So-net無料ブログ作成
検索選択
2009年11月より、実家の兵庫県西宮市を自転車で出発。九州から沖縄に渡り、徳之島、奄美大島、屋久島へ。鹿児島に舞い戻って約1年を九州で過ごし、2011年7月にやっと北海道に上陸。ほぼ全道を走った後ニセコのスキー場で働きながら春を待ち、2012年8月に函館から青森へ。秋田、新潟、福島、岩手、宮城、茨城、そして千葉、東京へ。まだまだ旅は続くのだ。足跡&コメントはこちらから。フェイスブックはヨッシー松田で検索。ジャストギビングを通して、チャレンジボランティアも実施中 http://justgiving.jp/c/1386

ソネットブログはデータ量が1Gしか使えない。なので過去のブログを読みたい人は、いくつかのサイトを行き来して読んでもらわなアカンのですわ。スマンことです。

旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2009年11月~2010年7月) http://tabibito1.blog88.fc2.com/

その1~ 旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2010年7月~2011年8月) http://tabibito843.blog.so-net.ne.jp/

                  

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
クリックねえ!

現在地情報など [現在地情報など]

PH_907.jpg

まいど。8月の大間崎から日本海側を走り、新潟まで移動。会津若松経由、猪苗代湖経由で郡山まで。そしてこんどは国道4号線をひたすら北上して青森県まで戻ってきました。

わかってるって。わかっとるよ。ブログが止まってるって。

今日は八戸まで走り、いよいよ明日から被災地を行きます。雪が降る前までに関東までたどり着かねば。ひたすら走るばかりで体も疲れ気味やけど、なんとかごまかしながら進むっす。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大間にて  フェスティバール [東北編]

2012年8月14日 火曜日 1009日目

フェスティバール!そう、再び大間に帰ってきた目的の一つに、今日のマリンフェスティバルがあったわけで。



5時過ぎに目が覚めたので大間崎に海を見に行く。といってもテントを出て海峡荘の横を歩き、海岸通を横切ればそこが岬なので徒歩40秒ですが。

DSCF3107.JPG

北海道がくっきり見える。ジモティのおばちゃん曰く、北海道や水平線までくっきりはっきり見えることは年に何回も無いらしい。でももう今年3回くらい見てますけど。運がいいってことかな?

DSCF3109.JPGDSCF3108.JPG

信ちゃんのお店は白テント。9時前には開店する。お盆でバスや車の観光客がわんさかやってくる書き入れ時やもんなあ。ウニ、マグロ、昆布を商っている。チュウさん夫婦は一日中ここでお手伝いしているのだ。特に奥さんは素人ではない。うまいことお客さんを呼び込んでバンバン売るのだ。

DSCF3110.JPG

余り物炒めで冷やご飯をかっこみ、フェスティバルに出撃する。

DSCF3112.JPG

ヨッシー大好き試食コーナー。

DSCF3113.JPG

もずく。大間では、「もんじょぐ」、というらしい。字に書けばもんじょぐだがこんな表記ではない発音なので、何回か

「ボンジョビ?」

と聞き返した。

DSCF3114.JPG

なんかお餅みたいなやつ。

DSCF3115.JPG

マグロ無料配布の行列準備されとる。

DSCF3116.JPG

お!もう場所取りしてるやんか。きっとこれはマグロ解体ショー。ヨッシーもすぐさま場所を取る。

しかしなんかおかしい。時間も過ぎとるし。そこに場内放送。

「なんとか戦隊なんとかレンジャーショーをお待ちのみなさま~」

え?あ!どおりで子供連れのファミリーばっかしやわ。ヨッシー浮いとるし。そーっとそこを離れてウロウロしたら、ちょっと遅かったが解体ショー発見。

DSCF3117.JPG

もう1匹目の解体終わっとるし。

DSCF3118.JPGDSCF3119.JPG

少し小さめの2匹目は間に合った。

DSCF3120.JPGDSCF3121.JPGDSCF3122.JPG

解体したのは流れ作業で無料配布用のパック詰めに回される。すごい手際の良さ。見る見るうちにパックの山が出来てゆく。

DSCF3124.JPG

次は舟競争。男女別に戦われ、優勝チームには金20万円?やったかがもらえるのだ。

DSCF3125.JPG

まずは女子チームの予選。

DSCF3126.JPG

緊張のスタート!

