒、温泉)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

青森滞在  初ねぶたへ行こう [東北編]

2012年8月3日 金曜日 998日目

まだ足痛い。でも氷で冷やしたおかげで腫れは少し引いて楽になった。今日は祭りを見に行けそう。

祭りは夕方からなので、それまでの間みんなは何してるのかもーさんに聞いてみたら、観光したり図書館行ったり、フェリーターミナルの待合室でテレビ見たりしてるそうである。

DSCF2684.JPGDSCF2685.JPGDSCF2691.JPGDSCF2692.JPGDSCF2693.JPG

臨時キャンプ場の様子。けっこう隙間があるが、これから混んでくるのだろうか。

DSCF2687.JPG

マイテント。立木があまりないのでタープ付きにした。テントのフライシートを外しておけば、風も通って快適。

DSCF2688.JPG

洗濯して。

DSCF2689.JPG

充電してみる。

DSCF2690.JPG

単3電池も充電してる~~。うれしい~。

DSCF2694.JPG

午後から町にでる。大橋を渡るのが近道。

DSCF2695.JPG

橋の上から青函連絡船も見える。線路から貨車がそのまま積み込めるようになってるのがわかる。いまはトンネルができたので役目を終え、保存展示されておるのだ。

DSCF2696.JPG

アスパムっていう海辺の観光施設の裏側に、ねぶたの隠れ家発見。でかいわああ。

DSCF2697.JPG

あんまりウロウロすると足が疲れるから、もーさんから教えてもらった図書館へ行く。冷房利いてて最高!ここで夕方まで携帯でブログ書き。

DSCF2698.JPG

電池が無くなりかけたので、ドコモショップに移動して充電。

DSCF2699.JPG

おお、ここは他社の携帯も充電できるようになっとる。

DSCF2700.JPG

町中で見つけたレンタル衣装。ねぶた祭りでは、この正装衣装を着ていたら誰でも自由に参加できるシステム。しかし2500円なあ~。買うとヒト揃いで8000円くらいなんだそうで。毎日毎年来る人は買った方がいいと思う。足の痛いヨッシーは踊らないけど。

DSCF2702.JPG

人生初ねぶたの前に大戸屋で腹ごしらえ。ソースカツ丼とビール。大戸屋ってご飯お代わりできたと思ったが、ここはそうではなかった。

DSCF2703.JPG

6時前に場所を取る。自転車から遠ざかるとあとが大変やから、できるだけ歩かなくてすむ近場で済ます。

DSCF2705.JPG

みちのく銀行の反対側くらい。その銀行前では、社員と見られる女性がうちわを配っている。ヨッシーももらいに行って間近で女性を見たいが、足が痛いので我慢する。

DSCF2706.JPG

パイプいすには会社名とか個人名とか書かれていて、全部指定席っぽい。有料なのかな?

DSCF2707.JPG

6時50分、ねぶたがやってきた。明かりが入ると鮮やかだなあ。

DSCF2708.JPGDSCF2709.JPGDSCF2710.JPG

ねぶたと鐘と太鼓がそれぞれセットになっていて、各チーム?が順番に繋がって回ってくるのだ。



鐘の中に浅香唯風を見つけた。あくまで「風」、やからね。浅香唯風はそのほかの人に比べて体の動きがクネクネしているように見える。



もう一度見てみよう。

DSCF2714.JPG

ケア付きねぶた?何かと思えば車いすに乗ってまつりに参加するチームやった。



こんな感じ。



さあ、動いてるねぶたはこんな感じだよ。左右に向きを変えたり動いたりしながら進んでいく。人力で引っ張ってるのだ。山車の前には指示する係りの人がいて、止まったり動いたり右左の動きを扇子の動きでコントロールしとる。

DSCF2717.JPGDSCF2718.JPGDSCF2719.JPG

大きな山車だけじゃなくて、小型のやこんな手持ち型のもある。

DSCF2721.JPG

月がきれいに見える夜やった。

DSCF2723.JPG

だいたいは歴史上の有名な一説や場面が形どられてるが、

DSCF2724.JPG

チョッパーもいる。

DSCF2729.JPGDSCF2730.JPG

やった!ミスねぶたや!あっという間に通り過ぎた行った。左側がいいな。

DSCF2734.JPG

バケト、というらしい。

DSCF2731.JPG

女性作家が初めて作ったという注目の山車。カーブの曲線がきれいなように思う。

DSCF2732.JPG

しかも直線のところもピシッとなってると感じる。初めて見るヨッシーが審査してはイカンケドネ。

DSCF2734.JPG

太鼓の山車。上に乗ってる太鼓はいいけど、左右の2つは歩きながら叩かんとイカン。それでもうまくできるのかな?

