So-net無料ブログ作成
2009年11月より、実家の兵庫県西宮市を自転車で出発。九州から沖縄に渡り、徳之島、奄美大島、屋久島へ。鹿児島に舞い戻って約1年を九州で過ごし、2011年7月にやっと北海道に上陸。ほぼ全道を走った後ニセコのスキー場で働きながら春を待ち、2012年8月に函館から青森へ。秋田、新潟、福島、岩手、宮城、茨城、そして千葉、東京へ。まだまだ旅は続くのだ。足跡&コメントはこちらから。フェイスブックはヨッシー松田で検索。ジャストギビングを通して、チャレンジボランティアも実施中 http://justgiving.jp/c/1386

ソネットブログはデータ量が1Gしか使えない。なので過去のブログを読みたい人は、いくつかのサイトを行き来して読んでもらわなアカンのですわ。スマンことです。

旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2009年11月~2010年7月) http://tabibito1.blog88.fc2.com/

その1~ 旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2010年7月~2011年8月) http://tabibito843.blog.so-net.ne.jp/

                  

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
クリックねえ!

野田玉川~黒崎  北緯40度線 [東北編]

2012年10月23日 火曜日 1079日目

7時に撤収&出発。なかなか快適に寝ることができた。ただし駅外のトイレは仮設のボットンなのがたまに傷やったな。

DSCF5377.JPGDSCF5378.JPGDSCF5379.JPGDSCF5380.JPG

国道45は海の崖際を走る。

DSCF5381.JPGDSCF5382.JPG

今日は午後から天候が崩れる上に、台風並みの風が吹くと天気予報も言っておる。それまでにイイ寝場所が見つけられるかな?

DSCF5383.JPG

8時20分、普代村。ここから国道45は山の中にググ~ッと入ってゆくので、海岸沿いをモットーにしているヨッシーは県道44で北山崎方面に進む。

DSCF5384.JPGDSCF5386.JPG

44の看板も倒れたまま。その向こうの防潮堤は津波をある程度は防げたのだろうか?そぐそばの村にも、布基礎だけ残った空き地が若干あった。

DSCF5387.JPGDSCF5388.JPG

海沿い海沿い~。

DSCF5390.JPGDSCF5391.JPG

道はぐんぐん登っていく。八戸を出て最初の頃はたいした上り下りもなく楽勝気味やなあと鼻歌も出ていたが、そろそろ本格的なリアス海岸地獄のアップダウンが始まったか?

DSCF5392.JPG

道は急だし容赦ない感じ。

DSCF5393.JPG

なんとか救って欲しい。

DSCF5394.JPG

9時40分。観光名所でもある黒崎灯台入り口に到着。灯台ハンターだからもちろん見に行くべ。

DSCF5395.JPG

そしてラッキーなことにこの場所に大型の休憩場所があった。

DSCF5396.JPG

中は広くて開放的。

DSCF5397.JPG

トイレも建物内にある。ボットンやけど。何かあったときはここに泊まる気満々である。

DSCF5398.JPG

まずは灯台まで行ってみる。同じ道を戻ってくるので、リヤカーは休憩所の茂みに隠しておいた。

DSCF5399.JPG

国民宿舎くろさき荘。

DSCF5400.JPG

この場所は北緯40度にあたるわけで、こういう記念碑がある。

DSCF5401.JPGDSCF5402.JPGDSCF5403.JPG

灯台ってのはだいたい一番高いところにあると思ってたら、ここは少しくだったところにある。

DSCF5405.JPGDSCF5406.JPGDSCF5408.JPG

天地とつながるポーズで記念撮影。

そんなことで時間を食っていたら、徐々に雨が降ってきた。こりゃイカン。すぐさま休憩所まで走って戻る。

DSCF5409.JPG

風も強くなって寒くてかなん。お茶を沸かして飲む。

DSCF5410.JPGDSCF5411.JPG

まだ朝の11時やけど、この雨や風ならもうここに停滞やな。

DSCF5412.JPG

お昼もここでインスタントラーメン。

DSCF5413.JPG

3時頃、一旦雨が小降りになったので、傘を差して国民宿舎までお風呂に入りに行く。

DSCF5414.JPG

バイク用の屋内駐車場完備。なかなか親切である。

DSCF5415.JPGDSCF5416.JPG

ロビーで見つけたあまちゃん通信。そういや大河ドラマは舞台が福島の会津、あまちゃんも岩手県と被災地応援色いっぱいの感がある。それでいいんだけどね。

DSCF5417.JPGDSCF5418.JPG

入浴は400円也。展望大浴場はまさに展望!浴室の窓から外を見たら、すぐ下は真っ逆さまの絶壁やんか。ようこんなとこに建てたな。

DSCF5419.JPG

ゆっくり暖まって休憩所に戻り、ご飯自炊。今日は缶詰である。今後も買い物ができない地域が続くなら、毎日缶詰になりそう。ここは電気を止めてるようで、照明がつかない。真っ暗な中、木の床にシートを敷いて野宿。外は風が強い。