DSCF3127.JPGDSCF3128.JPG

しかし!あれあれ?風で押し戻されてまっすぐ進まんぞ。ま??もに進んでる舟が一艘もない。ブイまで行ってUターンしてスタート地点に戻るコースなんだが、まずブイまでたどり着けない。勝手に後ろ向きになってしまい、そのまま今度はバックでブイを目指すチームもあるやん。大笑いでっせ。

近くで観戦してる地元の若者たちなんかは、知り合いが出場してるらしくてバカウケにウケてた。

DSCF3129.JPG

10分以上かけてやっと先頭がゴールした。最後の一艘は棄権扱い。あーオモロかった。

DSCF3130.JPG

あ!油断してたらマグロ配布に行列が!あわてて後ろにつく。

しかし暑い!炎天下に日陰なし。まだ予定時間まで40分もある。



我慢に我慢して、やっと配布開始。一人1パック。

DSCF3133.JPG

よっしゃー!けっこう入っとるで。

2回目並ぶか考えたが、列の長さが尋常じゃないのであきらめた。ビールとともにマグロをいただく。

DSCF3134.JPGDSCF3135.JPG

そして日野美香ショー。なんでこんな人を呼べるかというと、原子力マネーなんですわ。

DSCF3136.JPG

歌声を満喫したあと、一度キャンプに戻り自炊で晩ご飯。アスパラ入り焼きそば。

DSCF3138.JPG

時間にあわせてまた港の会場に戻る。花火があるのじゃ。自転車は便利やわ。駐車スペースも苦労なしやし。





動画で花火をお裾分け。そこそこ豪華やん。さすが原子力マネー。

9時過ぎに岬に戻り、飲んでる信ちゃん達のところに顔を出して、明日大間を出発する旨を伝える。

走行 17キロ 出費 991円 (巻きずし、発泡酒、屋台)
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大間にて  雨&新アイテム到着 [東北編]

2012年8月13日 月曜日 1008日目

DSCF3087.JPG

天気予報通り、雨が降り始めた。

DSCF3088.JPG

しかしビックリするくらいザンザン降りやんか。炊事棟でブログ書いてる最中も大粒の雨。

DSCF3089.JPGDSCF3090.JPG

昼頃そーっと見に行ったらさすが盆休み期間だけあって、傘さして観光してはる。

DSCF3091.JPG

ランチは安売りでゲットした冷やしラーメン2人前。夏っぽくていいわ。外は雨やけど。

DSCF3093.JPG

4時頃やっと雨がやみ、温泉に出動。今日はいつもの保養センターじゃなくて、その先の熱い方のお風呂。養老センター。

DSCF3094.JPG

漁師さんはこっちの熱い方をお好みだそうである。

男湯用の玄関がある。と思って入ったら、中でまた一緒になってるし。

350円なり。

盆休みが関係あるか知らんが、滅茶混みやった。湯船じゅうオッサンが芋洗い状態。もちろん自分もそのオッサンの一人。

DSCF3097.JPG

温泉の帰りには最寄りのヤマト運輸に。実家から送ってもらった自転車用リヤカーを受け取る。

DSCF3098.JPG

電話で頼んではみたものの、そこそこの大きさがあるのでオカンがちゃんと梱包できるのか?大丈夫か?と心配してたがこのような形に。

DSCF3099.JPG

取り出すとこんな感じ。

DSCF3100.JPGDSCF3101.JPG

組み立てて取り付けてみる。6~7年前にアメリカから個人輸入で買って持ってたが、今回の旅では使用してなかったのだ。しかしこのところの積載荷物の多さなどに鑑みて、一度使ってみることにしたわけで。さあどうなることやら。

DSCF3102.JPG

安かったアスパラと肉もやしいため。

DSCF3104.JPGDSCF3105.JPG

信ちゃん、チュウさんと飲む。今日は山口県岩国出身の海峡荘バイト、あつしくんも参加している。彼ももとは旅ライダーで、バイクで大間にたどり着いてから縁あって海峡荘で働くようになっている。

走行 8キロ 出費 2842円 (唐揚げ、焼きそば、もやし、桃、枝豆、フライ、豚肉、バナナ、アスパラ、玉子、発泡酒、焼酎、温泉)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大間にて  脱力の日 [東北編]

>2012年8月12日 日曜日 1007日目

やや二日酔い。でも生きてる証拠や。

DSCF3078.JPGDSCF3081.JPGDSCF3082.JPG

恒例のマグロ解体が始まる。海峡荘の大将がさばき、それをお盆に乗せてパートのおばさんたちが走る!20mほど離れた場所にある別館の冷蔵庫まで走る!