DSCF2735.JPGDSCF2736.JPG

あ!次は日本航空のチームや!っつうことは彼女らはスッチー?

DSCF2737.JPGDSCF2738.JPGDSCF2739.JPG

祭りは9時前ぐらいに終わるが、込み合うといやなので少し前に自転車で会場を離れる。たまたま大橋を渡ってると、帰り道の山車を上から見れるところに遭遇。

マエダストアで半額ものをゲットして小腹を満たす。

やっぱり歩いたりしたから足がまた腫れた。氷で冷やしてから寝る。

走行 12キロ 出費 1764円 (弁当、牛肉、ニガウリ、刺身、発泡酒、大戸屋)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

横浜~青森  ねぶたへゴー [東北編]

2012年8月2日 木曜日 997日目

DSCF2654.JPGDSCF2655.JPG

7時起床。蚊帳だけ吊って寝たのは正解。涼しくてよく寝られた。

DSCF2657.JPG

今日も国道279。

DSCF2659.JPG

ずっと右側に陸奥湾が見える道。

DSCF2660.JPG

9時半に野辺地に入る。

DSCF2661.JPG

常夜灯が当時のまま保存されてる。

DSCF2662.JPGDSCF2663.JPGDSCF2664.JPGDSCF2665.JPG

次に立ち寄ったのは野辺地戦争死者の墓所。幕末の頃の話だ。

DSCF2666.JPG

青森まであと39キロ。しかしおかしいな。朝から左足のかかとと、親指の付け根あたりが痛む。どこもぶつけた覚えはないし、関節炎かな?青森までなんとか保って欲しい。

DSCF2667.JPG

さあ~おもしろ看板だよ。なんで開店が6時31分なのかな?1分になんの意味があるのか?

DSCF2668.JPG

そんなんわからん、のポーズ。先を急ごう。

DSCF2669.JPG

1時に浅虫温泉。道の駅でちょっと休む。足はますます痛みだし、歩くときは軽くびっこを引いてしまうほど。なにがどうなってるのか?

DSCF2670.JPG

さあ、国道4号線はバイパス状になって山の中を突き抜けているから、ここからは海沿いに近い旧道をゆく。しかし地図にもその名前が、久栗坂となっているところが気になる。

DSCF2671.JPG

どんだけの坂?こんな坂。そこそこ急なので押して歩くが、足が痛いので超超スローペース。じわじわ上がるしかない。

DSCF2672.JPG

おおお!下りになる。助かった。

DSCF2673.JPG

3時半に青森市内到着。あちこち道路沿いに観客席が作られている。ねぶたは今夜から始まるのだ。

DSCF2674.JPG

場所取りされてるところもあちこちに。

DSCF2675.JPG

さすがねぶた、といった感じで、席が延々と作られてる。

DSCF2677.JPGDSCF2679.JPG

4時前、青森駅に到着。足の痛みのせいでそんなにうろうろ出来ないから写真を撮ったらすぐにキャンプ地へ向かう。

DSCF2680.JPG

フェリー乗り場のそばに、祭り期間のみ開かれる臨時&無料キャンプサイトなのだ。青森市太っ腹。函館のもーさんとここで再会。もーさんは毎年ねぶた参加で、ハネトという踊り手を全日程されるというのだ。元気やなあ。そして中澤くんとも再会。

しかしヨッシーはテントを立てたらもう祭りを見に行く気力が失せ、今日はゆっくりすることに決定。足の痛みが和らぐならと、すぐそばの温泉にゆく。まだ自転車移動ならなんとかなる。

