So-net無料ブログ作成
2009年11月より、実家の兵庫県西宮市を自転車で出発。九州から沖縄に渡り、徳之島、奄美大島、屋久島へ。鹿児島に舞い戻って約1年を九州で過ごし、2011年7月にやっと北海道に上陸。ほぼ全道を走った後ニセコのスキー場で働きながら春を待ち、2012年8月に函館から青森へ。秋田、新潟、福島、岩手、宮城、茨城、そして千葉、東京へ。まだまだ旅は続くのだ。足跡&コメントはこちらから。フェイスブックはヨッシー松田で検索。ジャストギビングを通して、チャレンジボランティアも実施中 http://justgiving.jp/c/1386

ソネットブログはデータ量が1Gしか使えない。なので過去のブログを読みたい人は、いくつかのサイトを行き来して読んでもらわなアカンのですわ。スマンことです。

旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2009年11月~2010年7月) http://tabibito1.blog88.fc2.com/

その1~ 旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2010年7月~2011年8月) http://tabibito843.blog.so-net.ne.jp/

                  

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
クリックねえ!

長万部~ピリカ  クアプ?クラブ? [北陸~北海道]

2011年11月6日 日曜日 727日目

曇り空。8時半に出発。長万部からは国道5号線になった。道の呼び名は変わっても、海岸線を南に走るのには変わりない。

DSCF7809.JPG

国縫(くんぬい)から一旦右折して国道230号で山越えルートを走る。このあたりは地図を見てもらえばわかるのだが、北海道南部の細くなっているところで山越えをして西に出れば日本海なのである。

DSCF7810.JPG

川沿いに道路は上流に続く。車も人気も少ない、言い感じのルートである。

DSCF7811.JPG

おっと人気はないが、キツネっ気はあった。道路に座って何かを待っている。「何してるの?」、と数回聞いてみたが返事はない。

DSCF7812.JPG

返事の代わりにこっちを向いた。さらに「何してんの?」、と繰り返すが以後こちらを見ることもなかった。さみすぃ〜。

DSCF7813.JPG

さて、なんで函館を目指してるのに山に向かってるかと言えば、温泉に決まってるのだ。もちろんここも雑誌のHOを使って無料入浴なのだ。だから坂道を上がってもいたしかたない。

ところで、クアプラザピリカ、と書いてあるのだが、ヨッシーは何回読んでも、

クラブあざピリカ、としか読めない。だってこっちのほうが言い易いやん。クアプラザピリカは言い難い。

よって今後は、クラブアザピリカと言おう。

DSCF7814.JPG

10時前に峠の頂上が見えてきた。ちなみに人も車もほぼ来ないので、クマ除けの鈴を鳴らしたまに大きな声で、「ハウッ!」、とか言いながら歩いているのである。

DSCF7815.JPG

若干下ったところにクラブアザピリカがあった。まだ午前中だけど寒いから入浴だ。

DSCF7816.JPG

無料パスポートでGO!

じっくり暖まってから休憩室でだらだら過ごす。テレビもあるし、お客がほぼ来ないので独占である。

再入浴したりして、結局夕方6時まで居座ってしまった。だって外は寒いねんもん。

DSCF7817.JPGDSCF7818.JPG

温泉内のレストランで晩ご飯にする。ここで夜になる予定ではなかったので、買い物してなかったのだ。ミソ豚焼き定食1200円。陶板焼きなのだ。味噌に漬けて柔らかくなった豚が程良い感じでおいしい。ご飯お代わりいいですか?と聞くと有料で200円やった。しかたない。

DSCF7819.JPGDSCF7820.JPG

飯のあと、すぐそこの国道沿いのバス停に移動。上りと下りにそれぞれ待合い小屋があった。どっちにするか3往復くらい行ったり来たりした結果、プレハブ状の方を選択した。理由は中がやや小ぎれいだったから。

焼酎飲んで木のベンチで寝る。

走行 24キロ 出費 1700円 (おにぎり、にくだんご、定食)

おしゃ!まんべ!で雨宿り [北陸~北海道]

2011年11月5日 土曜日 726日目

DSCF7802.JPG

やっぱし雨になった。でもまだ弱いので、ステージの屋根下で十分しのげる。風が強かったり雨が激しいとこうはいかんやろう。

ところで長万部といえば思い出すのは、由利徹(ゆりとおる)やろう。いやさ由利徹大先生やないか。知らんか?昭和の大喜劇俳優なのだ。この人の一発ギャグに「おしゃまんべ」、ってのがあった。ちょっとエッチっぽい響きのある長万部の地名をギャグに使って大受けに受けたのだ。

うろ覚えなのだが、両手の平をあわせて股間の前に持ってゆき、「おしゃ!まんべ!」、と言いながら「まんべ!」、のところで手を開くという動作やったと思う。たしかそうやったと思う。調べようとユーチューブで検索したが、出てこなかった。観光協会か商工会の人に聞いたら知ってるかな?