歩いてはいけないのかな?それにわざわざ離れたとこで解体しないで、別館の近くでやってもええと思うのだが。

DSCF3083.JPG

12時前にレイが旅立っていった。また会おう。縁がある人、あまり無い人がある。どこで分かれるのか?何がそうさせるのか不思議である。レイとは縁があったんだなあ、と思う。

DSCF3085.JPG

夕方は久々にお好み焼きをする。

DSCF3086.JPG

うまい!そのご信ちゃんのところで、和歌山から来たチュウさん夫婦と飲む。

チュウさんたちも、最初は単に観光で大間にきたのだが、信ちゃんと出会ってから毎年のようにやってきては何週間もここで過ごすのだそうだ。

走行 0キロ 出費 1083円 (とうふ、キャベツ、弁当、冷麺、豚バラ、発泡酒)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

仏ヶ浦~大間崎  レイと再開&お祭りでフラフラ [東北編]

2012年8月11日 土曜日 1006日目

晴れ。ここらは猿の生息北限だそうで、昨夜は熊か猿か、あるいは両方現れるかと思ってたが静かな夜やった。6時半に出発。

DSCF3012.JPG

今日はなんとしても大間までたどりつきたい。しかし道はまだまだ登りなのだ。

DSCF3013.JPG

猿の集団発見。やっぱおるんや。

登りで自転車を押していると、またしてもアブが足まわりに絡みついてくる。頭もたまに刺されるので、手ぬぐいで頬被りスタイル。足はカバーできないので例によって歩き続ける作戦。なぜかアブは動かしてる足にはトマらないで、回りを飛び回るだけなのだ。しかしこれは疲れる。

休みたくても休めない。頭からだらだら汗を流しながらゼーゼー息を切らせておるのに、アブどもの数匹はサイドバッグにたまにトマって休んでやがる!くそーーーー、腹立つ~~~。

なのでたまにつま先で軽くバッグを蹴って、

「アホか!休むな!」

と追い立てねばならん。早くアブの季節が終わらんかな~。

下りになって海のそばの松浦まで走り降りる。ここは田舎歌舞伎で知られているところだが、再びここからまた登りが始まる。仏ヶ浦侮るべからず。

DSCF3014.JPG

出発から2時間後。やっと写真を撮る余裕ができた。

DSCF3016.JPGDSCF3017.JPG

願掛け岩というらしい。ここを過ぎたらやっと海岸際を走る水平ルートになった。どうやらここで坂道地獄は終わりらしい。

DSCF3018.JPG

9時40分、大間町に入った~。

DSCF3019.JPG

港の横に建設中の原発が見えた。

DSCF3021.JPG

近くまで行ってみてびっくり。すぐ横に家が建ってるやん。あちこち原発を見てきたが、こんなあけすけな状況は初めてや。

DSCF3022.JPG

早朝から頑張ったのですでに空腹。大間のマエダストアで弁当を買い食い。

DSCF3023.JPG

岬に行ってみるとお祭りやってる感じ。

DSCF3026.JPG

まずは岬で記念写真。後ろのカップルが写り込むのを承知で撮ってみた。誰なんやろ~。

DSCF3027.JPG

ここでも海に向かって神事が執り行われてる。

DSCF3028.JPG

動画予定)

反対側に回ってみたら、見た顔が鐘をたたいてる。

DSCF3030.JPGDSCF3031.JPGDSCF3032.JPG

信ちゃんの息子のリョウやんか。彼はヨッシーが大間に帰ってきてるのを知らないはずやから、わざとそばに寄って写真を撮ってやった。こっちを見つけてちょっと恥ずかしそうにニヤリと笑った。