DSCF2681.JPG

あさひ温泉は料金も返さないそうである。なかなか厳しい。

DSCF2682.JPG

390円。しかもこの券売機、新千円札未対応!今頃?気づかずに何回もお札を入れ直してたら番台のおばちゃん、

「お札は入んないからこっちで」

と結局番台でおつりをもらう。さすが料金も返さない温泉だ。新札未対応のままで自分には甘く、他人には厳しい。商人の鑑?かな。

お湯は黒っぽくて完全掛け流し。熱めで足の痛みに利きそうな感じでよかった。

キャンプサイトの隣がスーパーマーケットのマエダストアなのもナイス。買い物してテントで休む。

足が熱を持ってきたようなので、スーパーでもらってきた氷で冷やす。

走行 91キロ 出費 1492円 (アイス、おにぎり、カップめん、もやし、トマト、豚肉、豆腐、発泡酒、温泉)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大間崎~横浜  さらば大間、酢飯とともに旅立つ [東北編]

2012年8月1日 水曜日 996日目



昨夜一歩さんはお疲れやったようで、パーティ中に船を漕いでおられた。早めにテントに戻って休まれたので、元気いっぱいにスタートしてゆく。一日20キロから30キロ歩くそうで、大阪から大間までの間休んだのは数日だけというから鉄人やわ。

DSCF2635.JPG

佐藤選手は北海道にフェリーで渡っていった。中澤君とヨッシーは同時に出発となり、ばんやのしんちゃんに挨拶に寄る。

DSCF2636.JPG

ヨッシーは専用エコ冷庫蔵があるが、中澤くんは無い。嫁のエリコが適当な発泡スチロールを見つけてきて氷も入れてくれる。さらにしんちゃんからは塩ウニの瓶詰めもいただいて有り難い!

DSCF2639.JPG

8時半に大間を出発し、下北半島を太平洋側回りに走る。ほほーお、ニューヨークまで12320キロかあ。ヨッシーはすでに2万キロくらい走ってるはずやから、自転車でも行けるなあ~、とか。

DSCF2640.JPG

名物、いかさまレース場ハッケーン!

DSCF2641.JPG

テレビで見たことある気がする。それぞれのレーンに生きたイカを入れてヨーイドンで速さを競うんだけど、ほっとくと進まないので後ろから棒でイカを突っつくんやったと思う。このときは観光客もおらずひっそりしていたから見学できなかった。

DSCF2642.JPGDSCF2643.JPG

さあああ、暑くなってきたよ~。30度越えで峠越えじゃあ~。

DSCF2644.JPG

鉄道跡?たぶんそう。いまはバスがその代わり。

DSCF2645.JPG

暑いときはコーラ。昔はこんなの飲まなかったが、自転車旅に欠かせないアイテムになってしまった。缶の500が120円なのだ。ヨッシーはペットボトルから飲むより缶のほうが炭酸がシュワシュワする感じがして好きなのだ。

DSCF2646.JPG

え~、北海道でさんざん見てきた注意看板が青森でも並んでござる。大間でもたまに目撃されるので、まだまだ気が抜けにゃい。

DSCF2647.JPG

昼過ぎ、むつ市に入った。即ジブラルタ生命発見。

DSCF2648.JPG

そして郵便局で実家からの荷物を受け取る。

DSCF2649.JPG

これこれ、買っちゃった~。ソーラーチャージャー。いままでも古い奴を改造して使ってたけど、なかなか充電しなかったし。これはアメリカ製のやつで、出会った旅人からこういうのがあるって教えてもらったのだ。モンベルショップで売ってると聞いて、もしやと思って会社に電話して聞いてみたら卸もしてくれる。

ヨッシーはアウトドアショップもやってたので、仕入れ価格で買えるのだ。M社のテントとかエアマットとかではさんざんな目に遭ってるからこのメーカーのは今後は買い控えるつもりやったが、これは製造が
アメリカの全く別の会社で、販売だけM社だから安心や。そこが良い。