走行 21キロ 出費 600円 (酎ハイ、温泉)

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

階上~野田玉川  海女飛び込み! [東北編]

2012年10月22日 月曜日 1078日目

DSCF5324.JPG

6時起床。灯台越しに朝日が昇る。

7時20分撤収&出発。風よけと夜露よけの立派なステージに感謝。

DSCF5326.JPGDSCF5327.JPG

すぐに種市高校の前を通過。ここには全国唯一?やったと思うが、潜水課があるのだ。

DSCF5328.JPG

岩手県に突入。イワテケーーン!(若いもんは知らんか)

DSCF5330.JPG

8時に県道247に入る。

DSCF5335.JPG

主に走ることになる浜街道、国道45号線。あちこちに災害処理中の看板やサインがたっている。この表示が消える日はまだまだ先なのだろうか。

DSCF5337.JPG

久慈市に入る。

DSCF5338.JPG

太平洋岸を走る前、たくさんの人から言われていたことであるが、海岸線はいわゆるリアス式海岸であるため自転車で走るのはキツいのである。ひとつ尾根を越えて下ると小さな港町に着く。また登りがあって尾根を越えると町まで下りきってしまう。これの繰り返しなのだ。

DSCF5339.JPG

市内手前で国道45号は自動車専用になるので、自転車は直進して国道395を行く。

DSCF5340.JPG

久慈市内からは海沿いの道、県道268へ。

DSCF5341.JPGDSCF5342.JPG

曲がったまま放置されている表示看板類。

DSCF5344.JPG

こういうところも直されずに放置状態である。優先順位の高いところから復旧するとはいえ、1年6ヶ月も経ってこの状態とは。復興庁なにやっとるか!民主党もちゃんとやらんとそのうちまた自民党に政権取られるぞ~!

DSCF5346.JPGDSCF5347.JPGDSCF5348.JPG

1時半。通りかかった小さな漁村で見かけた旅館。1階窓にはベニヤが打ち付けられ、営業再開できてない模様。

DSCF5349.JPG

トンネル内照明も消えたままなのだ。この先のトンネルも照明無しかなあ?それはこまるなあ。

DSCF5350.JPGDSCF5352.JPGDSCF5353.JPG

県道268は海際をへつっていくルート。

DSCF5354.JPGDSCF5355.JPG

1時50分、あれに見えるは海女センターのある漁港みたい。なんかテレビの撮影してるっぽい。なんやろか?

あ!黒のウエットスーツ着た誰かが岸壁から海に飛び込んだぞ!なかなか過激なロケやな。

DSCF5356.JPG

海女センターの入り口まで来たらこんなのぼり旗が。そうか、朝の連ドラやったか。しっかしうめちゃんとかあまちゃんとか、同じような語呂合わせやんなあ。港の入り口にはガードマンがいて、関係者以外立ち入り禁止なんだと。ちなみにこののぼり旗を写真に撮ろうとしてたら、ガードマンの女の子がひらひらしないように後ろから押さえてくれた。

DSCF5357.JPGDSCF5358.JPG

県道268は海女センターから登りになる。ここからは海沿いに道はなく、山の中をつっきていく形だ。

DSCF5359.JPGDSCF5360.JPGDSCF5361.JPG

約1時間後の午後3時、再び海のそばに出る。

DSCF5363.JPG

3時半、道の駅のだに到着。陸中野田駅がそのまま道の駅にもなっている。ちょこっと休憩しながらここに泊まれるか探ってみたが、無人駅でもないし外にも大きなひさしがあるわけでもない。迷った結果先に進むことにする。ここからはまた国道45に合流する。

DSCF5364.JPG

線路の下の敷石が新しい。ここらもやっと復旧したのだろうが、いまだその向こうに見える堤防は崩れたままになっている。

DSCF5365.JPGDSCF5366.JPGDSCF5367.JPG

町外れに大量がれきの山。

DSCF5368.JPGDSCF5369.JPGDSCF5370.JPG

いくつかの候補地をあたってみるがなかなかグッドな場所がない。どんどん日が暮れていく~~。たまたま止まった野田玉川駅が無人でよさげである。

DSCF5371.JPG

待合所内。ベンチで寝ころべるしゴミ箱も完備している。

DSCF5372.JPGDSCF5373.JPG

コンクリの床で自炊。今夜は焼き肉~~。終電のあとは自動で消灯し、眠りに入る。

走行 63キロ 出費 1610円 (ジュース、食パン、コロッケ、レタス、バナナ、とうふ、牛肉、かぼちゃ、米、発泡酒)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

八戸~階上  被災地へGO! [東北編]