DSCF3033.JPG

その後大間漁師の信ちゃんに帰還の挨拶をしてからテント張って温泉に行って海をみる。今日は北海道がよく見える。

DSCF3034.JPG

函館山も見える~。そして今日は旅人のレイと合流するのだ。レイとは新潟で一度、その後北海道の留萌でも再開したチャリダーである。その後彼はゴールして学生の本分である勉強に勤しんでおったはずなのだが、今回はバイク東北を回ると言うことで連絡があった。

DSCF3035.JPG

6時前にレイが到着。彼も仏ヶ浦を回ってきたと言うが、バイクなのでさすがに速い。

大間崎で一緒に記念撮影の~

DSCF3037.JPG

そのあと信ちゃんの飲み会に参加しーのウニを食べさしてもらいーの、

DSCF3038.JPG

さしみ食いーの、

DSCF3040.JPGDSCF3041.JPGDSCF3042.JPGDSCF3043.JPG

その後お祭りに繰り出す。どこにこんなに人がいたのか!しかもギャルが!っちゅうくらいの人混み。

DSCF3044.JPG

はぐれたらあかんよー、と言われた5秒後にはぐれた。かまわずレイとウロチョロする。

DSCF3045.JPGDSCF3046.JPGDSCF3047.JPGDSCF3048.JPGDSCF3049.JPG

なんか上の方の神社に奉納するみたい。

DSCF3050.JPG

勝手にずーっと階段を上がってついていった。

DSCF3051.JPGDSCF3052.JPGDSCF3053.JPG

すると山車にのっかってた御神輿?の部分だけを外して階段を上がってきた。山車ごとどうやって上がるんや?と思ってたから納得。

DSCF3055.JPG

さらに分解される。屋根を持つ係りの若者たち。

DSCF3056.JPGDSCF3059.JPG

御輿に乗ってた人形も一度分解されてから神殿に入る。ちょっと不気味。

DSCF3060.JPG

また階段を下りたら御神酒が振る舞われてたから、3回くらいお代わりしたら足腰がふらふらしだした。

DSCF3061.JPGDSCF3062.JPGDSCF3063.JPGDSCF3069.JPGDSCF3073.JPGDSCF3074.JPGDSCF3075.JPGDSCF3076.JPG

その後は酔いにまかせて写真を撮りまくるが訳が分からん。来るときは信ちゃん嫁の運転で来たが、どうやら置いて行かれたようなのでレイと歩いて帰る。

フラフラしながら約40分かけてテントにたどり着く。

走行 51キロ 出費 1664円 (のり弁当、枝豆、唐揚げ、発泡酒、温泉)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

外ヶ浜~脇野沢~仏ヶ浦  ヘロヘロ [東北編]

2012年8月10日 金曜日 1005日目

管理人が来る前に撤収してたら近所の散歩老夫婦に話しかけられる。正確にはじいさんのみが話をして、ばあさんはとっとと帰って行った。

戦争の時は呉にいたとか横須賀でも訓練したとかの話し。最後にゴミがあったら持ってってやろう、と言っていただく。これは助かる。どのみちどこかで捨てるのだが、そこまで持ち歩く必要がなくなる。