しかもいままで出来なかった、エネループ単3単4電池も対応してるからうれしい。定価で12800円。ヨッシーは送料とか込みで9000円くらいで買えた。

DSCF2650.JPG

2時をすぎて暑さ全開。生ぬるい風のなか、青森市内までできるだけ近づいておきたい。ねぶた祭りを見に行くのだ。

むつ市から国道279で南へ。

DSCF2651.JPG

横浜ってところまで行けるかと思ったが、その手前のパーキングで失速。トイレもあるし隣にはコンビニもある。

水道水を頭からかぶってさっぱり。あずまやで晩酌してからそのまま屋根下の床に野宿。

DSCF2652.JPGDSCF2653.JPG

そしてさっそく酢飯で晩ご飯。塩ウニも開けてご飯に乗せたら最高じゃあ~。

走行 74キロ 出費 1176円 (おにぎり、カップめん、発泡酒、レターパック)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大間でゆっくり  手巻き寿司で海鮮乱れ喰い [東北編]

2012年7月31日 火曜日 995日目

いやあ~、起きたら昼前でしたわ。佐藤、中澤両名はしんちゃんのお手伝いで昆布干しに行ってきたそうで、ぐーたら寝ていたヨッシーは「もう首だ」、と言われてしまった。しょぼーん。

DSCF2611.JPGDSCF2612.JPG

朝昼兼用のサンドイッチ。普段はめんどうだからやらないけど玉子も炒りつけて、西洋風のブレクファストやんけ。

じつは昨夜、海峡荘の社長が突然、「よし!明日手巻き寿司やるぞ!」、と、われら旅人3人をパーティに誘っていただいたのだ。なので出発予定だった佐藤中澤くんたちも連泊決定。みんなそれぞれダラダラと過ごす。

DSCF4437.JPGDSCF4438.JPG

3時頃、リヤカーの旅人が到着!大阪の高槻からの小川一歩さん。急坂の連続、仏ヶ浦を越えてきたというからすごい。71歳と自己紹介いただいたが、鋼のような体からは年齢を感じさせない。

DSCF4439.JPG

興味津々でリヤカーを見せてもらう。いろいろ工夫がされていて、ヨッシーはいろいろ聞きまくった。リヤカー後部に角材が縛り付けてあり、その先にタイヤの切れ端が取り付けてある。

これはなに?

「下りで使うブレーキ」

なるほど。確かに下り坂ではリヤカーがドンドン後ろから押してくるから、その勢いを手や足の力だけで止めるのは大変すぎる。なので角材が地面をこするようにしながらスピードコントロールするんだと。

なるへそー、である。

さらに上り坂用に、ウインドサーフィンのハーネスみたいなベルトが取り付けてあり、ランドセルみたいに両肩にベルトを通してリヤカーを引っ張れるようにしてある。たしかに手だけでリヤカーのバーを押すより楽そうだ。ヨッシーも急坂では8割以上押して歩いてるから、こういうのがあれば楽かも。

DSCF4440.JPGDSCF4441.JPG

一歩さんも手巻き寿司に参加できることになった。大間の人は気前がいい。中澤君とか佐藤選手とかと記念撮影。夕方まで暇やねん。

ちなみに佐藤選手もブログをやっていて、彼はちゃんとその日のをその日に書いてるのだ。ネ申!滞りまくりなヨッシーからすると、イム!そのブログタイトルとアドレスはここだ。

自転車 日本一周記
http://japanwogurutto.blog.fc2.com/

DSCF2621.JPG

さあ待ってました!海峡荘の一角に設けられたパーティ会場。

DSCF2622.JPG

ちゃんとウニとイクラも添えられている。

DSCF2624.JPG

マグロの漬け。大量!

DSCF2625.JPG

酢飯の上にイクラ乗せ。うまああああああ~。

DSCF2627.JPG

手巻きのコツは、酢飯や具を欲張らずに加減して乗せること。って解ってるけどいつもできない学習しないヨッシー。

DSCF2628.JPG

ウニも酢飯にのせていただく。ぜいたく!

DSCF2631.JPG

みんな笑顔で大満足。

DSCF2632.JPG

余ったマグロや酢飯などはそれぞれ好きなだけパックに詰めて持ち帰りさせてもらう。明日からの食料にはしばらく困らないだろ。ちなみに写真はヨッシーのじゃなくて佐藤選手の。3日は保つな。

またしても酩酊して就寝。

走行 8キロ 1038円 (総菜、発泡酒、温泉
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大間でゆっくり  歓迎会&冒険家との出会い [東北編]

