So-net無料ブログ作成
2009年11月より、実家の兵庫県西宮市を自転車で出発。九州から沖縄に渡り、徳之島、奄美大島、屋久島へ。鹿児島に舞い戻って約1年を九州で過ごし、2011年7月にやっと北海道に上陸。ほぼ全道を走った後ニセコのスキー場で働きながら春を待ち、2012年8月に函館から青森へ。秋田、新潟、福島、岩手、宮城、茨城、そして千葉、東京へ。まだまだ旅は続くのだ。足跡&コメントはこちらから。フェイスブックはヨッシー松田で検索。ジャストギビングを通して、チャレンジボランティアも実施中 http://justgiving.jp/c/1386

ソネットブログはデータ量が1Gしか使えない。なので過去のブログを読みたい人は、いくつかのサイトを行き来して読んでもらわなアカンのですわ。スマンことです。

旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2009年11月~2010年7月) http://tabibito1.blog88.fc2.com/

その1~ 旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2010年7月~2011年8月) http://tabibito843.blog.so-net.ne.jp/

                  

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
クリックねえ!

福島~松前  豪華な宿? [北陸~北海道]

2011年11月13日 日曜日 734日目

始発バスって言っても7時台やからそんな早いわけでないけど、近所のおばさんが何人かターミナルにやってきた。ちょこっとお話ししたりする。

DSCF8016.JPG

隣の記念館が9時にオープンした。近くの青函トンネル記念館との共通券700円で入館。

DSCF8017.JPG

まずは2階の展示室へと続く長いスロープに設けられた、ウルフ千代の富士の取り組み名場面の見られるビデオコーナー。おおー、懐かしいなあ。それに改めてその強さを実感する。こおいう貴重な映像を体験できるのはありがたい。

DSCF8018.JPG

しかし年代ごとにモニターが分けられているのだが故障とはどやねん!ケチをつけるわけではないが、ビデオ映像も保存状態が悪いしなあ。せっかく喜ばせておいてがっかりさせるのは罪やで。

DSCF8019.JPG

パネル展示などを見て。

DSCF8020.JPGDSCF8021.JPG

次はコレ!モノホンの大銀杏だぁ。いやあこのときウルフの目に涙やったんやなあ、確か。

DSCF8022.JPG

この人が千代の富士を見いだした師匠、千代の山だ。ヨッシーはその存在をあんまり知らんかった。って言うか相撲自体あんまり興味なかったからな。

DSCF8024.JPG

1階におりるとそこは九重部屋の稽古場が再現?されている。上がり込んで親方の座る真ん中の大座布団に偉そうに座る。前の大画面モニターには稽古の映像などが映る。それによると、九重部屋は毎年夏の合宿をこの稽古場で実際に行っているそうで、再現ではなく本物の土俵やった。ドヒョー!

DSCF8025.JPG

次は青函トンネル記念館だ。

DSCF8026.JPG

潜水艦くろしお号は、トンネル着工のための調査に用いられた。

DSCF8027.JPG

この記念館の一番の出し物は、このシアタールームだ。構想から調査、工事の様子や貫通の瞬間までをまとめてある。

それなりに面白かったけど、実は青森側の記念館にも行ったので、比べるとそのしょぼさが目立つ。まあ青森側は実際のトンネルまでケーブルカーで下りていって、海底体験までできるから、比べると可哀想ではあるが。

DSCF8028.JPG

外に出ると、あ!本物のくろしお号や。

セイコーマートでおにぎり&カップめんのお昼を食べて、12時半にやっと福島をでる。

DSCF8029.JPGDSCF8030.JPG

15分ほどで北海道最南端、白神岬に到着。

DSCF8031.JPG

19.2キロかあ。泳ぐのは無理やな。やっぱりフェリーに乗ろう。

DSCF8032.JPG

松前に向かって走る。ターゲットは温泉旅館矢野さん。またしても、雑誌特典入浴だ。

DSCF8033.JPG

1時半に到着う。日曜の昼間だけど閑散としている。

DSCF8034.JPGDSCF8035.JPGDSCF8036.JPG

一番湯のようだな。脱衣所の電気も消灯してたから自分で点けなあかんかったし。

DSCF8037.JPG

まあまあの広さ。しかし露天風呂はちっちゃいいし、取って付けたような造りやったな。

3時頃に湯を出て町に出た。まだ日は暮れてないけど気温が下がってきてテンション下がるな。

唯一のスーパーは国道の坂道を上がったところなので、その坂道をまた戻ってこなければならない覚悟で自転車を押す。

時間が早く、まだ安売りになっていなかったので、せっかくの努力も報われなかった。ちょこっと買い物。100円ショップ的コーナーに、ネックウォーマーが売ってあった。これから必要やろうと買っておく。

坂を下りて道の駅に行く。きれいな建物だがセキュリティ高く宿泊は無理かも。道の向かいのバス停で寝るか、

と思っていたら、散歩中のおじさんとお話しする。バス停で寝る、と言ったら、それなら一つ戻ったバス停の方が広くていいよ、と教えてくれたのだ。ありがたい!

バス停一つって言っても自転車なら1分もかからん。

DSCF8041.JPGDSCF8040.JPG

おー!なんて素晴らしい。畳敷きのベンチ?もあるしトイレもついてる。しかしヨッシーが到着した時には、近所の中学生どもが占領してゲームなどやりおった。かまわずに元電話ブースっぽい場所でご飯を炊いて自炊。空いた畳で食ってたら、徐々に中学生は去っていった。よしよし。

畳の上に寝袋広げて就寝。

走行 29キロ 出費 1734円 (おにぎり、カップめん、だし、白菜、フライドチキン、とうふ、発泡酒、記念館、ネックウォーマー)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。