DSCF2939.JPG

下北の顎の下、脇野沢行きは9時40分発。

DSCF2940.JPG

自転車と人で2240円也。

DSCF2941.JPG

自転車を積み込んでたら、係りのおっちゃんがこないだはリヤカーの人がいた、と言う。一歩さんや!大間で出会った小川一歩さんもこのフェリーで渡ったのだ。

DSCF2943.JPGDSCF2944.JPGDSCF2945.JPG

船は出て行く~。

DSCF2946.JPG

船内で通行止め解除情報発見。じつは大間にいたときに聞かされてた通行止めやったが、なんとタイミング良く今日から昼間だけ解除されるんだと。

DSCF2947.JPGDSCF2948.JPGDSCF2949.JPG

10時半に脇野沢に到着。

DSCF2950.JPG

さびれた商店街に小ましな商店を見つけ、買い出しをしておく。難所の仏ヶ浦は一日で越えるのは無理。途中で泊まることを考え、パンなどを多めに買った。

DSCF2951.JPG

国道338の始まり~。

DSCF2952.JPG

ここにも立て看板が。よしよし、昼間は通れるな。行ってからダメとは無しやで。

DSCF2953.JPG

走ってたら親切な村人が通行止めを教えてくれるが、今日から昼間解除になったのを知らなかったようで。

DSCF2955.JPG

大丈夫やな

DSCF2956.JPG

さあさあ上り坂はぐんぐん続くよどこまでも。走ったり押したりしながら、天国まで続くかと思われる登りをゆく。

DSCF2957.JPG

崩れとるけどここじゃないみたい。

DSCF2958.JPG

指の先にも道が続いてる。くねくね曲がりながらどんどん上ってゆく。

DSCF2959.JPGDSCF2960.JPGDSCF2961.JPGDSCF2962.JPG

まだまだ登る。見よ、右に行ってまた左に行って右に登っとるやろ。

DSCF2964.JPGDSCF2966.JPG

2時間10分で展望台みたいなとこに着く。

DSCF2967.JPG

そりゃ汗も流れたとです。ストレートなネーミングやなあ。

DSCF2968.JPGDSCF2969.JPG

流汗台からはほぼ平行になり、走って進める。通行止め箇所はどうやらここ。いまも地滑りセンサー付きやん!

DSCF2970.JPG

このあとぎゃんぎゃん下り、交差点到着。これで登りは終わったわけではない。ここを左折したらまた登るのだ。

DSCF2971.JPG

1時間20分登って仏ヶ浦の駐車場に着いた。もうかなりヘロヘロである。

DSCF2972.JPGDSCF2973.JPG

駐車場にはトイレがあり、ここの水が冷たくて美味しかった。先述の??歩さんも仏ヶ浦で一泊したと言ってたがここでかな?

DSCF2974.JPG

でもくまさん出るしな。

DSCF2975.JPG

せっかく来たので遊歩道を降りて見る。

DSCF2976.JPGDSCF2978.JPG

杖が常備されとる。ありがたい。

DSCF2979.JPGDSCF2980.JPG

階段。足の筋肉がプルプルいうがな。

DSCF2983.JPG

おお、見えてきた。

DSCF2984.JPGDSCF2985.JPG

なるほど、仏さんが立っとるように見える。

DSCF2988.JPGDSCF2989.JPGDSCF2995.JPGDSCF2996.JPGDSCF2997.JPGDSCF2998.JPGDSCF2999.JPGDSCF3001.JPG

暗くなる前に戻らんと。観光はそこそこにして階段を上がる。

DSCF3002.JPGDSCF3003.JPGDSCF3004.JPG

さっきの駐車場は暗いので、もう少し先の駐車帯までもう一踏ん張り。

DSCF3005.JPGDSCF3005.JPG

きれいなトイレあり。

DSCF3006.JPGDSCF3007.JPGDSCF3008.JPGDSCF3009.JPGDSCF3010.JPG

眺めよし。

アブが多くて閉口する。テントを張って蚊帳も張る。

米を炊く気力無し。トイレの水(ここは飲めない水やった)を頭からかぶってさっぱり。ラーメン食って寝る。

走行 44キロ 出費 3204円 (パン、とうふ、発泡酒、フェリー)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

五所川原~金木~外ヶ浜 [東北編]

2012年8月9日 木曜日 1004日目

青森ねぶた、五所川原たちねぶたを見たので、次の目標は仏ヶ浦なのである。また下北半島に戻ることになる。

仏ヶ浦は下北半島の西側にある景勝地で、坂が多くて自転車や歩きにはキツい難所で知られている。しかしそこを行かずして下北に行ったとは言えんやろう。

DSCF2907.JPGDSCF2908.JPGDSCF2909.JPG

五所川原駅を表敬訪問したら、まさにたちねぶたを解体しているところやった。これはメインの3台ではなく、工業高校制作の中くらいの奴。それでも高さは20m近くありそう。クレーンで上から分解しておろしていく。