2012年7月30日 月曜日 994日目

DSCF2587.JPG

昨日スーパーで買っておいた半額メロンが朝ご飯だ~。くうう~~、リゾートみたい。

しっかし函館から大間なんてフェリーで1時間半だし、天気のいい日はお互い目視できるくらいの位置なのになんだか蒸し暑い。やっぱりもう少し涼しくなるまで北海道で過ごすべきやったんちゃうの~?ともう一人の自分が頭の中でささやく。

DSCF2588.JPGDSCF2592.JPG

もう戻られへんもん、と否定しておいてから愛車のメンテにとりかかる。まずは前ハブベアリングのグリスアップ。もう何回もやってるからお手の物。

DSCF2593.JPG

それからリムテープの交換。

DSCF2594.JPG

硬化してスポークの取り付け穴にへこみができている。

DSCF2595.JPG

ぺろっと剥がしてぺろぺろっと交換。

DSCF2596.JPG

後ろタイヤのリムテープも交換。なんか頭上から音がするなと見上げたら、

DSCF2597.JPG

飛行船じゃあーりませんか!

DSCF2598.JPG

乗ったこと無いけどどんな感じなんやろか?飛行機みたいに速くない分じっくり下界を観察できそう。

DSCF2599.JPG

続いてチェーンの交換。

DSCF2600.JPG

これもぺろぺろっと外して、ぺーろぺっぺと付け替える。

DSCF2601.JPG

ビューティホー。

ちょうどお昼になったとき、チャリダーが到着。静岡から日本一周の佐藤選手だ。自転車店のユニホームっぽいポロシャツにネームプレート。なんじゃろかと聞いてみたら、出発直前までアルバイトしていたお店のものだとか。自転車にもこだわりがあるようで、彼の愛車は外車なのだ。値段も軽自動車が買えるくらい。すげえ~。ちょうど腹が減ったので、一緒にお昼を食べに海峡荘へ。

DSCF2602.JPG

できるだけお金を使う意味で、マグロ刺身定食2000円をいただく。ゴーカじゃあん!

DSCF2603.JPG

この時期は大間ではマグロはあがらないから、他の漁場のが出されるという人もいるがそれは間違い。ちゃんとお店の裏で解体しているのを見ているのだ。

ご飯お代わりは有料で200円やったが細かいことは言わない。

今日はしんちゃん主催でヨッシーの歓迎会をしてくれる。佐藤選手も誘って良いかと聞いたら即OKやった。さすが旅人の味方しんちゃん。

DSCF2604.JPG

しんちゃんと海峡荘共同で店舗を構えているそうで、白いテントがその場所。観光バスがつくとわらわらとお客さんがやってくる。そうなるとヨッシーの居場所がなくなるので近所を散歩する。

並んでる民宿の駐車場に、大型のカヌーを積んだ車を発見。興味津々で近づいて話を聞くと、海峡横断の冒険家をサポートしている天田さんという人だった。

ヨッシーは知らなくて申し訳なかったが、五十嵐憲(いがらしけん)という人で、ロシアのバイカル湖や対馬海峡、宗谷海峡など多数の実績を上げている冒険家なのだ。今日は大間から北海道までの横断にチャレンジしたが、潮が強すぎて失敗したそうである。カヌーはそれを補助的にサポートするために持ってきたが、2人乗りなのに漕ぎ手が急に来れなくなり、サポーターの天田さん一人になったため使用できなかったとか。

なんだ昨日出会ってたらカヌーくらい乗れたのに、とお互い残念がった。

DSCF2606.JPG

お風呂あがりの五十嵐さんに紹介してもらい記念撮影。今後の五十嵐さんのチャレンジで、ヨッシーがサポートできることがあればいいですねと握手してお別れする。

さあ!本番の宴会だ!佐藤選手も一緒に参加。

DSCF2613.JPG

サザエあり、刺身あり、生ウニあり、

DSCF2614.JPG

そしてアワビあり!昆布につけておいてそれを刺身でいただくスタイルは初めてやけどナマラうまい!いや、だいたいアワビなんて人生でそう何回も食ってない。うまくて当たり前。漁師の宴会はすげえ~。

その後食事が余りそうなので、キャンプ場にいって目のあった男、バイクで日本一周中の中澤くんを拉致して来た。

全員満腹で宴は9時頃お開きになった。大間にしんちゃん有り、である。

走行 0キロ 出費 2200円 (マグロ刺身定食)
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大間でゆっくり  夏祭りでフィーバー! [東北編]

