So-net無料ブログ作成
2009年11月より、実家の兵庫県西宮市を自転車で出発。九州から沖縄に渡り、徳之島、奄美大島、屋久島へ。鹿児島に舞い戻って約1年を九州で過ごし、2011年7月にやっと北海道に上陸。ほぼ全道を走った後ニセコのスキー場で働きながら春を待ち、2012年8月に函館から青森へ。秋田、新潟、福島、岩手、宮城、茨城、そして千葉、東京へ。まだまだ旅は続くのだ。足跡&コメントはこちらから。フェイスブックはヨッシー松田で検索。ジャストギビングを通して、チャレンジボランティアも実施中 http://justgiving.jp/c/1386

ソネットブログはデータ量が1Gしか使えない。なので過去のブログを読みたい人は、いくつかのサイトを行き来して読んでもらわなアカンのですわ。スマンことです。

旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2009年11月~2010年7月) http://tabibito1.blog88.fc2.com/

その1~ 旅人 ヨッシー松田の日本自転車ぐるぐる旅  (2010年7月~2011年8月) http://tabibito843.blog.so-net.ne.jp/

                  

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
クリックねえ!

江差~大成町  温泉でネ申! [北陸~北海道]

2011年11月16日 水曜日 737日目

DSCF8089.JPG

6時半起床。なかなか快適な場所でした。トイレで粘らなくて正解。

DSCF8090.JPG

しかし外は雪が降っている。道路の端っこの雪だまりもそのままやし、いよいよ来るべきものが来たーーって感じやな。

DSCF8091.JPG

隣のコンビニに止まった車にも雪が積もってる。

雪が一旦止んだので、8時半に出発。とにかくこの狭いバス停にずっと居るわけにいかんし。

DSCF8093.JPG

国道229を北上。とにかく海沿いなので風強く、寒い。軍手はしているがそろそろ限界かも。

DSCF8094.JPGDSCF8095.JPG

ときどき海風に乗って雪が横から降り、ヨッシーに

「どやあ?どやあ?寒いやろ~」

と言わんばかりである。

DSCF8096.JPG

とうとうこのスキー手袋の出番や。トライアルで666円で買った。つけて走ると抜群にあったかい!ネックウォーマーと手袋で乗り切れそうや。

DSCF8097.JPG

12時過ぎに豊浜トンネル入り口。コンビニで買っておいたおにぎりで軽く昼ご飯にしてからトンネルにイン。

1270mも長さがあったが、幸い片側工事中やったからガードマンさんの指示で通行止めの方の車線を走らせてもらった。かいてき~~。

DSCF8099.JPGDSCF8098.JPG

道ばたに円空上人が修行した洞窟あととかがあった。しかしいくら探してもそんな洞窟は見あたらない。もう崩れてしまったのか。

DSCF8100.JPG

長万部には行かず、まっすぐ寿都方面に走る。

DSCF8102.JPG

左に見えるは奥尻島か。今回は時間がないのでまた今度ね。

DSCF8103.JPGDSCF8104.JPG

奇岩、親子熊岩。海に落ちた小熊を助けようとした母熊も海に落ち、悲しんだ神様が親子熊を岩にしたそうである。

二重遭難やなあ。神様も岩にせんと生き返らせてあげたらエエのになあ。ちゅうーとはんぱやなああああ(ちゃらんぽらん:関西芸人)。

DSCF8105.JPG

荒れ模様の海は気分を演歌の世界にする。

DSCF8106.JPG

3時をすぎると急に気温が下がってさらに寒くなる。連日の温泉三昧やけど、寒いんやからしゃあないべ。今日は貝取潤(かいとりま)温泉国民宿舎あわび山荘へ。

DSCF8108.JPG

少し山にはいるとあった。360円也。

DSCF8107.JPG

少し設備は古いが、薄茶色のお湯はまさに温泉っぽい。

入浴後はいつものように休憩所でだらだらする。ストーブもあるしテレビもある。自販機でビールも買えるし天国やあ。

外来入浴の最終時間まで粘り、海沿いに見つけてあるバス停まで移動しようと荷物をまとめかかったら、そばのイスで休憩していた入浴客のお兄さんがあわてて立ち上がりフロントの方に去っていった。

そして鬼瓦みたいな顔をしたいかついオッサンを伴って戻ってきた。

「あんた、自転車の人か?今からどこに行くんじゃ?」

とか質問される。

今からもうちょっと走ろうかと思う、と言うと、それは危ないからやめといたほうがええ。ホントはイかんけど、ここの休憩室で泊まったらええから、と熱心に勧めてくれる。

うわあ、そりゃあありがたい。

ミスター鬼瓦はここの夜警さんやった。腹減ってないか?と言って、

DSCF8109.JPG

カップめんを持ってきてくれたり、

DSCF8110.JPG

呑みなさい、と大きなグラスに焼酎持ってきてくれたり。毛布も貸してくれた。

こんなワケノワカランオッサンに、こんなに親切にしてくれる人がいるとは、ありがたい話である。

ついたてで周りを囲み、座布団を並べて寝床を作る。頂いた焼酎がかなり回って酔って候。

走行 46キロ 出費 1005円 (おにぎり、肉団子、天ぷら、チョコ、とうふ、発泡酒、温泉)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

上ノ国~江差  大大大事件 [北陸~北海道]

2011年11月15日 火曜日 736日目

無い!ないないないないない!ラジオがない!