DSCF2911.JPG

さあ、国道339で北へ。まずは太宰治の金木町へ向かう。

DSCF2912.JPGDSCF2913.JPGDSCF2914.JPG

10時半、斜陽館到着。太宰の生家。有料で見学できるが、以前はいったことがあるので外から見るだけ。

DSCF2915.JPG

さらに国道で北へ。畑や田圃が続く中、コンビニ風商店が一軒だけあった。カップめんと昨日のお祭り屋台のおにぎりで昼飯。ここでパンの耳をゲット。

「ご自由にお持ちください」、と書いてあったので即いただく。この先の峠情報を教えてもらう。

DSCF2916.JPGDSCF2917.JPG

さあ、ここから右折して外ヶ浜へ向かう。そこからフェリーに乗って下北へ渡っちゃうのだ。県道12号はゆるゆるとした坂で、鼻歌交じりで上ってゆける。

DSCF2918.JPG

1時近いが23度しかない。東京や関西は連日36度とかの猛暑なのにすまんの~。

DSCF2919.JPGDSCF2920.JPG

あっけなくトンネルに到着。これを越えれば下り。

DSCF2922.JPG

2時のフェリーには微妙に間に合わないので、明日の朝のフェリーに乗ることにしてマエダストアで買いもの。2時半に外ヶ浜で海をみる。少し波が高いかな?

DSCF2923.JPG

道の駅にもなってるフェリー乗り場には展望台がある。エレベーターは無く、自力で歩かなアカン。

DSCF2924.JPGDSCF2925.JPGDSCF2926.JPGDSCF2927.JPGDSCF2929.JPG

おおお~、なかなかの景色。風が強くてなんだか怖い。

DSCF2930.JPG

4時に温泉に行く。ぽっぽの湯は以前も行ったことがあるのだ。

DSCF2931.JPG

キュウカンビーーーー!なんでこーなるの!

DSCF2932.JPGDSCF2933.JPG

5時にみなと横の公園キャンプ場に戻り、水シャワーでサッパリ。そして自炊開始。

DSCF2934.JPG

パンの耳に合う料理は何か?考えた結果、カレーになった。

DSCF2935.JPG

ナスとカボチャたっぷりの夏野菜カレー。

DSCF2936.JPGDSCF2937.JPG

出来上がり~。

DSCF2938.JPG

夕暮れの~。海の向こうは函館方面か~?

走行 60キロ 出費 1286円 (カップめん、ジュースアイス、オレジュー、コーラ、鶏肉、枝豆、玉子、なす、かぼちゃ、発泡酒)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

五所川原 たちねぶた最終日 [東北編]

2012年8月8日 水曜日 1003日目

暑くて目覚める。遮るものが何もない河川敷なのでしかたない。涼むならあそこや。イオンのフードコート。しかも朝7時からやってるのは有り難い。今夜もたちねぶたを見て連泊するので、テントはそのまま放置してイオンへレッツラゴー。

DSCF2876.JPG

涼しい~。

DSCF2877.JPG

窓際の席で充電しながら。

DSCF2878.JPG

12時になったのでミスドにする。全品(一部除く)100円セール中で、それを告知するテープの音声が朝からぐるぐる回っている。

「~~も~~も~~~も、ぜーんぶひゃくえんなのは今だけ!このチャンスを、み っの が っすなああああ!」、とアニメ声で繰り返されるのはかなわん。

しかしアイスオーレがお代わりし放題なのはうれしい。こんなに甘くて冷たい飲み物がガブガブ飲めるなんて幸せ者よのう~~。

DSCF2879.JPG

さて、夕方までイオンで過ごし、市内に戻る。岩木川が濁っているのは、一昨日の嵐?

DSCF2881.JPG

岩木山も雲に隠れてるし。

DSCF2883.JPG

さあ、今日も出陣から見ようね。

DSCF2884.JPGDSCF2885.JPGDSCF2886.JPG

たちねぶたが出てくるとみんな上目線でカメラを構える。

DSCF2887.JPG

今日はたちねぶた最終日なので、3台のたちねぶたが一カ所に集まって練り歩くんだとか。吉幾三も来るそうだし。

DSCF2888.JPGDSCF2893.JPGDSCF2894.JPGDSCF2895.JPG

怪獣が現れたみたいにも見える。

DSCF2899.JPG

遠くでよくわからんかったが、吉幾三登場。たちねぶたがテーマの自曲を歌ってお祭りスタートです。

DSCF2901.JPGDSCF2902.JPGDSCF2903.JPGDSCF2904.JPG

今夜は写真は控えて、自分の目で見ることにする。

9時過ぎにお祭り終了。全部のたちねぶたが館に戻るのを見届けてから河川敷に帰る。

走行 10キロ 出費 1726円 (夜店(400)、ジュース、チャーシュー麺、トマト、ミスド、発泡酒、充電ケーブル
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