2012年7月29日 日曜日 993日目

DSCF2545.JPGDSCF2546.JPGDSCF2547.JPG

なんとなく4時に目が覚めて、海を見に行ったらまさに日の出の瞬間やった。3文の得。

偶然にもまた昨日の杉本さんと一緒になった。じじいになると早起きになるのよ~。

大間崎の無料キャンプサイト。大間に来たのは3年ぶりなのかな?前回は自転車旅を始める直前、東京に住んでたとき東北バイクで旅できるのも最後かもしれんと思って回ったとき。

ブログにも書いたが、大間崎でバイクが壊れてエンジンがかからなくなり、困ったところを助けてくれたのが海峡荘の社長と漁師のしんちゃんなのだ。

自転車旅が始まった頃、しんちゃんは頻繁に電話をくれて旅の進み具合を聞いてくれた。しかし超スローペースなため、九州で足踏み状態だったことから、「いったい大間にいつ着くの?」、とあきれられてたわけで。

DSCF2552.JPG

待たせて待たせてやっと今日なのだ。しんちゃんのお店である「ばんや」に行くと、いまは少し駐車場に近いところで商売してると教えてもらった。

DSCF2554.JPG

とくに予定のないヨッシーは、まずは岬の観光案内を覗く。休日は津軽三味線のおっしょさんが来て演奏してくれる。

一節聞いたあと、三味線を持たせてもらい、少し弾かせてもらった。いやあ、初体験やったけど、すごい力いるわ。慣れてないのもあると思うけど。そしておっしょさんと記念撮影。

DSCF2555.JPGDSCF2556.JPG

売店を冷やかして。

DSCF2557.JPGDSCF2558.JPG

ニューばんやに顔を出し、マグロ500円ウニ2つで500円。白いご飯を150円でもらって、

DSCF2559.JPG

ウニ丼プラスマグロ刺身の昼ご飯~!

DSCF2560.JPGDSCF2561.JPG

しんちゃんの嫁がウニを1パックサービスしてくれたのでいい盛りになった。

そしてたまたま今日の夕方から、近所の夏祭りに行くからと誘われて参加決定。

DSCF2562.JPGDSCF2563.JPG

時間があるので温泉に行く。キャンプ場から自転車で15分。保養センターは370円。透明なお湯がたっぷりやった。

DSCF2564.JPG

さあ、しんちゃん嫁のエリコの運転する車で出発だ。どこまで行くかは知らんけど、流れるままに身をまかせるのも気持ちよいもんだ。

DSCF2565.JPG

途中何人か拾っていく。隣に乗ったのは二十歳のミキ。ちょこっと不思議ちゃんの匂いがするよ。ミキの青森弁が新鮮な感動。

DSCF2566.JPG

会場には30分くらいで到着。

DSCF2567.JPG

受付で抽選券をもらう。ショーの最後に豪華賞品が当たるらしい。

DSCF2568.JPG

おー、なんだか思ったより立派。人もたくさんいるし。ここは大間の隣、風間浦村の老人ホームなのだ。

DSCF2569.JPG

ちゃんとしたステージがあって、民謡やヨサコイ踊りなどの出し物がある。

DSCF2570.JPG

焼き鳥一本50円。

DSCF2571.JPGDSCF2572.JPG

その他も100円とか200円と格安なうえ、生ビールが一杯150円!普通は500円やで!

150円!呑むしかない!

DSCF2573.JPG

こんな感じ~!

DSCF2574.JPG

出し物はアマチュアさん達が普段の成果を発表してる感じ。

DSCF2575.JPG

なんで足袋の足下を寄りで撮ったかは不明。もうかなり酔っぱらってる。

DSCF2576.JPG

おじさんがピンカラ兄弟みたいやったが、歌ではなくてあくまで古典の踊り。

7時頃に祭りは終わり、抽選はハズレたがもれなくティッシュ5箱がもらえるのだ。

8時前にはキャンプ場まで送ってもらったが、かなり前後不覚でテントに入ったら即寝てた。

走行 5キロ 出費 5353円 (インスタントラーメン、米、食パン、ハンバーグ、メロン、野菜、豆腐、ウニ、マグロ、発泡酒、祭りで飲食)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大沼~函館~大間  サラバ北海道 [北海道アフターニセコ編]

