So-net無料ブログ作成
2009年11月より、実家の兵庫県西宮市を自転車で出発。九州から沖縄に渡り、徳之島、奄美大島、屋久島へ。鹿児島に舞い戻って約1年を九州で過ごし、2011年7月にやっと北海道に上陸。ほぼ全道を走った後ニセコのスキー場で働きながら春を待ち、2012年8月に函館から青森へ。秋田、新潟、福島、岩手、宮城、茨城、そして千葉、東京へ。まだまだ旅は続くのだ。足跡&コメントはこちらから。フェイスブックはヨッシー松田で検索。ジャストギビングを通して、チャレンジボランティアも実施中 http://justgiving.jp/c/1386

ソネットブログはデータ量が1Gしか使えない。なので過去のブログを読みたい人は、いくつかのサイトを行き来して読んでもらわなアカンのですわ。スマンことです。

旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2009年11月~2010年7月) http://tabibito1.blog88.fc2.com/

その1~ 旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2010年7月~2011年8月) http://tabibito843.blog.so-net.ne.jp/

                  

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
クリックねえ!

松前~上ノ国  思い出の海岸 [北陸~北海道]

2011年11月14日 月曜日 735日目

DSCF8043.JPG

7時起床。ほぼ人気のないとも言える松前の町で、夜中に何かが起こるわけもなく、平和に夜が明けた。

よく、「そんなとこで寝てて怖い目に遭わん?」、と聞かれるが、旅に出て2年経ったが一回も何にも起こらない。それはやっぱり人のいないド田舎では、みなさん夜はお休みになっているので何も起こらないのだろうな。たぶん。

朝ご飯を自炊中、バス待ちのおばちゃんと話す。じつは松前はヨッシーにとって旅の思い出の地なのだ。

26年前にバイクで旅をしたとき、この松前のどこかの海岸でキャンプした。そのときたまたま同じ海岸でバーベキューしていた外国人たちに誘われ、一緒にアメリカ独立記念日を祝ったのだ。その砂浜がどこなのかを探そうと思っていた。バス待ちのおばちゃんにたずねると、それは折戸浜じゃろ、と教えてくれた。昨日の道の駅のおじさんもそう言ってたし、これはほぼ確実な情報やろう。

DSCF8049.JPGDSCF8044.JPGDSCF8045.JPG

そう遠くもないところなので30分ほどで着いた。

なんか見覚えあるぞー。

鉄馬1.jpg

その時撮った写真がコレ。同じ場所を探す。

DSCF8047.JPG

おお、この場所じゃないか?

DSCF8048.JPG

改めて同じ場所で記念撮影。

風が強いのでどんどん進むことにする。実はこれから走る予定の日本海側の道のことを土地の人に話すと、ほぼ100%、「向かい風じゃ」、と言われてた。

ホンマに向かい風じゃ!しかもずっとじゃ(涙)。

DSCF8050.JPG

この国道は別称で追分ソーランラインと言う。ナゼなのかは知らない。名前だけでも追い風ソーランラインにして欲しかった。でもその名前で向かい風やったら大クレームやしなあ。

DSCF8051.JPGDSCF8052.JPG

微妙な登り下りで人家のない海沿いの道は、道北のサロベツにちょっと似てる。

DSCF8053.JPG

途中道路工事の人に、どこまで行くの?と聞かれて、

このまま寿都(すっつ)あたりまで北上してから峠越えしてニセコに行きたいねん。と答えると、そのルートは雪が降るから太平洋側の長万部あたりから国道5号で行くのがいいよ、と教えてくれた。

確かに今までは気温が低いだけで、まだ平野部に雪が積もるところまでにはなってないが、ラジオによれば明日明後日あたりから日本海側は荒れ模様だと言ってる。

でもせっかく函館を経由して日本側を北上しているのに、すでに走ったことある側に戻るのはシャクに障るのだ。口では、「そうだねえ、そうしようかあ」、とか言いながら心は逆のことを思ってた。オレ悪い奴?

DSCF8054.JPG

11時半に上ノ国(かみのくに)町に入る。

DSCF8055.JPGDSCF8056.JPGDSCF8057.JPG

心なしか日本海が荒れている?

DSCF8058.JPG

あ、こんなところにお馬さんだ。ガードレール際の草がうまいのかな。いつものように、

「おいしい?」

と話しかけるが返事はない。

DSCF8059.JPG

道の駅もんじゅ。泊まれるかな?いいバス停とかあるかな?もうこのところ屋根のあるところを優先的に宿泊場所としているね。テントだと寒いし夜露で濡れたら乾きにくいし。

DSCF8060.JPG

1時40分、もんじゅに到着。あれ?なに、この人気のなさは。玄関まで行ったら本日閉館でした。多くない?このパターン。

トイレは24時間開いているが、良さげな屋根の下がない。ここはイザというときに使うとして、先に進む。

DSCF8061.JPG

上ノ国に入るとまず無人駅をチェック。

DSCF8062.JPG

へえー、最西端の駅か。

DSCF8063.JPG

よし、泊まれそうな感じ。スーパーもコンビニも近いし、なかなか良いではないか。

DSCF8064.JPG

じゃあまず温泉に行こう。マップルに載っていた花沢温泉。町の保養センター的な感じ。200円は安い。うれしい。

DSCF8065.JPGDSCF8066.JPG

休憩室もあるし、本も置いてある。入浴後はここで暗くなるまで時間をつぶした。

DSCF8067.JPG

夕方になってさっきの駅まで戻る。隣のスーパーで弁当半額になるまで粘ってから待合室で一人呑み。

DSCF8068.JPGDSCF8069.JPG

もと切符売り場?のところがカウンターみたいに使えて、立ち飲み屋みたいな感じ。

DSCF8070.JPG

半額チャーハンで締めてから床にシートを敷いて寝る。



寝てたら9時頃起こされた。掃除のおばさんが来て、ここは夜間閉まるんだよと教えてくれた。

エーーーー、と寝ぼけながら言うと、すぐ近くのバス停がいいよと教えてくれた。

寝ぼけながらあわてて荷物を撤収。自転車にとにかくくくりつけてから、バス停の前を通り越してコンビニでトイレを借りる。

そんでから八角形の小屋に自転車ごと入り込む。ベンチの幅が狭いので、コンクリの床にシートを敷いて寝る。

とうとう雪が降り始めた。

走行 67キロ 出費 2988円 (ジュース、カップめん、おにぎり、やきとり、チャーハン、太巻き、玉子丼、コロッケ、エビから揚げ、発泡酒、焼酎、温泉)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。