青森~五所川原  初たちねぶたに感動 [東北編]

2012年8月7日 火曜日 1002日目

テント撤収、9時半に出発。青森ねぶたはまだ終わっていないので、もーさんもナカザワくんも最終日まで居残りだ。

DSCF2805.JPG

新青森駅に寄ってみる。さすがは新幹線駅だけある。

DSCF2806.JPG

ただしまだ北海道には繋がってない。高架線路は竜飛崎に向かって続いているが、ホームの案内表示には「←東京」、としか書かれていない。

DSCF2807.JPG

五所川原へは旧国道の県道247で向かう。川沿い、鉄道沿いなので勾配がゆるやかであろう。

DSCF2808.JPG

こんな田舎でもちっちゃいねぶたがあるんやろうか。

DSCF2809.JPG

おだやかな田舎道。車もタマにしかこない。快適快適。

DSCF2810.JPG

峠の手前で国道7号と合流。急に車が増える。

DSCF2811.JPG

なんなく峠越えを済ますと、国道101に乗り換える。

DSCF2812.JPG

あっ!しかし曲がるところが早かった。こっちは同じ101号でも山の方を通る。北海道ではほぼ迷わなか??たのに、青森に来たとたん道を間違う。

DSCF2813.JPGDSCF2814.JPG

トンネルを抜けるとずっと下り坂。旧家が保存されて見学できるようである。昼飯どきだし止まって見学。

DSCF2815.JPGDSCF2816.JPG

昔懐かしい感じ。

DSCF2817.JPGDSCF2818.JPG

広々とした作りだけど、冬は寒いやろうなあ。

DSCF2819.JPG

欄間の手の込んだ細工。

DSCF2820.JPGDSCF2821.JPG

ちゃんと便所も見学できる。この手の住宅は、見学者が間違って実使用してしまわないように封鎖してあるところが多いのだ。

DSCF2823.JPG

この大便所のとなりの空間は何用?

DSCF2824.JPG

仏間も実際の仏壇まで展示してある。この家の祖先は絶えたのか?それとも普段のお参りもここまで来るのだろうか?

DSCF2825.JPG

1時半に五所川原到着。たちねぶたの館に寄ってみる。

DSCF2826.JPG

たちねぶたは高さがあるとは聞いてたが、想像以上に高くてでかい。それにこれはねぶたじゃなくて、太鼓のやぐらなんだと。たちねぶたは館の奥にしまってあって、夜になるとガラスの大扉が開閉して出陣していくのだそうだ。楽しみ~。

DSCF2827.JPG

時間があるので温泉へ。柏温泉390円。黒っぽいお湯。露天風呂は無し。

DSCF2828.JPG

イオンで買い出ししてから館に戻ると、今まさにねぶたが出発するところやった。すごい人だかり。



さあ、サンダーバ-ド基地?みたいに扉がゆっくりスライドしていくぞ。それだけでみんな歓声を上げて拍手してる。



ゆっくりしてるのでずーっと撮ってても仕方ない。2回に分けた。

DSCF2831.JPGDSCF2832.JPG

出た~~~!っつてもこれは太鼓のやぐらね。



曳き手がロープを操作して動かす。


DSCF2834.JPG

でか!たか!

DSCF2838.JPGDSCF2839.JPGDSCF2840.JPGDSCF2841.JPG

全部でたちねぶたは3台ある。まず各配置まで移動して待機する。ビルの向こうにいるのにこっちから見える~~~。

DSCF2842.JPGDSCF2843.JPG

午後7時、最後のたちねぶたが館から引き出される。

DSCF2844.JPGDSCF2846.JPGDSCF2845.JPG
DSCF2849.JPGDSCF2850.JPG

太鼓もでか!上に乗って叩くのは女性。勇ましい~!