2012年10月21日 日曜日 1077日目

晴れ。いよいよ今日から東北Z作戦の最終段階、青森~東京までの太平洋岸南下区間に入る。逆に北上してくる自転車旅人などから被災地の状況などは断片的に聞いているが、結局は行ってみなけりゃわからな~い~~、のだ。

道路は走れるようになっているとか、がれきの撤去はほぼ終わっているので今は家の建ってた印としてコンクリートの布基礎が残っているのみだとか。しかも震災から時間が経過しているのでぺんぺん草が茂ってしまい、それすら目に映らない状態だとか。つまりはここに町があったのかそれとも以前から何もなかったのかが、他地域から来た者にはワカランと言うことで。

水が汲めるのか、泊まれるような公園などはあるのか、買い物はどの程度できるのかなど、知りたいことは未だ謎のままだけど突っ込んでいくしか無かろうが。

DSCF5253.JPG

橋の下のテントを撤収。9時半に出発。

できるだけ海岸線を通ることを自分なりの条件にした。まずは国道ではなく、県道1号線で海沿いに走る。

DSCF5255.JPGDSCF5256.JPGDSCF5254.JPG

趣のある古い建物を発見。ええなあ~、と写真を撮ってたら犬散歩のおばさんに話しかけられる。いつものようにこちらの旅のことばかり話してしまい、八戸の津波はどうだったのか聞きそびれてしまった。

DSCF5257.JPG

海岸沿いに鮫という港町まで進むと、あれに見えるが蕪島神社(かぶじまじんじゃ)かな?

DSCF5258.JPG

お参りに参ろう。

DSCF5259.JPG

島とはいえ地続きではある。

DSCF5260.JPG

参拝しようとしていると、なんか数人の人々が境内を左から右に横切って歩いていく。何があるのか?ついて行こう。

DSCF5261.JPG

島の右側は海岸になってる。

DSCF5262.JPGDSCF5263.JPG

そのまま神社の裏手を一周して元のところに戻ったら、こんな看板があったがな。3周もするのかいな。ヨッシーはすでに十分身も心も清められてるので必要ないことにする。

DSCF5264.JPG

神社の階段を下りていると、

DSCF5265.JPG

途中に津波の到達ラインを示す看板有り。5.3mってどれくらい?

DSCF5266.JPG

これくらいの目線。う~ん、じゃあ港の建物とかも被害あったんじゃないか~?そういうえば通ってきた町で、車庫のシャッターが地面から1mちょっとのところまで内側にヘコんでたわあ~。

DSCF5267.JPGDSCF5268.JPG

県道1号線はほぼ海岸線の道。どんどん走ると葦毛崎(あしげざき)展望台に出た。砲台跡みたいなんがあるので登ってみた。海軍の電波探知機跡だとか看板に書いてある。

DSCF5269.JPGDSCF5270.JPG

この真ん中の丸いのに大砲が乗ってたのか?あるいは電波塔か?

DSCF5271.JPG

展望台のすぐ先、なんてことない道ばたに東山魁夷画伯が「道」という作品のデッサンに来たということである。

DSCF5273.JPG

東山さんと言えばヨッシーも若干関わりがあるような無いような。大学の同級生が、千葉にある東山魁夷記念館で研究員?として働いておるのだ。そのご縁で見学に行って以来、東山さんの画風が好きになったわけで。ちなみにこの同級生の女性にヨッシーは密かに恋心を抱いていたわけで。あ~、もうウン十年も前のお話。

http://www.city.ichikawa.lg.jp/higashiyama/024.html

ちなみに上のリンクで作品が見れるよ。

DSCF5275.JPG

続いて県道1号線を行く。青森も被災地であるが、見た目にはどこがそうだったか分からない。道も広いし快適に走れるぜ。

DSCF5276.JPG

JR八戸線の踏切を越えて~、

DSCF5277.JPG

種差(たねさし)海岸に到着。八戸の誰もがここへ行きなさいと勧めてくれたのがこの海岸なのだ。

DSCF5278.JPGDSCF5279.JPG

目の前にレストハウスがある。カラスが荷物をねらってるのでこちらに自転車を止めさせてもらおう。立派なログハウス風の建物に入ると、さっそく管理人のおじさんが話しかけてきてくれた。説明によるとこのレストハウスは公共の建物ではなく、個人が建てて管理しているのだという。八戸の有名なお医者さんだそうで、種差海岸という観光名所に案内所が無いことを憂えて、自治体の予算がないなら私費で建てて管理しちゃえと言うのが始まり。この大澤さんという管理人さんの給料も負担しているのだそうだ。

DSCF5287.JPG

使用は完全無料で、お弁当なども持ち込んで食べることができる。太っ腹~。

DSCF5280.JPGDSCF5281.JPGDSCF5282.JPG

そしてここでヨッシーは見た。津波当時の海岸を撮った写真がファイリングされていたのだ。やっぱしすげえことになっとる。今の復旧した姿からは想像できん。

DSCF5284.JPGDSCF5285.JPG

特にこの建物は一階の天井まで水につかったそうで、これが生写真だ。

DSCF5286.JPG

それにこれはさっき通ってきた蕪島神社の様子。やっぱりむちゃくちゃになってる~~。

DSCF5288.JPGDSCF5289.JPG

種差海岸は映画のロケ地としても有名だった。かなり古い映画やけど。野口五郎、大竹しのぶ、若い~~。

DSCF5290.JPG

みんな栗原小巻なんて知らんやろ~?