2012年7月28日 土曜日 992日目

のんびりゆっくりキャンプ撤収。今日の予定。函館までもどり、夕方の大間行きフェリーに乗る。とうとういよいよまあまあそこそこ長くいた北海道とサヨナラするのだ。結局1年間北の国をうろうろしたことになる。それでもまだ行きそびれたところもあるので、また帰ってくるやろう。

DSCF2502.JPGDSCF2503.JPG

来たときと同じ国道5号線。なんだ巨大な山小屋風が建ちよると思ったら、ラッキーピエロの総本山?もうすぐオープンだ。

DSCF2504.JPG

またわき水汲んで。

DSCF2505.JPG

そしてお昼ご飯はまたしてもココリベンジ。前回休みで食えなかったのはこのお店なのだ。だからホントのリベンジ。

DSCF2506.JPG

まあ500円の定食を食うだけなんだけどね。

DSCF2507.JPG

今回は唐揚げ定食にした。ボリューム満点でよろしい!大門店ではイカ刺し定食にして失敗したが、これならご飯ももりもりお代わりできる。ご飯3杯味噌汁3杯イッタダキマシタアア!

DSCF2508.JPG

近道ルートを通ってフェリー乗り場方面に。

DSCF2510.JPG

そして本州に渡る前に激安スーパーで買い出ししておく。

DSCF2511.JPG

そうそう。北海道でしか飲めないクラシックも買っとこうね。そのあと郵便局でお金を下ろしていたとき、そこで声をかけてくれた若者に頼まれ人生相談をする。残念ながらフェリーの時間があるので30分くらいしかお話できなかった。

DSCF2512.JPGDSCF2513.JPG

4時過ぎにフェリーターミナルへ。

DSCF2515.JPG

大間まで自転車と人で3200円。

DSCF2516.JPG

これに乗るのだな~。

DSCF2517.JPG

さらば函館山。登れなかったからまた来るよ~。

DSCF2518.JPG

乗り場へ行くとそこにはもう一人中年チャリダーがいた。当然お話しする。

DSCF2520.JPG

チャリを積み込み、

DSCF2521.JPG

船内でチャリダーと同じ席に座る。ヨッシーと全くの同い年の杉本さん。日本縦断をして沖縄まで行く予定。しかも杉本さん、脱サラして来年沖縄にゲストハウスをオープンさせる予定なんだとか。美ら海水族館のすぐそばに現在建設中。宿の名前は、「あがいてぃーだ」。沖縄言葉で朝日の意味。

DSCF2525.JPGDSCF2527.JPGDSCF2528.JPG

船は出てく~。さよなら北海道。



DSCF2529.JPG

杉本さんに、糸を結んでくださいと言われる。旅で出会った人にお願いして、好きな色の糸をどんどん繋げてもらうんやと。沖縄にゴールするまでにどんな長さになるか楽しみやねえ。

DSCF2530.JPGDSCF2531.JPGDSCF2532.JPG

6時半、夕暮れの大間が見えてきた。

DSCF2533.JPGDSCF2534.JPGDSCF2535.JPG

7時前に港に接岸。杉本さんの泊まる宿を聞いたところ、偶然にも海峡荘だった。海峡荘の社長には、ヨッシーが東北バイク旅の時にお世話になったのだ。

DSCF2538.JPG

杉本さんと一緒に大間崎まで走り、そして記念撮影。ヨッシーは無料キャンプ場にテントを張って寝た。

走行 49キロ 出費 5351円 (油、ジンギスカン、枝豆、サラダ、もやし、豆腐、バナナ、発泡酒、居酒屋ココ、フェリー代、手ぬぐい、パーツクリーナー、フリーザーバッグ)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

駒ヶ岳トザーン 27年ぶり [北海道アフターニセコ編]

2012年7月27日 金曜日 991日目

DSCF2459.JPGDSCF2460.JPGDSCF2461.JPGDSCF2462.JPG

8時40分、テントはそのままにして空荷の赤い流星号で駒ヶ岳登山に向かう。その前に北川商店の洗濯機を下見。ピカピカ新品のが2台もある。携帯の充電もできるようになっとーる。ちゃんと鍵もかかるし。山から戻ったら洗濯しよう。