DSCF7804.JPG

2度寝したりして4時前までだらだらと過ごし、小止みになったので自転車で駅前の銭湯に走った。

DSCF7805.JPGDSCF7806.JPG

銭湯のあるあたりに来ると、ほんわりと木の燃える独特の匂いがする。どうやらここは薪で沸かしているようである。まだ時間も早いので、客はヨッシーだけ。お湯が柔らかでじんわり温かくなる。

DSCF7807.JPG

帰りにスーパーで買い物して、夜ご飯は自炊だ。いつものように肉モヤシ鍋玉子かけ。すき焼きのタレを使い切る。明日は出発しないとなあ。

走行 3キロ 出費 1184円 (いなり寿司、ローストビーフ、鶏肉、おでん、もやし、たまご、発泡酒、銭湯)

豊浦~長万部  カニ飯! [北陸~北海道]

2011年11月4日 金曜日 725日目

あー寒い。6時に目が覚める。珍しく車の音が気になって眠りが浅かった。

DSCF7784.JPG

あっと!テントを畳んでから写真撮ってないのに気がついた。よくあることよ。

DSCF7786.JPG

7時40分出発。長万部(おしゃまんべ)まであと38キロだ。そこには楽しみにしているランチバイキングがある。マップルに載っている長万部物産センターには、メニューにカニ飯のついたバイキングプランがある。カニやで!カニ。しかもカニ飯も食べホやで!なんとしても昼に長万部にたどり着かねば。

しかしこの先、豊浦と長万部の間には、礼文華峠(173m)と静狩峠(150m)があるのだ。登りが徐々に始まる。

DSCF7787.JPGDSCF7788.JPG

1時間半かけて礼文華トンネルに着いた。地図ではトンネルの向こうが峠になっている。

DSCF7789.JPG

トンネルの向こう側。しかしここが峠なのか?わからない。いったん道は下りになり、また静狩峠に向かって登る。

DSCF7790.JPG

左の噴火湾がだいぶ下に見える。

DSCF7792.JPG

峠が終わったようで、ここから快調に下る。

DSCF7793.JPG

下ったあと振り返ると、いま越えてきた山々が見える。

DSCF7794.JPG

11時半に長万部駅に到着。物産センターは町を通り越した先なのでさらに走り、

DSCF7795.JPG

よし!12時前にバイキングにとうちゃくう〜。早速ランチタイムじゃ。

DSCF7796.JPG

980円でカニ飯はもちろん、ホタテの貝焼きとかカニの味噌汁とかもあるし。他にも唐揚げとか魚フライトとか焼きそばポテトフライなど、だいたいの食べホにあるようなメニューもそろってる。

しっかし一番オドロキやったのは、ドリンクコーナーに梅酒があったこと!え!これも飲んでエエのかあ!

!、が多くなるわい!

一応60分だか90分だか決まってると思うが、そんなの気がつかない振りして延々と食べて飲む。

DSCF7797.JPGDSCF7798.JPG

店内には薪ストーブもあり、これがまた柔らかな暖かみで離れがたいんですわ。

結局2時過ぎまでゆっくりさせてもらい、ちょっと酔ったような感じで町に戻った。

DSCF7799.JPG

郵便局でお金をおろしておく。

スーパーで少し買い物してから、最寄りの公園に到着。

DSCF7800.JPG

4時15分、山に日が沈む。

サッカーも出来るグランドがある公園で、広いトイレもあって快適そう。ママチャリで通りかかったじいさまも、夏にはテントがいっぱい並ぶのじゃ、と教えてくれた。トイレ掃除のおばさんともお話しする。

DSCF7801.JPG

明日から雨の予報なので、野外ステージの上にテントを張って独占する。

夜ご飯は昼のバイキングの頂き物。

走行 43キロ 出費 2020円 (バイキング、発泡酒、焼酎)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。