So-net無料ブログ作成
2009年11月より、実家の兵庫県西宮市を自転車で出発。九州から沖縄に渡り、徳之島、奄美大島、屋久島へ。鹿児島に舞い戻って約1年を九州で過ごし、2011年7月にやっと北海道に上陸。ほぼ全道を走った後ニセコのスキー場で働きながら春を待ち、2012年8月に函館から青森へ。秋田、新潟、福島、岩手、宮城、茨城、そして千葉、東京へ。まだまだ旅は続くのだ。足跡&コメントはこちらから。フェイスブックはヨッシー松田で検索。ジャストギビングを通して、チャレンジボランティアも実施中 http://justgiving.jp/c/1386

ソネットブログはデータ量が1Gしか使えない。なので過去のブログを読みたい人は、いくつかのサイトを行き来して読んでもらわなアカンのですわ。スマンことです。

旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2009年11月~2010年7月) http://tabibito1.blog88.fc2.com/

その1~ 旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2010年7月~2011年8月) http://tabibito843.blog.so-net.ne.jp/

                  

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
クリックねえ!

洞爺湖~倶知安   ショーワシンザーン! [北陸~北海道]

2011年9月28日 水曜日 688日目

DSCF7015.JPG

7時起き。晴れ。気温は低くなってきているが、ハンモックで寝ても寒くはない。0度まで大丈夫な寝袋なのもあるけど、もともと暑がりなのである。昨夜もうっすら汗をかいていた。

ラーメンの朝ご飯のあと、8時に出発。テント泊に比べてハンモックは設営撤収が短時間ですむのがありがたい。

DSCF7017.JPGDSCF7018.JPG

まずは昭和新山を見に走る。湖岸の道道2号線を戻り、次は703で坂道を上る。ひまわり畑がきれいである。

DSCF7019.JPG

9時、昭和新山到着。26年ぶりなので景色が変わってると思う。っちゅうか、そのころがどうやったかあんまり覚えてないのが正直なところ。

DSCF8494.JPG

山をバックに記念撮影。

土産物屋が軒を連ねる観光地に長居は無用。すぐに来た道を戻る。

新山に立ち寄らなければわざわざ同じ道を戻ることもなかったのだがしかたない。

DSCF7023.JPGDSCF7024.JPG

洞爺湖温泉街で、湖畔の足湯に入る。

DSCF7025.JPGDSCF7026.JPG

洞爺湖の周りを時計回りに、道道2号から578号に。

湖畔の道は車も少なく、おだやかで気持ちいい。サイクリングしてるみたいー。

これからニセコに向かうので、洞爺寺のあたりから、今度は道道66を上がる。北海道の湖はだいたいどこもカルデラ湖の様相なので、どこへ向かうにもいったん外輪山を越えねばならぬ。

DSCF7027.JPGDSCF7028.JPG

武四郎坂パーキングで一休み。ここもトイレがあるし景色は良さそうだし、次に来たら泊まりたいかな?

DSCF7029.JPG

国道230号線に合流したら、ルスツ方面に行く。目の前に羊蹄山が見えてきた。富士山的な独立峰は、なんだか日本人の心を感動させるなあ。

DSCF7030.JPG

ルスツの町のコンビニでおにぎりとカップめんの昼飯を食べ、左折して道道66でニセコ方面に。

ニセコには何回か来たことがある。春スキーに来たときは、泊まったペンションのやる気なしおやじにあんまり雪が無いですねえ、と言ったら、「今頃どこを滑りに来た」、と返され腹立った。今度は冬にきてやらああ!と、心の中で叫んだのであった。

DSCF7031.JPGDSCF7032.JPG

道ばたにジャガイモが落ちている。ええなあ!北海道!ジャガは買わなくても手に入る!



真狩(まっかり)は細川たかしの出身地。川岸にあった銅像は、手をかざすと歌うのである。

真狩から道はまた道道66号になる。

DSCF7033.JPG

立ち寄った羊蹄山のわき水。冷たくてうまい!その場でもごきゅごきゅ飲んで喉を潤す。

DSCF7034.JPG

お持ち帰りはこの2本。

66号は国道5号線を横切り、ニセコ駅を過ぎて尻別川を渡る。そこから上り坂。

DSCF7035.JPG

20分上ると、ニセコヒラフ方面に向かう道道343へ右折。ヒラフにはご当地のラフティング会社、ニセコアドベンチャーセンター、通称NAC(なっく)がある。

ヨッシーが地球倶楽部をやっていた時に少し交流のあった会社で、社長のフィンドレーを表敬訪問する。

DSCF7036.JPG

ちょっと高原の雰囲気。

DSCF7037.JPG

たぶんこの山が東山スキー場。

DSCF7038.JPG

3時半にNAC到着。別にアポは取ってないから、フィンドレーがいなければいないでええのだ。

2階のレストランに行くと、奥のテーブルで何かの打ち合わせをしているのが見えた。店の女の子に、フィンドレーの用事が終わったら取り次いでもらうように頼んだが、この子はすぐにフィンドレーに取り次いだ。

待つつもりでいたが、すぐに社長が来た。

第一声は、

「今日はなに?」

だった。

まあそんなに仲がいいわけではないんであるが、それにしても他に言いようがあるやろ?

