So-net無料ブログ作成
2009年11月より、実家の兵庫県西宮市を自転車で出発。九州から沖縄に渡り、徳之島、奄美大島、屋久島へ。鹿児島に舞い戻って約1年を九州で過ごし、2011年7月にやっと北海道に上陸。ほぼ全道を走った後ニセコのスキー場で働きながら春を待ち、2012年8月に函館から青森へ。秋田、新潟、福島、岩手、宮城、茨城、そして千葉、東京へ。まだまだ旅は続くのだ。足跡&コメントはこちらから。フェイスブックはヨッシー松田で検索。ジャストギビングを通して、チャレンジボランティアも実施中 http://justgiving.jp/c/1386

ソネットブログはデータ量が1Gしか使えない。なので過去のブログを読みたい人は、いくつかのサイトを行き来して読んでもらわなアカンのですわ。スマンことです。

旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2009年11月~2010年7月) http://tabibito1.blog88.fc2.com/

その1~ 旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2010年7月~2011年8月) http://tabibito843.blog.so-net.ne.jp/

                  

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
クリックねえ!

函館~福島  うたう旅人 [北陸~北海道]

2011年11月12日 土曜日 733日目

晴れ。8時20分に函館を出発。途中トライアルでお買い物してから国道228で松前方面に走る。

DSCF7988.JPG

振り返ると函館山が右の方に見える。サラバ函館。

海沿いを快調に走っていると、高校生どもかな?ママチャリやスポーツ車に釣り道具をくくりつけて同じ方向に走る3人と併走する。そうか、今日は土曜日で学校休みか。

DSCF7989.JPG

11時にサラキ岬に到着。江戸幕府の軍艦、咸臨丸が沈んでいるらしい。

え?らしいって何?なんで確かめてないのかな?

DSCF7990.JPG

模型にしてはデカいが、所詮ニセモノなのだ。なんでこんなんにお金かけるかなー。

DSCF7992.JPGDSCF7993.JPG

どの辺に沈んでいるのか。

さあここでヨッシーのシンギングタイムじゃ。本来なら函館山山頂で歌うべきかもしれんが、今回山をパスしたからしかたない。この場所で函館の女を歌おう。



カラオケをつけると良くない。音程やリズムが自由でなくなる。だからアカペラがええのだ。

そこにママチャリに乗った若者が一人でやってきた。なんでも建築を大学で学んでいて、この近くに新設される北海道新幹線の駅舎のデザインが公募されるため現地を見に来たのだとか。軽装だし、まさか東京からママチャリでは来ていまいとは思ったが一応聞いてみた。おばあちゃんの家がこの近くで、そこから自転車を借りて走って来たんであった。ソラソウヤロナ。

DSCF7996.JPG

木古内(きこない)、知内(しりうち)と通り過ぎ、ココから国道は峠越えルートになる。福島まで26キロ。

山越えと言っても標高160mの福島峠を通るだけなのでたいしたことない。

DSCF7997.JPG

道の駅の隣にJRの無人駅があった。知内(しりうち)駅は青函トンネルの北海道側最初の駅として有名。

DSCF7998.JPG

駅というより通路みたいな駅やった。でもベンチもあるし泊まろうと思えばイケそうである。

止まる汽車も一日4本かい!しかしまだ時間も早いし峠を越えてしまいたい。先に進む。

DSCF8000.JPG

そしてこれ。青函トンネルの入り口である。しかも出口も兼ねているから驚きだ。アタリマエか。

DSCF8001.JPGDSCF8002.JPG

撮影ポイントも用意されている。

ヤグラに上がってみた。汽車の時刻表が張ってあった。確認したが次ぎに列車が通るまで30分くらいある。別に鉄道オタクじゃないのでパスパス。

DSCF8003.JPG

デジカメ最大望遠でトンネル口を写す。しかしそういえば、2009年に東北バイク旅をして大間崎で伊藤さんに助けられ、そのあと竜飛崎で青函トンネルの青森側出入り口も訪れたからこれで両方見たことになるな。ちょっと自慢できるかな?

福島峠を越えて道を下り、福島に到着。小さな町だがセイコーマートもあるし道の駅もある。

DSCF8005.JPG

ちょっとショボいけどね。

DSCF8004.JPG

千代の富士の幟が立っているのは、隣に記念館があるからだよ。

DSCF8006.JPGDSCF8007.JPG

なかなか立派な建物である。見学したいが今日はもう4時前になってるから明日にしよう。

DSCF8009.JPG

道の駅に併設のバスターミナルが広くてトイレもあって、泊まってくれと言わんばかりである。

DSCF8008.JPG

トライアル発泡酒とゲソ唐揚げで乾杯。八角形の建物は中に自転車を入れても一切問題ない。

DSCF8010.JPG

ラジオを聴きながらお米を炊いてウインナー入りモヤシ鍋で晩ご飯とする。

DSCF8011.JPG

最終バスにも誰一人乗り降りすることなく、バス停にも誰も入ってこない。向かいのお店に赤いネオンが灯った。スナックかな?こんな寂しいところにも、歓楽を提供するお店があるとは。

DSCF8014.JPG

歩いて店の前まで行ってみた。薔薇都でバラードかぁ。ちょっとオドロオドロシいな。カラオケの音さえ聞こえずひっそりしている。そのまま引き返してベンチで寝袋に入る。

走行 82キロ 出費 1190円 (とうふ、ウインナー、もやし、からあげ、オレンジジュース、発泡酒、手袋)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。