27年前は、テントサイトで友達になった奥井くんと二人で駒ヶ岳に登った。その当時はキャンプ場から直接徒歩で登ったと記憶しているので同じルートを通りたかったが、現在は噴火活動のために登山口は一つしかない。だからまず登山口まで自転車移動せねばならんのである。

さて、バイク旅だったヨッシーだが奥井くんはチャリダーやった。今でこそヨッシーもチャリダーなのであるが当時は、(自転車で旅するなんてしんどいこと絶対無理)と思っていたのである。人間変われば変われるのだ。

DSCF2463.JPG

近道して山の中をゆく。ちゃんと近道になるのか?

DSCF2464.JPG

道間違ってないか~?と心配になってきたころに目印がある。

DSCF2465.JPG

しかし道はフツーの田舎道。

DSCF2466.JPG

北川商店に置いてあった近隣マップがたより。たぶんこっちやろう。

DSCF2467.JPG

駒ヶ岳が見えてるから大丈夫そう。

DSCF2468.JPG

ゲートから先が本格的坂道の始まり。

DSCF2469.JPG

約30分の登りで次のゲート。ここからは未舗装なので、自転車はここにデポする。

DSCF2470.JPG

行く手に雲がかかっている。天気保てよ~。

DSCF2471.JPG

山頂あたりにも雲が。

DSCF2472.JPG

未舗装やけど自転車でも上がれんことはないが、チェーンやギヤを砂埃まみれにすることもなかろう。

DSCF2473.JPG

徒歩15分。本来の登山口である駐車場に到着。みんなはここまで車で来る。受付に登山届けを出してここからやっと山登りなのだ。

DSCF2474.JPG

いままでの未舗装道路とそないに変わらん登山道。

DSCF2475.JPG

振り返れば大沼と小沼が見える。もうすでにずいぶん高いところにいる。

DSCF2476.JPG

歩き始めて40分で9合目。もう9合目かい!

DSCF2478.JPGDSCF2479.JPGDSCF2480.JPGDSCF2484.JPGDSCF2485.JPGDSCF2486.JPG

11時30分。馬の背到着。本物の頂上はまだ先やけど、噴火活動のため現在はここまでしか登れない。27年前はもっと上まで行った記憶あり。ちなみに当時の写真

鉄馬0035.JPG

奥井くんとはこの登山の翌日別れたが、元気にして居るであろうか。

DSCF2481.JPG

昨日炊いたご飯に缶詰でお昼ご飯。

DSCF2487.JPG

小一時間ほど眺めなどを楽しんで下山。自転車でぴゅーと降りて、入浴施設のちゃっぷ林館へ向かう。道ばたにちっこい馬がつながれていた。草を食ってたので例によって、「おいしい?」と聞いたらじっと見つめられた。

DSCF2488.JPGDSCF2489.JPGDSCF2490.JPG

入浴は400円だ。受付の若奥さん風がここの看板娘っぽい。

DSCF2491.JPG

ロッカーは10円。でも使用後返却される。

お湯はさらっとしている。露天風呂が気持ちよかった。

DSCF2492.JPG

ここはいいね。60円でアイスが買える。もちろんブラックをチョイス。

DSCF2493.JPG

帰りは違う道を通り、まず国道5号を左折。

DSCF2494.JPG

道道43で近道だ。

DSCF2495.JPG

大沼でもカヌーを楽しんでいる人は多い。小さな島があちこちにあって面白そうである。

DSCF2496.JPG

セブンイレブンで買い物してからキャンプに戻り、洗濯してくつろぐ。

DSCF2497.JPGDSCF2498.JPGDSCF2499.JPG

晩ご飯はカット野菜とハンバーグ。どちらも冷凍で100円。

DSCF2500.JPG

こんなふうになった。

風が心地よいキャンプ場である。長逗留しているキャンパーもいるみたい。しかも北川商店さんは、洗濯機と携帯充電だけでなく、毎朝ゴミの回収もしてくれるのだ。なんちゅうありがたいことよ。

走行 49キロ 出費 652円 (枝豆、ハンバーグ、野菜、発泡酒)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。