それに、商談だか取材だかを中断してこっちに来たので、じっくり話すつもりが無いことが見え見えである。

「自転車旅行中で、前を通ったから立ち寄った。忙しいようだからこれで失礼」、と話を1分で終わらせてNACをあとにする。

これから倶知安(くっちゃん)の町にある、無料のキャンプ場に向かうのだ。

町中でマックスバリューを見つけ、買い出しして旭ヶ丘公園キャンプ場に向かう。

ジャンプ台の下の、こじんまりしたキャンプサイトやった。長期滞在っぽいテントが3張りほどある。

しかしちょと困った。ハンモックを吊れそうな立木がぜんぜん無いのだ。どうしようかその場をぐるぐる歩き回った結果、明日も天気は良さそうで雨も降らないだろうから、フライシート一枚で野宿することに決定。

ピクニックテーブルに自転車を立てかけ、そこに結びつけたシートを斜めに引っ張って片屋根を作る。下にはブルーシートを敷いて寝間にする。しかしもう9月も終わりで夜の気温も下がるようになっているのに、まだまだヤブ蚊がたくさんいる。蚊帳も吊って対抗じゃ。

DSCF7040.JPGDSCF7041.JPG

安かった牛肉ですき焼き風鍋にする。

DSCF7042.JPG

そしてはるばる倶知安まで到着した記念に、今夜はワインを飲む。

そして星の下で寝る。

走行 88キロ 出費 1071円 (おにぎり、もやし、サイダー、牛肉、ハム、とうふ、発泡酒、ワイン)
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

室蘭~洞爺湖 かえして!の巻 [北陸~北海道]

2011年9月27日 火曜日 687日目

8時起床。風もなく穏やかな夜なのもあって、よく寝た。

10時に道の駅を出て、国道36を逆戻りして東室蘭にもどる。そこから国道37号を西へ進む。

DSCF6985.JPG

ほどなく白鳥大橋(はくちょうおおはし)の下にさしかかった。さっきはこの反対側の道の駅にいたので、ほんとうはこの橋を渡れれば最短距離なのに残念ながら歩行者自転車は通行できない。15キロくらい遠回りなんだなこれが。

DSCF6986.JPGDSCF6987.JPG

大橋の下から徐々に上り坂になり、峠の頂上あたりに白鳥大橋を望む展望台があった。トイレもあるし芝生のところもあるので次に来るときはここに泊まろう。今日はまだ昼間なので先に進む。

DSCF6988.JPG

北海道の難しい地名シリーズ。これで、ちまいべつ、と読むのか。難しすぎ。

国道37を走っていると、不思議な看板に出会った。

DSCF6989.JPG

家の前に、犬かえして。盗られたのか?「かえして」、と訴えるからには、犯人が誰かうっすら分かってるのかも。

DSCF6991.JPG

裏側には、ゴン太探して。こんどは「探して」、か。よくコンビニなんかで見るのは犬の写真を貼ったお尋ね書きだが、この看板ではどんな犬なのかわからんから探しようがない。

DSCF6992.JPGDSCF6993.JPGDSCF6994.JPG

1時に伊達市に到着。マックを見つけたので、ハンバーガー無料券を行使してタダ飯を食う。

DSCF6995.JPG

伊達の道の駅に寄ってみた。

DSCF6996.JPG

隣に宮尾登美子記念館がある。無料なので入ってみた。館内撮影禁止だから写真はない。宮尾さんの本も読んだこと無いから感想も無し。

DSCF6997.JPGDSCF6998.JPG

伊達からは国道37を離れ、右折して国道453で洞爺湖を目指す。行く手に有珠山が見えてきた。

26年前、この国道453沿いで昭和新山を撮影した際、財布を落として気づかないまま支笏湖まで走ってしまった。その日は支笏湖で泊まり、翌日雨の中、来た道を戻りながら探し歩いた。

国道脇の畑に入る未舗装路の真ん中に、落としたままの様子で濡れた財布を見つけたのだが、ホッとしたり喜んだりするような感情はわかずただ、「やっぱりここか」、と思ったことを覚えている。

DSCF6999.JPGDSCF7000.JPG

その場所を探しながら走ったのだが、たぶんここじゃないかな?木が育って高くなり、新山は見えなくなってしまったが、おそらく間違いない。

DSCF7001.JPGDSCF7003.JPGDSCF7004.JPGDSCF7005.JPG

その場所の先の鉄橋遺構公園に寄ってみる。今は廃線になっているが、その昔は鉄道が走っていた。看板によれば、新山の噴火活動のため7回にも及んで線路を引き替えたというから驚く。写真からも分かるように、当時は馬橇で運搬して人足の手作業だったわけだからそれは簡単な仕事ではない。毎度すごいと思うのは、高度成長期の底辺を支えたのは体の疲れをいとわず力作業を担った労働者たちなのだ。

DSCF7002.JPG

なんという植物なのか?こいつらが一面に生えていて、花札の山の絵とイメージがかぶる。

大した登りもなく、道の駅そうべつ情報館iに到着。有珠山の噴火活動観測所も兼ねていて、2階には展示室もある。

DSCF7006.JPG

駅の前の軒下でも寝られそうだが、まだ時間も早いので洞爺湖畔まで走ってみた。そここに公園もあり、どこでも寝れそうである。

DSCF7010.JPG

それなら無料入浴しに行こう。いつもの雑誌HOを使う。

DSCF7007.JPGDSCF7008.JPG

今日は洞爺月浦温泉ポロモイである。広々としていて露天風呂も気持ちいい。月を眺めながらの入浴。

和室の休憩所で、持ち込んだビールやとうふ、無料でゲットしたハンバーガーをいただく。壁には持ち込み禁止と貼られているが、気がつかなかったことにしよう。

9時前までテレビなど見て過ごし、暗い中噴火公園まで戻る。その途中、名物の花火が上がった。

DSCF7011.JPGDSCF7012.JPG



真っ暗な中、湖畔のアズマヤを見つけた。虎ロープで囲まれているが無断で進入する。

湯を沸かしラーメンを作って食べ、そばの木にハンモックを吊って就寝。

走行 69キロ 出費 2004円 (サイダー、とうふ、たまご、牛肉、トマト、雑誌HO、発泡酒)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。