昨晩確か小屋のベンチの上に置いていたはずのラジオがない。昨夜の記憶をたどると、まず駅でたたき起こされて荷物をまとめたときに忘れ物は無かったはず。コンビニでトイレに行ったとき、

「あ、ラジオ」、と思い出してバッグの中を探ったらちゃんとあったし。

いったいどこで無くなったのか?あれは鹿児島県の枕崎で大枚8000円はたいて買ったすぐれものラジオなのだ。なくしたら困るものランキングの上位に入る物件である。

すぐに荷物をまとめて、まず駅に行ってみる。もしそこに忘れていたとしても、すでに始発も動いているし誰かに持って行かれているかもしれない。

次ぎにコンビニに行ってトイレを見る。無い。念のため店員に忘れ物がなかったか聞いてみたが、無い。

バス停にもどって途方に暮れていると、バス待ちの女子高生がやってきた。彼女はまず、ヨッシーの人生相談の幟に興味を持って質問してきた。それからこちらも、近辺に交番がないか聞いたら教えてくれた。ラジオ探してるねん、と言ったら心配してくれたし。

それからもう一回駅に行って、無人駅なので駅員はいないが隣の商工会の女性に聞いてみた。無い。

バス停に戻る途中、回転灯を回したパトカーが来ているのに出会った。あれ?事故かな?と思ったら、さっきの高校生が車に当たった?みたいで、パトカーの中にそーっと乗せられているところやった。ちょっと心配。あとで救急車も来るし、彼女の母親みたいな人も車で駆けつけた。

バス小屋の中で様子を見守ってたら、向かいの雑貨店のオヤジが入ってきて、ヨッシーに旅のことなどあれこれ聞き始めた。よっぽど暇なのか、30分くらいいろいろ話していった。

外の騒動も一段落したみたいなので、200m先の交番に行く。もしかしたら万が一、落とし物で届いているかもしれんという、うすーーい可能性に期待して。

交番にはさっきの事故処理に当たっていた駐在さんが居た。ヨッシーが入っていくと、あれさっきバス停のところにいた人だよね、と見逃してなかったわ。そりゃ怪しいヨソモノやもんな。

ラジオのことを聞くと、落とし物は届いてないと残念そうに言って、かわりにいま使ってないポケットラジオがあるから、古いけど持って行って、と親切にしてくれる。

DSCF8071.JPG

ネ申!イム!

奥さんが出してくれたお茶をいただきながら、これまでのルートやこれからのことを話す。やっぱり駐在さんも、日本海側より太平洋側に戻ってニセコに走る方を勧める。そらそうやろな。お礼を言ってまたバス停まで戻る。

昨夜降り出した雪は積もるほどでもなく、もうお昼を回ってしまったけど先に進むことにする。ホントは昨日入った花沢温泉で終日ごろごろして、夜はまたここで寝たかったが、肝心の温泉が定休日なのだ。

DSCF8073.JPG

波高いし向かい風強いし、寒いし!道路の端っこには、昨日の雪が溶けずに残ってる。雪のないところを走ると、結果的に道路の真ん中を走ることになるがシャア無いのである。

DSCF8074.JPG

早速ネックウォーマーを使用。嘘みたいにあったかいやんか。

DSCF8075.JPG

海はどばーんってなっとるし。

DSCF8076.JPG

向こうの方に帆船みたいのが見えてきた。

江差の町に入るとその正体がわかる。

DSCF8078.JPGDSCF8077.JPG

戊辰戦争で沈んだ開洋丸を復元して展示してあるのだとか。中にはいるのはお金がかかるし、パスする。

町中で本屋さんを見つけ、来年の手帳を探す。なかなか好みのいいやつが無い。自分の心相ラッキーカラーであるオレンジかイエローの表紙のやつは、中のカレンダーの使い勝手が悪い。

中身優先で買って、表紙はなにかカバーを探すことにする。

(動画予定)

風強く波荒らし。

DSCF8081.JPGDSCF8082.JPG

江差の町を出て北に3キロほど走ると、道の駅江差がある。トイレ、売店、自販機のみのショボい道の駅。道路の山側に、今日のぬくぬくパラダイス、ぬくもり保養センターがあるのだ。

DSCF8083.JPGDSCF8084.JPG

手作り看板に誘導され到着。急に雪が強く降り始めた。良かった間に合って。

DSCF8085.JPG

420円は安くないが、そうも言ってられない。お風呂の中で地元のおじさんと話しながら暖まった。

DSCF8086.JPG

休憩コーナーでゆっくりする。センターのおばちゃんとも旅の話などをするが、この人はどっちかと言えば「そんなことして何が楽しいの?」系の反応だな。

閉館は5時になっているのに、「そろそろ終わりですけど」、とおばちゃんに言われた。まだ4時40分やんか。自分が早く帰りたいだけやん。ありえへん。

渋々と、ノロノロと、準備して外に出る。

まずは道の駅のトイレに直行。大きいトイレの中に自転車ごと入る。快適。床にシートを敷いて、焼酎お湯割りでくつろぎタイム。

あー、このまま朝までゆっくりできるかな~?と思っていたらそうは問屋が卸さんわ。

トラックのような大きな車が止まったなーと思っていたら、なにやら作業を始めた。直後に異臭がトイレに充満する。そりゃあトイレやから変な臭いは当たり前なんやけど、それにしてもひどい。

作業が終わって車が去っても異臭は去らない。ドアを開けたりして換気するが効果無し。

DSCF8087.JPG

もうあきらめて、道の斜め向かいにあるバス停の小屋に避難する。雪が強く降り出す。でもバス停の中は快適である。ベンチに寝袋をしいて寝る。

走行 14キロ 出費 2210円 (ジュース、唐揚げ、牛丼、サラダ、味噌汁、おにぎり、アンドーナツ、発泡酒、手帳、温泉)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。