DSCF5291.JPG

この生足を見よ~。

DSCF5292.JPGDSCF5293.JPGDSCF5294.JPG

お外を散歩。ほれ、これが今の海岸じゃ。そりゃあ津波のあと1年半過ぎてるとはいえ、こんなに立派になって~~。

DSCF5295.JPG

さっき写真で見た浸水建物も見える。

レストハウスに戻ると、自転車旅の若者が到着していた。滋賀県から回っているアケくん。芸大生。アケはその才能を活用し、旅で出会った人の似顔絵を描いて差し上げているんである。

DSCF5296.JPG

でヨッシーも描いてもらう。そして代わりにアケの心相鑑定でお返し。

DSCF5297.JPG

もうひとつこのレストハウスの目玉はこの鳥瞰図。吉田初三郎って人の描いたもので、ここのオーナーでもあるお医者さんが所蔵しているものなどを掲示してある。もちろん本物ではなくレプリカなんだけど、その緻密さといい感じのデフォルメがオモシロい。

DSCF5298.JPGDSCF5299.JPG

ヨッシーの行ったことがある場所なんかもあってオモシロい。

DSCF5301.JPG

出発前に大澤さんとアケと記念撮影。大澤さんにはコーヒーまでごちそうになってしまった。

DSCF5302.JPGDSCF5303.JPGDSCF5304.JPG

夕暮れが近づいてるけどイケるとこまで行こう。

DSCF5307.JPGDSCF5308.JPG

4時20分、階上(はしかみ)灯台に到着。灯台ハンターとしては見逃せない。

DSCF5309.JPG

しかもこの場所は、青森県最東端にあたる。

DSCF5310.JPGDSCF5311.JPG

うう~、日が暮れていくう~。しかし寝場所はすでに確保してある。

DSCF5312.JPG

灯台の真ん前の広場に、野外ステージがある。今夜はこの中にテントを張ろう。

DSCF5313.JPG

月も言ってる、「その場所がいいよ」、と。

DSCF5318.JPG

今夜はタンドリチキンステーキだ。今後はこういう新鮮な食材が手に入らない可能性が高いので、今夜は特別ね。

DSCF5319.JPG

にんじんとカボチャのスープ付き。

DSCF5320.JPGDSCF5322.JPGDSCF5323.JPG

屋根とカベに囲まれているので風が強くても安心。

走行 30キロ 出費 602円 (コーヒー牛乳、とうふ、鶏肉、ハムカツ、発泡酒)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

道の駅さんのへ~八戸市内  Z作戦折り返し点に [東北編]

2012年10月20日 土曜日 1076日目

DSCF5222.JPG

6時起床。さっむうううう。5~6度まで下がったかな?

DSCF5225.JPGDSCF5226.JPG

8時に道の駅撤収出発。30分後に後ろ変速のワイヤーが切れたので交換。交換はすぐにできるんやけど、そのあとの微調整に時間がかかるのがうっとおしい。調整のねじを締めたりゆるめたりしながら、ギアにチェーンがぴったり収まるところを探すのは、走りながら変速してそのたびに止まって調整ってのを繰り返さないとイカンのだ。

DSCF5227.JPG

9時45分。国道4号線から離れ、104号線に乗り換える。やっと八戸に入る。

DSCF5230.JPG

10時の時点で16度。あったかいわあ~。

DSCF5231.JPGDSCF5232.JPGDSCF5234.JPG

11時。八戸郊外の根城跡を観光。八戸城ってのは町中にあるから、これは敵を迎え撃つ砦の役割やったのかな?

DSCF5233.JPGDSCF5235.JPGDSCF5236.JPG

う~ん、復元の建物を見るために金を払う気にはならん。料金所の前まで行ってからUターン。

DSCF5237.JPGDSCF5238.JPGDSCF5239.JPGDSCF5240.JPG

つぎは市内の八戸城跡。公園みたいになってる。公衆トイレもあるし眺めもいいのでここで泊まるか~?

DSCF5246.JPG

計画通り、東北Z計画のターニングポイントである八戸に着いたわけで。明日は八戸から太平洋沿いに南下して、被災地を通っていくことになる。そのための準備として、スーパーで食料品などを余裕を持って買い出し。水のボトルも大型の焼酎ボトルを1つ増やした。次はいつ洗濯できるか分からないので、コインランドリーも行っとく。しかし500円とは高くない~?

