So-net無料ブログ作成
2009年11月より、実家の兵庫県西宮市を自転車で出発。九州から沖縄に渡り、徳之島、奄美大島、屋久島へ。鹿児島に舞い戻って約1年を九州で過ごし、2011年7月にやっと北海道に上陸。ほぼ全道を走った後ニセコのスキー場で働きながら春を待ち、2012年8月に函館から青森へ。秋田、新潟、福島、岩手、宮城、茨城、そして千葉、東京へ。まだまだ旅は続くのだ。足跡&コメントはこちらから。フェイスブックはヨッシー松田で検索。ジャストギビングを通して、チャレンジボランティアも実施中 http://justgiving.jp/c/1386

ソネットブログはデータ量が1Gしか使えない。なので過去のブログを読みたい人は、いくつかのサイトを行き来して読んでもらわなアカンのですわ。スマンことです。

旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2009年11月~2010年7月) http://tabibito1.blog88.fc2.com/

その1~ 旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2010年7月~2011年8月) http://tabibito843.blog.so-net.ne.jp/

                  

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
クリックねえ!

苫小牧~登別 ハピバスデーえいちゃん! [北陸~北海道]

2011年9月23日 金曜日・祝日 683日目

DSCF6909.JPGDSCF6910.JPG

6時起床。晴れ。寒いは寒いがハンモックで寝袋に入ってしまえば暖かく、昨夜なんかはまだうっすらと汗をかくくらいなので、まだしばらくはこの宙づりスタイルでも大丈夫そうである。

DSCF6912.JPG

すぐそばなので、とにかくJRの苫小牧駅に行って記念写真。

DSCF6914.JPG

国道36西へ走り、ヨッシーが大好きなディスカウントスーパーのトライアルでお買い物。ここで大失敗。

スキー場に送る履歴書用紙を買ったのに、会計した後、買い物カゴから取り出すのを忘れて置き去りにしてしまった。

この冬をどう過ごすか迷ったが、まずは雇ってもらえるかどうか履歴書だけでも書いて送ることにした。合格したなら北海道で働きながら雪解けを待つ。不合格なら潔く青森に渡り、南下していく。

ところが用紙を買う段階でつまづいてしまった。どう思う?

DSCF6915.JPGDSCF6916.JPGDSCF6917.JPGDSCF6918.JPG

トライアルから約40キロ近く走り、虎杖浜(こじょうはま)という温泉地でランチバイキングだ!

このホテルオーシャンは雑誌HOで無料入浴できる。バイキングも500円と安めの設定なのである。

露天風呂もあり、晴れ渡った青空の下で湯に浸かるのは気持ちいい。

DSCF6919.JPG

ランチの内容、品数はイマイチだったが、500円ならしかたないやろう。

ご飯のあともう一回入浴してから出発。今日はあと数キロ先の登別までいけばいいだけなので、余裕余裕。

えいちゃんとは、東京で暮らしているときに参加した異業種交流パーティで出会った。彼女自身も婚活風パーティを主宰していたので、そちらにも顔を出しているうちに仲良くなったのである。

その温泉好きのえいちゃんが、本人の誕生日を祝うため、自作自演の北海道温泉旅行を企画したというわけで、そのついでに北海道在住の人や旅人(ヨッシーのこと)と、登別で飲もうやないか、ということになったわけである。

4時に登別駅に到着。えいちゃんからいいお店を探しといてくれとメールがあったので、駅前の室蘭焼き鳥の店を観光案内所で教えてもらった。準備万端である。

その旨をメールで知らせると、そんな遠いお店には行けん、と返事があった。遠い?なんで?

いやな予感。泊まるホテルの名前を何日か前にメールで尋ねていたが返事がなかったので、「まったくもう」、という状態やったのだ。

そしたら駅の周辺じゃなく、登別温泉街のさらに山の方やないか!温泉街までは、駅からまだ5キロほど山の上である。案内書の男性によると、夜は真っ暗で危ないらしい。

すでにもう4時半。最近は5時半には暗くなるので、あと1時間しかない!あーーーー、やられたあああ!

すぐに山に向かう。でもどれくらいの登りなのかわからんから、もし万一途中で日が暮れたら即Uターンして、えいちゃんには悪いが今回はパスさせてもらおう。そんなことを考えながら坂道を走る。

幸い道のりの半分は漕ぎ上がれたので、暗くなる前に登別温泉街に到達した。

DSCF6920.JPG

見せ物の閻魔さんがある。

DSCF6921.JPGDSCF6922.JPGDSCF6923.JPG

待ち合わせまでの時間つぶし場所として、間欠泉の公園を発見。ピクニックテーブルがあるので、トライアルのオリジナル発泡酒で先に乾杯しておく。おつまみはお昼のバイキングの残り物。

DSCF6924.JPG

何時間か置きに吹き出す間欠泉の高さは8mと書いてある。楽しみにしていたが、腰の高さくらいしかない。これからもっと高くなるかと期待していたが、30分後も同じ状態やったのにはがっかりなのだ。音はすごいんやけどな。

DSCF6925.JPG

思いついて、えいちゃんへの誕生日プレゼントを手作りする。肩たたき券、お手伝い券、添い寝券。

もっとも価値のあるのが添い寝券であることは、言うまでもなかろう。

どうせ温泉街の居酒屋で飲むのだからここで待ってればええわと思ってたら、またメールが来て、ホテルのロビーで休憩できるように手配したから一回ホテルまで来て、と連絡あり。はあ~、めんとくさ。

DSCF6928.JPGDSCF6929.JPG

さらに坂道をあがった高級そうなホテルのロビーは、しかしオレンジジュースやコーヒーが自由に飲めるようになっていた。それに温泉にも入っていいという。

DSCF6927.JPGDSCF6926.JPG

なかなか凝った作りの温泉である。しかし天の邪鬼なヨッシーには、「どーや豪華やろう参ったか」的なホテル側の思惑が見えて逆にウザい。

でもお湯はとっても気持ちよかったよ。

ここで札幌在住の原君と合流し、さらにえいちゃんとも再会。

DSCF6930.JPGDSCF6931.JPGDSCF6932.JPG

やっぱり温泉街の居酒屋まで歩いて下がり、飲み会兼お誕生祝い開始である。

普段飲むときはホボ一人飲みなので、とっても楽しいな。お誕生祝いは喜んでくれたけど、「添い寝券はいらんな」、と言われガッカリ。一番値打ちがあるのにな。

12時近くまで飲んで別れ、ヨッシーは目星をつけていたバスターミナルの屋根の下で野宿。山の上なので寒くなりそうである。

走行 60キロ 出費 4124円 (インスタントラーメン、コーヒー、味噌汁、おにぎり、発泡酒、バイキング、居酒屋、履歴書)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。