DSCF2851.JPGDSCF2852.JPG

鐘と太鼓と笛でお囃子。

DSCF2853.JPGDSCF2854.JPG

たちねぶたがすぐ横を通過する。電柱ぎりぎりやん。



「やってまーれ、やってまーれ」

というんが五所川原のねぶた。

DSCF2855.JPGDSCF2861.JPGDSCF2863.JPG

復興祈願なのだ。

DSCF2864.JPG

ねぶたには運転席付きのもあった。これなら曵き手は引くだけで良い。

DSCF2865.JPG

さらにぐるぐる回すバーもついていて、時々進むのをやめて、その場で回転させてくれる。

DSCF2866.JPG

やっぱ大太鼓の上の姉さん方はかっこええわ~。

DSCF2867.JPGDSCF2869.JPGDSCF2870.JPGDSCF2874.JPG

てなわけで9時前に終了。いやあ~、ええわあ~。たちねぶたエエワ~~~。高さ23mは見応えあるわあ。青森ねぶたより感動した。

屋台のおにぎりや焼きそばが安くなるのを待って買いだめし、岩木川の河川敷でキャンプ泊。

走行 45キロ 出費 2308円 (夜店(300)、おにぎり、うなぎめし、とうふ、イカから揚げ、発泡酒、ミニカラビナ、温泉)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

青森滞在  びっくり嵐&びっくり丼 [東北編]

2012年8月6日 月曜日 1001日目

明け方近く、突然大粒の雨が落ち始めた。バラバラっとタープに当たる雨音で目が覚め、あわてて外にでる。タープがあるからと思い、テントの外張りは外していたのだ。濡れながらも大急ぎで外張りをつけるころには風も強まり、タープをバタバタとアオり始めた。

雷もバリバリドッヒャ~ン、バーンバーンと鳴り出す始末。テントの中に戻り外張りのチャックを閉めようとしたら、出入り口部分をカーテンのように紐で留めてあったのを思いだし、これを解除しようとしたがあわててたのでグルグル2重3重にさらに巻き?けてしまった。吹き込んでくる雨に焦りながら元に戻そうとするがぜんぜんうまくいかない。

「おまえが今こそ役に立つときや!今なんや!役に立つのは今なんや!」

と一人で大声だしながら悪戦苦闘するが努力むなしくさらに紐はがんじがらめになっていく。

DSCF2788.JPGDSCF2789.JPG

風に耐えきれず倒れたタープがテント入り口に垂れ下がり、結果的に雨は吹き込んでこなくなった。

あーあ、モー!とか言いながら、そのまま寝ころんで二度寝してしまう。

8時前に起きてみたら雨は上がり、青空も見えている。入り口の紐事件で、でかい声の独り言を隣のテントの兄ちゃんに聞かれたと思うとなんだかハズカシ。

DSCF2791.JPG

とっととマクドナルドに行ってブログ更新。

DSCF2792.JPG

午後は町に出て、

DSCF2793.JPG

ドコモショップで充電。そうしておいて、

DSCF2794.JPGDSCF2795.JPG

のっけ丼に再々チャレンジ。なれどすでに40分待ちやんか~。もうあかん。もーさんに聞いた市場の裏の安い総菜屋を探す。怪しげな通りがそれかな?

DSCF2796.JPG

結局場所がわからず、大通りにあったソフトドリンク、サラダバー付きのランチにする。780円なら安いやん。

DSCF2797.JPG

コーラやコーヒー飲み放題。サラダも食べ放題。

DSCF2798.JPG

まずスープがでる。上品なお味のオニオンスープ。

DSCF2800.JPG

メインのびっくり丼。魚フライや野菜フライが乗っていて、これが案外美味しかったのだ。フライの揚げ具合が絶妙。

その後閉店の3時まで飲み物とサラダを延々とお代わりしてねばる。

DSCF2802.JPG

そして図書館でブログ更新。

今日はねぶたは見ない。明日から五所川原に移動するので、足を休ませておかねば。

DSCF2803.JPG

夜ご飯はシャケとモヤシをぐるぐる炒めたチャンチャン焼き風。

走行 12キロ 出費 2372円 (たこ、もやし、揚げ、マック、びっくり丼、発泡酒、焼酎
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。