DSCF5248.JPG

ケチって乾燥は近くの公園で天日干しする。風もそこそこあって乾きが早い。

DSCF5249.JPG

夕暮れ時に市内の馬淵川にかかる橋の下に移動。テント泊。

DSCF5251.JPG

晩ご飯はまたしても豚バラ野菜コンソメ鍋なのだ。美味しいのだ。

走行 40キロ 出費 1501円 (コロッケ、ジュース、缶詰、インスタントラーメン、コンソメ、マヨネーズ、鰹だし、とうふ、ふた肉、発泡酒、パンク修理用パッチ)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

石神の丘~三戸  峠の休憩所 [東北編]

2012年10月19日 金曜日 1075日目

おなかもだいたい安定したので8時出発。

DSCF5189.JPGDSCF5191.JPGDSCF5192.JPG

このあたりは稲刈りも終わっている模様。早く東北を走り終わらんと雪が降る~。

DSCF5195.JPG

今朝はまた特に寒いと思ったら、9度しかない。

DSCF5197.JPG

9時半に一戸町に入る。この先少し峠道。ゆっくり自転車押して上がる。国道4号線のいいところは、坂道勾配が急じゃないこと。押して歩くにしても、急すぎるとジグザグ歩きを強いられる。

DSCF5198.JPGDSCF5199.JPGDSCF5200.JPGDSCF5201.JPG

10時40分。雨がパラパラ降り始めたところで峠の頂上に休憩テント発見。自転車ごと避難する。ここは牧場直営のお店なんだけど、徒歩&自転車の旅人限定で休めるようにしてくれてる。

DSCF5202.JPG

しかし寒い。もう11時回ってるけどいまだに9度しかないやん。雨が止んだので差道を下る。

DSCF5204.JPGDSCF5205.JPG

スーパーでコロッケ買って自作サンドイッチ。

DSCF5206.JPG

紅葉も徐々に進んでおるなあ。

DSCF5207.JPG

一戸市内を通り過ぎ、

DSCF5208.JPGDSCF5209.JPG

行く手に大きな岩肌が見えてきた。なんだかすごいが名前とかあるのだろうか?あたりには何の案内看板も無し。

DSCF5210.JPG

3時に金田一温泉通過。ここも2009年の東北バイク旅で立ちよった。ぬるっとした良いお湯だったと記憶している。しかし今日はまだ先に走るのでここはパス。

DSCF5211.JPG

3時半、三戸(さんのへ)町に入った。

DSCF5212.JPGDSCF5213.JPG

4時。国道沿いの温浴施設、こま温泉浴場到着。今日はここで温泉だあ。泊まりはこのすぐ先の道の駅に決めてるからゆっくりあったまれるぞ。

DSCF5214.JPGDSCF5215.JPG

入浴料は420円。

DSCF5216.JPGDSCF5218.JPG

1時間半ほどぬくもって、暗くなった道に出る。ここからは1キロほどの距離なので苦労無しに道の駅さんのへに到着。ここも2009年に泊まってる道の駅なのだ。トイレなどちょこっとリニューアルされてるけど、おおむね昔のまま。

DSCF5217.JPG

広い軒下部分にテントを張る。もう最近の寒さでは、テント無しの野宿は辛くなってきた。

DSCF5219.JPG

晩ご飯は、豚バラ野菜コンソメ鍋。

DSCF5221.JPG

もらったお酒をちびりといただく。なかなかにウマいではないか。おおきに、若者。

走行 62キロ 出費 1283円 (ヨーグルト、コロッケ、とうふ、たまご、醤油、豚バラ、発泡酒、酎ハイ)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

石神の丘に連泊&静養 [東北編]

2012年10月18日 木曜日 1074日目

おなか痛いので連泊決定。力が入らんしケツが痛くてサドルが辛いのよ~~。

DSCF5183.JPG

8時にルイガノくんは先発していった。

DSCF5184.JPG

ラジオなど聴きながらひたすら静養に努める。暇に任せて物産館をうろつくと、野菜が安いことに気がつく。買いやな。

DSCF5185.JPGDSCF5186.JPG

3時にタイヤチューブの修理をしておく。常に正常な状態のチューブを一本余分に持っているので、パンクしたときは予備と入れ替えて修理する。そして時間の空いたときに穴をふさぐのだ。そしてそれが今。

夜はまた近場のスーパーまで買い出しに走り、弁当買って夜ご飯とする。だいぶゲリピーは落ち着いてきた。

走行 1キロ 出費 1064円 (かぼちゃ、にんじん、キャベツ、焼きそば、食パン、おにぎり、コロッケ、チキンステーキ)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

盛岡~石神の丘  おなかピ~~~~~ [東北編]

2012年10月17日 水曜日 1073日目

DSCF5152.JPG

夜の間はどうもなかったのに、7時に起きて公衆トイレに入ったら、ゲリピーが始まった。昨夜の居酒屋やろうか?単なる食べ過ぎやろうか?通勤途中のサラリーマンが、差し入れにとお茶をくれた。ちょうど良かった。のど渇いててん。

DSCF5154.JPGDSCF5155.JPGDSCF5156.JPG

昨日心相鑑定をした若者が、お礼に日本酒を差し上げたいと言ってくれて、8時にコンビニ前で再会する。そのまま宮沢賢治が暮らしていた場所に湧く、賢治の井戸に連れて行ってもらう。

DSCF5158.JPGDSCF5159.JPG

形だけ保存してあるのかと思えば、現在も水は湧いていて、代わる代わる住民の皆さんが水くみに来られている。ヨッシーももちろんボトルに詰めた。若者とはここで別れ、国道4号線に向かう途中で石川啄木新婚の家を見学。

DSCF5160.JPGDSCF5161.JPGDSCF5162.JPGDSCF5163.JPGDSCF5164.JPGDSCF5165.JPGDSCF5166.JPGDSCF5167.JPGDSCF5168.JPGDSCF5169.JPG

昔は借家といえどもちゃんと門があって庭もある。啄木は結婚を決めてこの家を借りたが妻だけが先に家に入り、啄木は友人の家などを転々としてなかなか落ち着かなかったという。マリッジブルーってやつかな?

DSCF5170.JPG

10時、国道4号線に出て北に向かう。

DSCF5171.JPGDSCF5172.JPGDSCF5173.JPG

石川啄木記念館なるところに立ち寄ってみるが、見学有料につき外から見るだけ。というかおなかの調子が悪いので、外の公衆トイレを借りるのが最優先の用事。いやあ~、かなりキツいわ。

DSCF5174.JPG

朝もらったお酒を開けてみる。

DSCF5175.JPG

2本セットの立派なものである。これは飲むのが楽しみである。

DSCF5176.JPGDSCF5177.JPG

2時半。道の駅石神の丘。ここは2009年の東北バイク旅の時も立ちよったから覚えてる。泊まりはしなかったが、休憩室が24時間開いてることはお見通しなのだ!おなかの調子も悪いし、もう今日はここまでにする。

DSCF5179.JPG

近くのスーパーに行っておなかに優しそうな刺身を2つ。それぞれ98円なのがうれしい。

DSCF5180.JPG

5時に閉館したあとは自由空間や。ここにはお茶の無料サーバーもあるし快適。

DSCF5181.JPG

雨も降り出した。ここで泊まって正解。

雨の中、自転車旅のルイガノくん到着。少し話して一緒に道の駅泊。

走行40キロ 出費 516円 (刺身、とうふ、ジュース、コーラ、おにぎり、発泡酒)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

盛岡で滞在  飲み食べホ~~~ [東北編]

2012年10月16日 火曜日 1072日目

DSCF5107.JPG

7時起き。ウォーキングの人が案外多く、耳元を足音が通り過ぎていく。コンクリの通路に停めていた流星号に、「邪魔ねえ~」とつぶやいて通り過ぎるオバサン約1名。うっせいよ。

DSCF5109.JPG

テントは一旦撤収するが、今夜はまたここに連泊の予定。

DSCF5110.JPGDSCF5112.JPG

盛岡駅前を通過してからに~~

DSCF5114.JPG

最寄りのイオンに行って、買い物したりしてブラブラ過ごす。

DSCF5113.JPGDSCF5115.JPGDSCF5116.JPG

リヤカーの破れたカバーを修理する。リヤカーの上にかぶせるカバーなんやけど、チャチな造りでいつかは壊れるの~、と思いながらの使用だったがやっぱり縫い目が壊れた。

バンツのゴムを百均で買い、破れたところにあてて縫い合わせる。本来はこういう風につくっておいてほしかった。

DSCF5117.JPGDSCF5118.JPG

散髪のタイミングやと思い、運良く1000円カットの店がイオンの中にある~~。と思ったら臨時休業。もう悟るわ。悟りの境地に入るわ。

DSCF5119.JPGDSCF5120.JPG

そんな悟りは開きたくない。昨日休みにぶち当たった銭湯に突撃。定休日じゃないならやっとるやろ~~~。2時半まで待って、やっと入浴じゃ。あ~気持ちええ。

DSCF5123.JPGDSCF5124.JPGDSCF5125.JPGDSCF5126.JPG

3時半。岩手県庁に表敬訪問。

DSCF5121.JPGDSCF5122.JPG

県庁前にあった石割桜。確かに思いっきり割っとる。

DSCF5127.JPG

県庁のあとは、すぐそばの桜山神社。そこでみつけたのが~、

DSCF5128.JPG

烏帽子岩。

DSCF5129.JPG

神社の境内より立派な階段を登って、

DSCF5130.JPGDSCF5132.JPG

お!かなりでかい。これはええわ。見せ物としては~。

DSCF5134.JPG

神社の参道商店街を冷やかす。

DSCF5135.JPG

なんか良さげな中華料理店。と思ったら~、

DSCF5137.JPG

臨時休業、ゴメンネ。おばちゃん。

ええわあ~。

DSCF5138.JPGDSCF5139.JPGDSCF5140.JPG

すぐそばの鐘突き堂を見て、盛岡城跡公園に入る。

DSCF5141.JPGDSCF5142.JPGDSCF5143.JPG

ここでも泊まれそうな感じやなあ。

一旦城跡を出て、ドコモショップに向かう。町中の商店街で自転車を止めていたら、30前後の若者が話しかけてきたくれた。このひとはさっき城跡で見かけた人や。追いかけてきてくれたみたい。

のぼり旗を見てくれたようで、心相鑑定をご希望。約1時間鑑定をして別れる。

DSCF5144.JPG

さあ~、6時半になった。今日のお楽しみは3000円食べ飲み放題のお店、福福屋。ネットで見つけたのだ。一人でもイイというので入店。しかし3000円になるには、ホッとぺっぱーのクーポンが必要で~、と女性店員に言われるがそんなもの無い。機転の利く店員は、下のコンビニにあると思うので、あとでスタッフに取りに行かせますうう~。よろしおまんな。なかなかできんでこの対応。

DSCF5145.JPGDSCF5146.JPG

これらの通常メニューが全部食べホ。

DSCF5147.JPG

お刺身系がねらい目。

DSCF5148.JPG

鳥も。

DSCF5150.JPG

北海海鮮チャーハンも~!

かなり飲んで食って、マンゾクで退店。昨日の橋まで5分でたどり着き、テント張って就寝。

走行 8キロ 出費 3164円 (野菜ジュース、フライ、食べ飲みホ)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

北上~盛岡  リヤカーパンク [東北編]

2012年10月15日 月曜日 1071日目

8時半出発。クマは現れなかった。

DSCF5085.JPG

コンビニでゴミ捨ててトイレ借りて立ち読みして出てきたら、リヤカーの空気圧が下がってる。速攻でパンク修理。

DSCF5086.JPG

よおしよおし、今日は盛岡までいっちゃうぞ~~。

DSCF5087.JPG

途中花巻駅に寄ってみる。ちょこっとのつもりやったが案外坂道の上に駅があっててこずった。大変な割りに写真だけ撮って先に進む。

DSCF5088.JPGDSCF5089.JPG

国4にもどって走っていると、逆ヒバなるものを発見。なんでも弘法大師さんが湧き水を飲もうとしたときに立てかけた杖がヒバの木になったというありがちなストーリー。

DSCF5091.JPGDSCF5092.JPG

いまもその湧き水が見られると書いてあったが、どこをみてもそんな形跡はなかった。残念。

DSCF5093.JPGDSCF5094.JPG

4号線を再び北上すると、自転車のペダルがゴリゴリ言い出した。こりゃあかん。大間で整備したけどグリスが切れてきた。良いところに道の駅いしとりやがあったので休憩&整備。そしたらしまったシマッタ島倉豊子。隙間に工具を落としてしまった千代子。

手も入らないしどうしようか?そこでスペアに持ち歩いてるタイヤのスポークで引っかけて回収。あったまイイ~。

DSCF5095.JPG

あらためてペダルを分解。

DSCF5096.JPGDSCF5097.JPG

3時50分、盛岡市内に突入。岩手の県庁所在地だ。

DSCF5099.JPG

県道16号に進み、駅の方へ。

DSCF5100.JPGDSCF5101.JPGDSCF5102.JPG

市内の中津川の橋の下が良さげ。下見をしておいてから、盛岡駅前まで行き、

DSCF5103.JPGDSCF5104.JPG

銭湯へ~。が、定休日やんか!またしても~~~。

DSCF5105.JPGDSCF5106.JPG

その後買い物してからさっきの橋の下へ。今夜は石狩風鍋じゃ。

橋の下テント泊。

走行 58キロ 出費 1915円 (シャケ、ソース、ジュース、もやし、とうふ、唐辛子、コーヒー、発泡酒、焼酎、電池)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

一関~平泉~北上  セカイイサ~ン! [東北編]

2012年10月14日 日曜日 1070日目

DSCF5033.JPGDSCF5034.JPGDSCF5035.JPG

7時起床。快晴。ちょっと冷えたな。昼間は暑いくらいの時もあるが、朝夕はめっきり寒くなってきた。早く東北を回らんと雪が降る~~。

DSCF5037.JPG

撤収後8時半に出発。汽車線に沿って県道を走り、国道4号に合流する。すぐに平泉町に入った。そう、世界遺産。

DSCF5038.JPGDSCF5039.JPG

だからだろう、コンビニのデザインがまっ茶っ茶。

DSCF5040.JPGDSCF5041.JPG

ファミマもシンプルデザイン。こんなんして意味あるんかな?コンビニを利用するモンとしては、見つけにくいので不親切に思うのだが。

DSCF5042.JPGDSCF5043.JPG

9時。毛越寺(もうつうじ)に到着。見学は有料のため外から拝んでおく。お寺なんかどこもそんな変わらんやろ。第一拝観料というのがヨッシーは好かん。

DSCF5044.JPGDSCF5045.JPG

消失する前は、中尊寺をしのぐお寺だったとかで、その跡地が公園みたいになって残されている。

DSCF5046.JPG

おっと!駐車場でヨロイオヤジの佐々木さんと再会。縁があるなあ。今から正に出陣のご様子。この姿でこれから中尊寺までの数キロを歩くのだとか。そうすると観光客がわんさ通ってきて話しかけられたり写真撮られたりで、1キロ歩くのに1時間かかることもあるという。今日は日曜日だから、きっと今日ものんびりコースやろう。

DSCF5047.JPGDSCF5048.JPG

ヨッシーはそんなのに付き合ってられないので、流星号でささっと中尊寺参道入り口へ。

DSCF5049.JPGDSCF5050.JPGDSCF5052.JPG

徒歩で参道を上がる。まずは通称、弁慶堂。弁慶さんってお堂の名前にも岬の名前にもなってて有名人やわあ。ヨッシーもそのうち?

ヨッシー堂。ヨッシー岬。ヨッシー東照宮。

無いな。

DSCF5053.JPG

中尊寺って結構高いとこにあるのね。

DSCF5054.JPGDSCF5055.JPG

薬師堂。

DSCF5056.JPG

観音堂。

DSCF5057.JPG

そして本堂では秘仏ご開帳中である。ラッキー?なのかな?

DSCF5058.JPGDSCF5059.JPG

本堂という割りに無料で拝観お参りできた。なんだかあっけない。

DSCF5060.JPG

秘仏もあっさり写真に収まってござるし。

DSCF5061.JPGDSCF5062.JPG

そうか!金色堂が有料か。世界遺産か。800円をケチるヨッシー。

DSCF5063.JPG

せめて展示コーナーだけでもと、こっそり出口から逆流作戦。

そして大成功。数々のありがたい展示内容は、無料で入館したからここには書かない。みんな自分で見に行ってちょ。

DSCF5064.JPG

そしてほんまもんの金色堂はそこから別の入り口を通って入る。これがセキュリティが厳しくてヨッシーは断念。裏口も遠いのでやっぱりやめ。

DSCF5065.JPGDSCF5067.JPGDSCF5068.JPG

かわりに帰り道で弁慶餅なる物を食す。焼いて味噌を付けた餅。200円。

名物にうまいモノ無し。

DSCF5069.JPGDSCF5070.JPG

11時に中尊寺発。しっかし今日は日光ががんがん照って暑いわ~。サンクスの看板も暑さで色あせとるがな~。

DSCF5071.JPG

スーパーでコロッケ買ってサンドイッチ自作。最近はこれにハマってる。

DSCF5072.JPG

デザートの半額ぶどうも甘くて良かった。

DSCF5073.JPG

どんどん国道4号線を北上するがここで3時前。時間的にはこのへんで泊まるがよかろう。ここを右折して北上駅前に向かってみる。

DSCF5074.JPG

若干寂れた感じの駅前だったがちゃんとドコモショップがあった。すかさず充電。そしてその間に銭湯に向かう。

DSCF5075.JPG

ちょっと迷ったが着いたぞ。玉乃湯さん。

DSCF5076.JPG

え!あ!がびーん!釜故障~。なんてついてない。しゃあない風呂はあきらめる。

DSCF5077.JPGDSCF5078.JPG

北上川河川敷にターゲットを絞って場所探し。すぐに公衆トイレ発見。

SDSCF5080.JPG
トイレのカベに、「クマ注意」。もうここまで来てもまだクマかい!日本中クマ出没やないかい!

DSCF5081.JPG

橋の下には昼間のBBQで使ったと見られる炭が残ってた。本来なら、「も~、ちゃんと処理して帰れよ~~」、だが、ヨッシーにありがたいプレゼント。残り火でお米を炊くそして同時に暖も取れる。

DSCF5082.JPG

橋の下テント風景。

DSCF5083.JPG

そして残り火でシュウマイ入りの鍋も完成。

ラジオ聞きながら眠りにつく。

走行 55キロ 出費 888円 (弁慶餅、とうふ、オレンジジュース、コロッケ、レタス、もやし、ぶどう、バナナ、シュウマイ、発泡酒)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。